地球の裏側「ブラジル」は、本当に群馬にあった。

群馬県大泉町出身の友人(地元愛強め)が、昔からよく、「地元がブラジルっぽい」みたいなことを言っていました。近所にブラジル人が多いとか、サンバをよく見るとか、給食に「フェイジョアーダ」が出る、だとか……。話を聞いているうちに、いわゆる“◯◯っぽい場所”とは、ちょっと一線を画しているなと思いはじめたわけです。

そんなこんなで、私の中で、大泉町は、群馬県ガイドをつくる上ではずせない場所となっていました。今回は3スポットをご紹介。“ブラジルっぽさ”をお伝えしたいと思います。

01.
もとはブラジル人のためにオープン
「レストランブラジル」

黄色と緑の派手な外観が目を引くコチラは「レストランブラジル」。「孤独のグルメ」でも取り上げられ、ご存知の方も多いと思いますが、大泉町で最初にできたブラジル料理レストラン。オープンは1990年です。


ちょっとドキドキしながら中に入り、さっそくオーダー。
まずは、ブラジルで人気だという牛イチボの串焼き「エスペトン・デ・ピカーニャ」(300g 1460円〜)から。

イチボは牛のおしりの部分、一頭から2.2kgしかとれない希少部位です。
にしても、シュラスコ、迫力満点!そして、どっからどうやって食べたらいいんだろう……って戸惑う感じも、異国感。

左手にトング、右手にナイフでザクザク切っていただきます。赤身が多いそうですが、柔らかくて食べやすくて、ペロッといけました。

お次は「フェイジョアーダ」(単品 1030円)。友人が、給食に出てきていたと言っていた、“茶色い豆”の食べ物です。
私的に、これ、結構謎に包まれていたのですが……。

見た目はビーフシチュー、いや、ぜんざいの方が近いです。
こちら、ブラジルの伝統料理。茶色豆の煮込み料理で、ソーセージ2種をはじめ、豚の耳、牛ランプなど7種類のお肉が入っています。食べ進めていくと、変わった形のお肉が次々と出てきて面白いです。そして、味わい深い。

店長の岩田さんは三代目。
もともとはご両親のご友人がはじめられたお店。当時は完全に、ブラジル人のための、本格ブラジル料理専門店だったそうです。

「1990年頃、スバルやパナソニックの工場で働くために多くのブラジル人が大泉町にやって来ました。けど、ブラジル人がなかなか和食に馴染めなかったという経緯があって始めました。最初は99%がブラジル人のお客さん。たぶん日本人には入りづらかったんだと思います(笑)。徐々に口コミで広まったり、2014年のW杯、2016年のリオデジャネイロオリンピックを経て、日本人のお客さんが増えていきました。メニューを日本語にしたり、説明を加えたり、整えて、今ではブラジル人と日本人のお客さんは半分半分くらいです。」

ランチタイムは11時〜15時。これ、時間幅が広いのは、両方のお客さんに対応した結果なんだそうです。日本人は12時〜13時にピークがきて、ブラジル人はそのあと。夜ご飯も同様、ブラジル人が遅め。より、ブラジル感を味わいたい人は、時間を外して行くのがいいかもしれません。

02.
ブラジル一色!
「アソーゲタカラ 太田店」

こちらは「レストランブラジル」から車で5分ほどの場所にある「アソーゲタカラ 太田店」。国旗がいたるところに掲げられていて、ブラジル感を感じながら中へと入ります。

日本のスーパーとは違ったビビッドな風景、見慣れない商品、飛び交う外国語……。思っていたよりブラジルで、テンションが上がります。

中でも肉の品揃えはスゴい!
人気があるのは、生ウインナーや牛ランプなどの肉製品なんだそうです。

店名の「アソーゲ」は、精肉店の意味。「アソーゲタカラ」のはじまりも20年以上前のこと。大泉町にやって来たブラジル人が言葉の壁、食文化の違いに困っていたことがきっかけでオープンしたんだそう。もともとはお肉屋さん。そこから派生してグロサリーも扱う現店舗の形になりました。現在では、ペルー、ベトナムなど、できる限りの海外製品を扱っているそうです。

ちなみに、こんな子豚を発見しました。

……!

沖縄の市場で豚の頭が飾ってあったのは見たことがありますが、日本のスーパーにはない光景です。

見渡す限り、初めて目にするものばかり。
新鮮で、いるだけでも楽しい空間でした。

03.
駅までブラジル
「西小泉駅」

そして、極めつけがコチラ。
群馬のブラジルへの入り口、東武鉄道小泉線の終着駅「西小泉駅」です。

Photo by 群馬県

おもしろい(笑)。アクセントに、黄色や緑が使ってあって、シンボルサインにはブラジルの鳥「トゥカーノ」が。
見事です……!

大泉町は聞いていた以上に
ブラジルだった!

大泉町のHPによると、現在、大泉町の人口の20%近くが外国人。その多くをブラジル人が占めています。そして、今回ご紹介した3スポットのほかにも、大泉町には、ブラジルに関係があるお店がたくさん存在します。

“日本にいながらブラジル感を味わえる”。
この表現は、決して過言ではないな、と思いました。

「レストランブラジル」
住所:群馬県邑楽郡大泉町
TEL:0276-62-0994
営業時間:平日11:00〜15:00LO、17:30〜22:00LO
土日祝日12:00〜22:00LO
定休日:水曜日

●「アソーゲタカラ 太田店」
住所:群馬県邑楽郡大泉町坂田3-12-10
TEL:0276-61-0201
営業時間:10:00〜20:00
定休日:火曜日

●「西小泉駅」
住所:群馬県邑楽郡大泉町西小泉4-31-10

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:群馬県
【特集】愛すべきクレイジー「群馬」

関連する記事

ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
「暑い」と、毎年ニュースでとりあげられがちなのが、岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市や高知県四万十市。そして、群馬!そんな暑いまち・群馬の高崎市で気になったのが...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
(前回のつづき)。じつは私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国「ブラジル」へ行って来ました。ブラジルの有名なバリスタさんが、日本から来た私をブラジルのコ...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
決して、とんでもない“ダメージ”をくらうわけではありません。が、地味にテンションが下がる「液だれ」。テーブルは汚れるし、なんだか次に使う人に対しても申し訳...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...