今だけ!最先端ブラジル郷土料理を食べるチャンス――ブラジルのお酒と料理 特集

ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。

でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異なる、その土地ならではの食文化があります。

それらは今、現代風にアレンジされ、アップデートされた新しい郷土料理として世界的に注目されています。どこに行けば食べられるのか。そこで、オリンピックを機に来日中のブラジル人シェフ、アランさんをご紹介。

アランです。
\ オリンピックの仕事で日本に来ています。/

©2019 TABI LABO

アラン・サリス。ブラジル北部出身の料理人。父も料理人。5歳で料理をはじめ、16歳から料理人の道に。数々の有名レストランで働きながら、メニュー提供や、企業の商品開発に携わった。リオデジャネイロでハンバーガー専門店、Burgertopiaを開業後、現在は信頼できる仲間に店を任せ、東京オリンピックの飲食部門コンサルタントとして来日中。2020年まで滞在予定。南米最高の料理人と言われているアレックス・アタラを尊敬している。

アランさんは、オリンピックの飲食部門コンサルタントとして来日しているため、日本でレストランを開くことはできませんが、休日を使って定期的に食事会を開催しています。先日4回目となるパーティーに参加したところ、これまでブラジル料理に抱いていたイメージはなんだったの?と思ってしまうメニューがズラリ。イベントで提供されたのは、美食の街として知られる、ミナスジェライス州にフォーカスした料理でした。一部ご紹介。

©2019 TABI LABO

アマゾン食材の風味を生かして
モダンにアレンジ!

化学調味料を全く使わないアランさん。材料の持つ風味を生かして、きちんと調味することに最も気を使うとか。唐辛子の種類が日本と違うため、ブラジルからスーツケースに詰めて持ってきたほどだそうです。

彼が生まれた北部の地域はヨーロッパの文化の影響を強く受けており、定番のブラジル料理以外にも、おいしい料理がたくさんあることを伝えたいと強調していました。

次はリオデジャネイロやサンパウロにフォーカスする予定。順次、いろいろな地域の美食を紹介していくそうですよ。目の前で調理する様子が見られます。料理以外にも、日本未入荷の珍しいリキュールなど、ここでしか味わえないものに出会えます。

次回の日程は、彼をサポートしている日本とブラジルを繋ぐ国際交流グループ、KIMOBIG BRASILの公式WEBサイトで告知されます。

ブラジルのお酒と料理特集では、そのほかにも日本で買えるおいしい食べものやお店を紹介します。

Top image: © 2019 TABI LABO

おすすめ記事

ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
いつもとはちょっと違ったシチューをつくりたい、というときにオススメしたいのがこの料理。旬の魚介類を好きなようにアレンジしてココナッツミルクと一緒に煮込んで...
冬場の鍋もの料理に欠かせない食材がタラ。今が旬の味覚です。ところがこのタラ、他に思い当たる料理といえばムニエルに、あとは…となかなかバリエーションが出てこ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
コンデンスミルク、バター、ココアパウダーだけでつくるブラジルの定番チョコ「ブリガデイロ」。家庭でもつくるほか、どこのお店でも手に入るほど生活のなかに浸透し...
(前回のつづき)。じつは私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国「ブラジル」へ行って来ました。ブラジルの有名なバリスタさんが、日本から来た私をブラジルのコ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
ブラジル・サンパウロには70以上のホステルがあり、毎日世界中から何百人もの若い旅人たちがやって来ます。たいてい1人身で、予算は少なめ。そんな彼らにゆったり...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...