裏メニューは映画の話? 母の夢から始まった、栃木・小山の人気カフェ

ちょっと一服。

愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。

栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服をするべく場所を探していて見つけたのが、ここ、Cafe FUJINUMA(以下、カフェ・フジヌマ)です。お店に入ると、おしゃれオーラのお兄さんがカウンターに一人。BGMには、小山のローカルラジオ、“おーラジ”が流れており……。

“カフェ”というかたちの母親孝行

©2018 Etsu Moriyama

おしゃれ系なのか、なごみ系なのか。

言うならばちょうどその中間といった感じで、絶妙な空気感漂う店内。カウンターの中にいたおしゃれオーラのお兄さんこそが、オーナーの藤沼英介さんです。この熟れた感じはいろいろ知っていそうだな〜と思って、小山でのオススメの過ごし方を聞いてみると、

 

「思川温泉に入って、隣の映画館で映画を観る、ですかね」

 

とな。お店を始める前は東京の映画制作会社に勤めていたとかで、カフェはもともと母親の由美さんがやりたかったことだったんだそう。

 

「お店づくりの準備を手伝っていて、終わったら僕はまた映画の仕事に戻ろうと思っていたんですけど、コーヒーの勉強をしだしたらどっぷりハマっちゃって」

 

結局そのまま小山に戻って来たんだそうです。マグカップなど、お店のあちこちに使われているオリジナルのデザインは、そんなお店を開く時のエピソードも含んだもの。

 

「山のデザインになっているのは、地元・小山と日本一の山・富士山をかけています。3本線が重なってるんですが、これはもともと店を父、母、自分の3人でやろうと言っていたから。下にウネウネとなっているのは、藤沼の「沼」の部分を表したもので、ちょっと家紋風に。東京で活動している友達のデザイナーに作ってもらいました」

 

山のてっぺんから上に線が伸びているのは、小山を盛り上げようという思いと、せっかくやるからには頂上を目指そう、という思いが込められているんですって。

極めたら2号店

©2018 Etsu Moriyama

「でも、まさか2号店まで出すとは思っていませんでした」

 

そう、Cafe FUJINUMAは昨年(2017年)の12月、小山市内のショッピングモールであるハーヴェストウォークに、うっかり2号店をオープンしたのです。そちらでオススメのメニュー、一つ目はこのフレンチトースト。

©2018 Etsu Moriyama
シナモン&バナナ&バニラアイスのフレンチトースト(880円)

「地元のパン屋さんから届いたパンを、自家製の卵液に漬けてるっす」

 

と、英介さんが男前にプレゼンしてくれましたが、卵液がたっぷり染み込んだトーストには、カリッとキャラメリゼされたバナナ、バニラアイスと生クリームがトッピングされていて、実に不思議なんですが……このフレンチトースト……お皿からあっという間に消えます。多分二人で食べに行ったら、ちょっとよそ見している間に、パッと消える可能性がありますので、ご注意ください。不思議だな〜。

©2018 Etsu Moriyama
これが最後の一口……

そして、もう一つの食べてみたかったメニューが、このドライカレーでした。母・由美さんがおうちで作っていたレシピをそのまま受け継いだ、人気のカレーなんだとかで。

©2018 Etsu Moriyama
おやま和牛とおとんのドライカレー(1180円+税)。好きなドリンクとサイドメニュー(フライドポテトorサラダ)がセットになりますよ〜

「おやま和牛と小山のブランド豚・おとんを、7対3の割合で合挽きにして作ってます。あとは国産のにんじんと玉ねぎ、調味料は色々、味噌やソースや酒や……」

 

母の愛も……?

 

「あ、母の愛……ですね。それも入ってますね」

 

はいそこ大事なとこ〜。それから、酸味のパンチが効いていて、甘めのカレーに合う感じのピクルスも、由美さんのレシピです。野菜は地元の生産者さんの美味しいものを、毎朝仕入れに行っているんだそうですよ。

お店のインテリア、買えちゃうよ

©2018 Etsu Moriyama

中二階席があったり、実はカウンターの奥にも席があったり、間取りがちょっと個性的で素敵な2号店なのですが、実はお店の手前のあたり(外に面した場所一体)にある椅子や机は、“LIFE FURNITURE (ライフファニチャー)”という栃木市にある家具屋さんのものだそうで、値札のあるものは全て購入することができるのだとか。まだ立ち上がって2年ほどで、卸売しかしていないブランドなんだそうですが、どれも機能性を備えながらも味わい深いデザインです。

©2018 Etsu Moriyama

「これも、カッコいいんで見てってください」

 

と英介さんが言っていたのは、2号店に置いているグラインダー(コーヒー豆挽くやつね)。MAZZERというメーカーのZMで、日本販売開始第一号モデル。日本に数台しかないんですよ、と嬉しそうに教えてくれました。

マッツァーのゼットエム、とりあえず、デジタルディスプレイになっているところが、なんか、カッコよかったです(機械に疎くてすみません)。

もちろん豆へのこだわりも

©2018 Etsu Moriyama

ちなみに、駅前の本店の方でその存在感をあらわにしているのが、このロースター。カフェ・フジヌマでは、生の豆を焙煎して出しているのですが、それは流行りでもあり、お店の個性を出しやすいからなんですって。

 

「焙煎自体は、焙煎機のメーカーさんが教えてくれるんで、半年くらい勉強させてもらいました。でも焙煎って正解は結局自分で編み出せ、みたいなところがあるんで、あとはひたすら豆仕入れて焼いたのと、毎年一回スペシャリティコーヒー協会の合宿に参加したり」

 

英介さん曰く、個人でやってる人が全国から集まって、朝から晩までずっとコーヒーについて話すっていう“超楽しい”三日間なんだとか。

 

「むちゃくちゃ楽しいですよ! 普段一人で突き詰めるしかないから。どうやってあそこのハゼの前の温度調節してますかとか」

©2018 Etsu Moriyama
スタッフの阿部ちゃんが淹れるエアロプレスは、通称・アベノプレスなんだそうです

焙煎中に、コーヒー豆がポップコーンみたいになる瞬間があって、それをハゼと言うんだそうです。で、それをどう迎えるかによって味が変わるのだとか。

 

「例えば熱をガンガン加えていくのと、ゆっくり長い時間かけてハゼを迎えるのとでは味が違くて、そのパターンは無限にあるんですよ。その焼き方によって、そのお店の味が決まる。普段、自分の焙煎機でしか判断できないのを色々な焙煎機を使うことによって試せるし、焙煎そのものについて学んだり、議論したりもできるんです。ベテランの方々でも、全然頭硬くならずに新しいこと学ぼうとして合宿に来てたりして、めちゃくちゃ勉強になりますね」

 

ビバ・学びの姿勢。

話を聞いた後、飲んでいたコーヒーの味に益々深味が加わった気がして、思わずこう叫んだのでした。

 

「おかわり!」

美味しいクレープと
“フジヌマ映画クラブ”の話

©2018 Etsu Moriyama

そういえばお店には、“フジヌマ映画クラブ”なるものが存在するのだとかで。本店にあるスクリーンを使って映画鑑賞会をしたり、英介さん自らが撮った動画を流すこともあるそうですよ。

以前は本店の常連さんと、一緒にショートムービーを撮るなんて遊びも。

 

「それは、小山市内で年一回開かれる、“思川映画祭”っていうイベントががあって、そこに出してました。フリー部門は全国から作品募ってちゃんと審査して上映されるんですけど、僕たちが出している小山部門はちょっと審査ゆるめです(笑)。でも、自分の撮った映画がスクリーンで流れるわけですから、正直すごい夢がありますよね」

©2018 Etsu Moriyama
シナモンとバナナのクレープ、実は今お休み中(泣)。でも、いつか復活予定とのこと!

それもすごく楽しそう。でも肝心の、お店のPR動画とかは撮ってないんですか? って、聞いてみたんです。この時、特別に作ってもらった美味しいクレープをモグモグしながら……。

 

「絵コンテ書いてみたけど、1枚目で手が止まっちゃって。映像やってたのに、本気出してこれかよって思われるのは嫌なんで、なかなか進まないんですよね」

 

まだ、これからなんだそうです。一応、お店の登記簿には書いたそうですよ。“映像制作”も。だからそのうちできるんだと思います。絶対にいいものが。なぜって彼、なんでもこだわって極める性格なんですもん。

最近なんて、うっかりJCRC(ジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップ)という焙煎の大会で、日本で6名しか進めない決勝に進出しちゃいましたから(これ、めちゃくちゃすごいらしいですよ)。

いろいろ期待しちゃうぜカフェ・フジヌマよ。

 

最近、ちょっとお店をお休みしていた母・由美さんも本店で復帰。月〜水曜日限定で、特製週替わりマザーズランチがいだだけるようになったんだとか。

いろいろ順調だぜカフェ・フジヌマよ。

じゃあ、残るはやっぱり、最高のPR動画が出来上がるのを待つのみ、ですかねぇ〜?

©2018 Etsu Moriyama
2号店にて、左からスタッフのななちゃん、店長のジュンヤさん、元スタッフのコーヘイ君(大学卒業してkey coffeeに就職)
©2018 Etsu Moriyama
本店にて、英介さん(左)と阿部ちゃん(右)

Cafe FUJINUMA 本店
住所:栃木県小山市中央町2丁目8-16
TEL:0285-37-8704
営業時間:月火水11:00〜15:00(マザーズランチ)、15:00〜21:00(カフェ)、金土13:00〜24:00(カフェ&バー)
定休日:木曜日、日曜日

 

Cafe FUJINUMA ハーヴェストウォーク店
住所:栃木県小山市喜沢1475
TEL:0285-22-3556
営業時間:10:00〜22:00(L.O.21:00)
定休日:なし

 

公式HP:http://cafefujinuma.com/

公式SNS:facebook, Instagram(本店ハーヴェストウォーク店

Top image: © 2018 Etsu Moriyama
取材協力:小山市
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
今回、栃木県小山市で見つけた行列の先にあったもの、それは、「おとん」のメンチカツ。ちなみにその「おとん」ってのは、お父さんのことではありませんよ。小山のブ...
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
桃好きのみんな、このリキュール、絶対飲んだ方がいいよ。なぜかってまずは果肉。果肉がすごい。「飲んでる時に、邪魔だなって思うくらい果肉入ってますよ」って栃木...
まるでサバンナのような場所が、炎でどんどん焼かれていくのを見ました。火事の話じゃないですよ。栃木県小山市にある「渡良瀬遊水地」での、ヨシ焼きの時のお話です...
栃木県小山市には、ユネスコ無形文化遺産に登録されている「結城紬(ゆうきつむぎ)」という伝統工芸があります。小山で本場結城紬の技術を学んでいる「紬織士」の方...
レーズンバターサンド“ラ”。素敵でしょ、このギリギリな感じ。北海道じゃなくて、栃木県小山市にある「ドラヤキワダヤ」さんというお店で見つけました。まるであの...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
栃木・小山市「小山駅」西口の大通りから一本脇。焼き鳥、鳥わさ、鳥刺しなどなど「いつもの処」は鳥料理がメインの居酒屋さん。「なんで栄えてるのかってのは、行け...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
東京・品川の武蔵小山でジャマイカのソウルフード「ジャークチキン」を食べてきました。東急目黒線、武蔵小山駅の東口にあるパルム商店街の路地裏に佇んでいるのが、...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
国内に人気雲海スポット、長野県の竜王に、新しいカフェが誕生。その名も「SORA terrace cafe」は、まるで雲の上にいるような感覚を味わいながら、...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。