群馬で大切な人を想うなら、嬬恋の絶景の中で

あなたにとって、一番大切な人は誰ですか?

遠くで暮らす両親や、いつも側にいてくれる家族、好きな人……。あるいは、愛犬だったり自分だったり。いろいろあると思います。そんな大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。

その場所というのは、ずばりキャベツ畑の中。嬬恋村の風景は、見渡す限りキャベツ、キャベツ、キャベツ!

(首都圏に出回っているキャベツのおよそ8割が嬬恋産なんだそうです。)

で、なんでここが
「大切な人を想う場所」?

© 2018 Etsu Moriyama

それは、まず、こんな伝説があるからです。

むか〜しむかし、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東国の征伐のために海を渡っていたところ、嵐がきてしまいます。一緒に船に乗っていた奥さんは、嵐は海神が怒っているためだと思い「私の命に代えて、海神の怒りを鎮めましょう」と、海へ身を投げてしまいました。嵐は無事おさまるも、任務が残っていたヤマトタケルノミコトは、亡くなった奥さんを偲ぶ間もなく征伐へ向かわざるを得ませんでした。

その帰り道、いま嬬恋村がある場所で

「吾嬬者耶(あづまはや)」
=ああ、我が妻よ、恋しい〜

と叫んだのです。
嬬恋村は、世界で初めて「愛妻家宣言」がなされた場所。

ちなみに嬬恋村は群馬県の吾妻郡にあります。上のセリフは全部 、地名にかかっているんです。

嬬恋村は
愛妻家の聖地

© 2018 Etsu Moriyama

次に注目すべきが「日本愛妻家協会」です。
お察しのとおり、本部は嬬恋村。

妻というもっとも身近な赤の他人を大切にする人が増えると、世界はもう少し豊かで平和になるかもしれないね。

……いい。

こんなステキなキャッチコピーを掲げ、嬬恋村から、「愛妻家」というライフスタイルを全国、そして世界へ発信しています。あとは、愛妻家の保護育成も行なっています(笑)。

愛妻家の保護育成の一環で2006年から行われているのが「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」。通称キャベチューです。内容はもう、タイトルのまんま。年に一度、9月に、キャベツ畑の中にある「愛妻の丘」で、全国から集まった男性陣が一人ずつ愛を叫びます。

こんな風に(笑)。

© 2018 Etsu Moriyama
「つまごいパノラマライン 南ルート」から少し入ったところにある、浅間山×キャベツ畑のビューポイント

こちらは、嬬恋村役場の久保さん。
職業柄(?)、もちろん叫んだことがあるようで、せっかくなので、お気に入りの場所で再現していただきました!(※取材当日のコンディションがものすごく悪かったのはご愛嬌。曇天かつ、キャベツの植えつけが始まったばかりの6月上旬でした。)


ちなみに、「久保さんは愛妻家ですか?」という質問のこたえはこれ。

「僕ですか……!僕は愛妻家じゃないと思いますよ。僕がそうだと言っても妻はそうは言わないんじゃないかなあ。相手がどう思うかですからね」

もうこの時点で愛妻家確定だろうな、と思ったわけです。

ここまでくると、もはや絶景

© 2018 Etsu Moriyama
「つまごいパノラマライン 北ルート」沿いの風景

正直、心が洗われます。

今回撮影したキャベツの写真は、どれもカーナビで「つまごいパノラマライン」と入力してたどり着いた場所の周辺です。植えつけが始まったばかりだという6月上旬でさえ、広範囲にびっしりキャベツが植わっている場所がありました。スポット次第では満足感を味わえますが、一面緑の「The 絶景」的景色を見ることができるのは、6月下旬〜7月頃。それ以降は、だんだん収穫が始まるため、収穫前後の畑が混在するパッチワーク的風景を楽しめるそうです。

© 2018 Etsu Moriyama

畑の中にある道路標識にはこんな遊び心が!

© 2018 Etsu Moriyama
「愛妻の丘」付近で見つけた道路標識「愛妻家に注意」

村内各所で手にはいるドリンクもおもしろいです。飲んだら「愛してる」と叫びだすかもしれないミネラルウォーターや「愛妻ダー」とか。

© 2018 Etsu Moriyama
嬬恋村で採水されたミネラルウォーター「妻との渇きを潤す水」
© 2018 Etsu Moriyama
村内各愛妻スポットで手に入る、キャベツ酢入りの「愛妻ダー」


さすが、村そのものが「愛妻家の聖地」。ぜひ、各所に垣間見える世界観まで含めて、まるっと絶景を感じてほしいです。

想うも叫ぶも
気の向くままに

© 2018 Etsu Moriyama

先ほどキャベチュー開催の地としてご紹介した「愛妻の丘」は、嬬恋観光において絶対にはずせません。叫び台が設置されているほか、ちょっと小高い場所にあるので、山の麓まで広がるキャベツ畑を見渡すことができるんです。

とりあえず、形から。
得意じゃありませんが、せっかくきたので叫んでみます。

© 2018 Etsu Moriyama

叫ぶのが無理な人は、こうやって想いを馳せるなどでもいいかと思います。

© 2018 Etsu Moriyama


今回実際に叫び台にのぼってみて思いました。
あ、別に叫ぶ人も叫ばれる人も、誰でもいいのかなって(叫び叫ばれる内容が変なことじゃなければですが)。

実際にキャベチューでも、奥さんが旦那さんに対して愛を叫んだ事例が出てきたり、叫び叫ばれる対象の幅が少しずつ広がっているそうです。


そもそも、普段生活していて、気持ちいいくらい整った広大な緑(キャベツ)を目の当たりにする機会ってそうそうありません。嬬恋村を訪れる人は、非日常の景色を目の当たりにした結果、「心がクリアになる→自分の本心が見える」という連鎖を体感するのではないでしょうか。何が言いたいかというと、嬬恋村は、そもそもに、(愛を叫ぶための)心の整理をするのにもってこいの場所だと思いました。


「愛妻家の聖地」もいいけれど、嬬恋村は「一番大切な人を想う場所」。個人的には、こちらのほうで推していきたいと思います。

「愛妻の丘」(つまごいパノラマライン沿い)
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村大字田代字大横平2000の内
※冬期間(12月上旬~4月上旬)閉鎖
HP:http://tsumatabi.com/spot/spot_7/

Top photo: © 2018 Etsu Moriyama
取材協力:群馬県、嬬恋村役場
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
グンマあるある集めました。そして、県庁職員にぶつけてみました。「デートスポットは県庁かイオン」「中高生にセーブオンの39円アイスが人気」「学校の号令は、起...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
「暑い」と、毎年ニュースでとりあげられがちなのが、岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市や高知県四万十市。そして、群馬!そんな暑いまち・群馬の高崎市で気になったのが...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
「桐生にイケてる人が集まってるらしいよ」。そんなふわっとした噂を確かめてみたくてはじめた、まち巡り。今回、「リップル洋品店」「Purveyors」「わびさ...
最近少しずつテレビに出始めている群馬のはっちゃんこと、田村はつゑさん(83)。桐生市にある彼女が営むバイキング屋さん「はっちゃんショップ」には取材で2度行...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...