巨匠・棟方志功の壁画がある、資料館のような桐生のカレー店

正直にいうと、棟方志功に詳しいわけではありません。坂口安吾も、シャンソン歌手の石井好子のことだって……。でも、みんな、“道”を極めた方たちだってことは、なんとなくわかります。

群馬県桐生市にある「芭蕉」は、彼らが常連だったほか、地元の文化人たちも愛し通ったお店。一体どんなお店なのか、気になりました。

半世紀ぶりに蘇った、
伝説の「ムナカタ壁画」

5234461360783360

まず最初にチェックしておきたいのは、「芭蕉」には、棟方志功が描いた壁画があるってこと。

「芭蕉」の創業は1937年(昭和12年)。
お店のデザインも手がけた、先代店主の小池魚心さんが棟方志功のファンだったそうで、お願いして描いてもらったのだそう。お二人の関係性としては友人の友人。念願叶って、お店に壁画が施されたのは1953年(昭和28年)のことでした。

ところが、魚心さん、

「このお店の雰囲気に合わない」

と、すぐに塗りつぶしてしまいました。
その後、二代目の決断によって壁画の発掘作業が行われたのは2008年(平成20年)のこと。約55年の時を経て、また、この世に蘇ったのでした。

……という、壮大なエピソードをもつお店だったんです!

雰囲気が
とにかくスゴイです。

4850160337158144

入口からちょっとびっくりします。
「レトロ」じゃ足りないくらい、一風変わった感じです。

48381043639582725312354887663616

見応えがあって、ここで結構な時間うろうろしていたのですが
いざ中に入ってみると……。


先ほどの棟方志功の壁画があり(場所は入り口から入ってすぐ右上。二階へ続く階段の途中部分が絶好の鑑賞スポット!)、

4829626769604608

独特な個室のような空間に間仕切りされていて、

5964004270800896

馬のコレクションやたくさんの絵馬が飾ってあり……。

581663736620646453407830413148165241764583571456

こう、資料館とか博物館に来たかのような感覚になります。
魚心さんは民芸品の収集などもされていた方なんだそうです。


お店にはいくつかルールも掲げてありました。

5825516674220032

思わず笑ってしまったのは、

この銅羅を叩いてください

50933992332984325321420389220352

各席に、それぞれちょっとずつ違った銅羅状の叩きものがありました。
これが呼び鈴代わり……随所に散りばめられた遊び心、楽しいです!

創業以来、変わらぬ味

6097147049017344

カタカナを使わずに書かれたメニューがまた、いい感じです。
二代目の奥様にお聞きし、創業以来の名物「印度かりー」と、もともと気になっていた「馬小屋かりーこーす(すーぷ、さらど付)」を注文することに。

6149363382353920
「印度かりー」 850円(税別)

「印度かりー」は、わりと甘めでまろやかな感じ。具がほとんど感じられないくらい、よく煮込まれていました。こちら、ずっと味を変えずに受け継がれているとか。

時代を越えて、文化人たちと同じものを食べているって考えるとちょっと不思議な感じがしました。

5955526676447232
「馬小屋かりーこーす(すーぷ、さらど付)」 1650円(税別)

続いてこちらが「馬小屋かりー」です。「印度かりー」より辛さがあり、じわじわくる感じ。奥様がスパイス系とおっしゃっていました。



味わい深いカレーをいただきながら、こんな風に思いました。
もちろん料理もなんだけど、コンセプトも空間も、というか「芭蕉」そのものが、魚心さん渾身の作品なんだろうな、と。だからこそ、気に入らなければ、棟方志功の壁画すらも塗りつぶす。

一般的な価値よりも、自分のこだわりの部分をものすごく大切にされていたんだろうなあ。そして、そんな姿勢が、錚々たる文化人たちを魅了してきたのかな、と。

6667048138571776

「異国調菜 芭蕉」
住所:群馬県桐生市本町5-345
TEL:0277-22-3237
営業時間:11:00〜20:00(ランチ 〜14:00)
定休日:火曜日、第2または第3水曜日

Photo by 稲垣正倫
取材協力:群馬県
愛すべきクレイジー、群馬県
「桐生にイケてる人が集まってるらしいよ」。そんなふわっとした噂を確かめてみたくてはじめた、まち巡り。今回、「リップル洋品店」「Purveyors」「わびさ...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
最近少しずつテレビに出始めている群馬のはっちゃんこと、田村はつゑさん(83)。桐生市にある彼女が営むバイキング屋さん「はっちゃんショップ」には取材で2度行...
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
カレーグランプリのチャンピオンが開発したという本格的なスパイスカレーで、15種類以上の調味料を使いながら仕上げている。美容や冷え対策にも効果的な調味料も含...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
今年ほど世の中がパクチーに注目した年はありません。パクチー盛り放題のお店やパクチー料理専門店ができるなど、あのクセのある味にどっぷりハマってしまった“パク...