猫と金魚と鳥好きならば。栃木・小山の居酒屋、いつもの処で会いましょう

「他の店がガラガラでも、あそこはいつもいっぱい。僕が幼稚園の頃からやっていて、それから30年くらい経つけど、メニューも、お父さんお母さんも変わらない。なんで栄えてるのかってのは、行けばわかるよ」


先日取材で伺った小林酒造の小林正樹専務がそんなことを言っていました。栃木県小山市にある居酒屋「いつもの処」は、専務が大事なお客さんを接待したり、最近受け入れ始めた学生の研修生にごはんを食べさせに連れて行ったりもする、ちょっと特別な場所なんだそうです。

小山駅西口の大通りから一本脇。お店は、派手に主張することもなく、そっとそこにあります。

5356515003203584
©2018 Etsu Moriyama

鳥刺しの、納豆巻き?

6042038139092992
©2018 Etsu Moriyama
鳥刺し

焼き鳥、鳥わさ、鳥刺しなどなど、いつもの処は鳥料理がメインの居酒屋さん。まず最初に紹介したいのが、この鳥刺し。ここの鳥刺しはちょっと個性的で、一つのお皿に、3種の鳥刺し料理が盛り合わさって出てきます。その内容は、黄味和え、大葉挟み、そして……。

 

「鳥刺しを注文してくれた人には“納豆は大丈夫ですか?”って聞くようにしてるんです。他のお店と違って、うちは納豆巻きが入ってるから」

 

そう、納豆巻き! お母さんの大久保正江さんが言うように、 鳥刺しで、からし和えの納豆を巻いたものが入っているのです。納豆と鳥刺しが合うのかって? 合うんだな〜これが。無論、お酒もすすんじゃうんだな〜。

4888046008795136
©2018 Etsu Moriyama
茶碗蒸し

41年前、お店が始まった時からの看板メニューは、丼ぶりサイズの茶碗蒸し。スプーンじゃなくてレンゲですくっていただきます。優しいお出汁に香るゆず。ホッとする味が、喉を伝って胃袋へ。おなかも心もほっこりします。

 

「料理があったかいよね、マスター。作ってる人のあったかさが出るんだろうね」


なんてお隣に座った常連のお客さんが言っていたのですが、お父さんの忠男さんのお返事は、

 

「こういうのはあったかいもんじゃないとね! あったかいうちに食べるっていう方がやっぱり良いですよね」

 

でした。……ん?

 

「そのあったかさじゃねぇよマスター、ハハッ!」

 

と、常連さん。ちょっと天然なお父さんの発言に、場が和みました(笑)。加えて常連さんは、真心も味の一つなんだよな、そういうのが癒しや、居心地の良さに繋がるんだよ、とも言っていて。こういった掛け合いも含めて、もれなく私も、尻から根っこが生えそうなほどの居心地の良さを感じていました。

看板商品に合わせたのは
アノお酒

5939685041897472
©2018 Etsu Moriyama

さて、ご紹介が遅くなりましたが、創業以来のもう一つの看板メニューは、なんといっても焼き鳥です。以前、出張で山梨から来ていたお客さんは、全国の出張先で必ず焼き鳥屋さんに入る人なんだそうで、「ここはイイ! また来週来ます!」と言って帰ったとか。

お店が始まった41年前から、大半の焼き鳥の値段がずっと変わらず100円、というのも、なんだかイイよね〜。

5389519478063104
©2018 Etsu Moriyama
5471010509815808
©2018 Etsu Moriyama

そして、この焼き鳥に合わせたのが、鳳凰美田・熟成秘蔵梅酒。香りは素晴らしく、それでいて甘さも上品なので、料理の邪魔をしません。そのあとに飲んだゆず酒もジューシーで本当に飲みやすいのですが、果実酒に珍しくアルコール度数が12〜13%と結構お高め。調子に乗って飲みすぎると、帰り道は右へ左へフラリ、フラリ。かなりイイ感じの酔っぱらいに仕上がります。

お店には、他にも小林酒造の日本酒が揃っていますが、実は小林酒造といつもの処は古くから親しいお付き合いがあるとかで、お店の外で紫色に光る味のある看板は、小林酒造から贈られたものなんだそうですよ。

5955481277300736
©2018 Etsu Moriyama
鳳凰美田 熟成秘蔵梅酒
5465657235734528
©2018 Etsu Moriyama

お通しが3種類な理由

4856157889888256
©2018 Etsu Moriyama
今日のお通し

そうそう、お通しについて話すのを忘れていました。ここのお通しは3種類の盛り合わせ。日替わりでいろんなものを出しているそうで、これだけ食って帰ってもいいくらいだよ! という常連さんもいるほど満足度高め。今回はたけのこ煮、ウインナー、イモフライ。以前来た時は、肉じゃがに玉子焼き、ローストビーフだったかな?

 

「毎日来ても楽しんでもらえるように、なるだけ違うものを出したいなと思って」

 

この日、裏メニューのナスとピーマンと豚肉の味噌炒めも食べさせてもらったんですが、お酒が飲めなくて、毎日ご飯だけ食べて帰るお客さんのために作ったんだそうです。

 

「せっかくここに食べに来てくれるんだから、バランスを考えて出してあげたいなと思ってね。野菜とか数品つけることもあれば、オムライスなんかを作ることもありますよ」

 

この感じ。まるで本当のお母さんのようでしょ?

とにかく面倒見が良いのです

4851789639712768
©2018 Etsu Moriyama
高貴なお名前のお二人

そして生き物好きならば、店内でメニュー以外にも見逃せないポイントがチラホラ。まず、大きめの金魚が入ったものと小さめの金魚が入った二つの水槽。自称お魚に詳しい同行カメラマンが、その水槽環境をまじまじと見てボソッと一言いいました。

 

「これは、金魚育てるのかなり上手だぞ……」

 

お父さんが好きで育てていて、増えた金魚をお客さんにおすそ分けしたこともあるんだとか。お花も綺麗に飾ってあるのですが、これは師範の免許を持っているというお母さんのお仕事。外の植物も、上手に育てています。

猫好きならば絶対にスルーできないのは、カウンター脇に飾ってある黒猫さんのダブル香箱(前足を隠すお座りスタイル)写真。前に飼っていた猫だそうで、右が母猫のクレオ・パトラさん、左がその子どものクララさん。

 

「もともと迷い猫だったんだけど、とてもお利口さんで、お肉とかお魚とか一切食べなかったね。お客さんにもかわいがってもらって。でも混んでる時は階段のとこに隠れてたりして、お父さんがいいよって言うとそっと出てきたりしてね」

 

やっぱり命あるものは、みんな一緒だよね。

そんなふうに言うお二人。面倒見の良さは、お客さんに限らずなのです。

6022525314138112
©2018 Etsu Moriyama

昔から、お客さんに
助けられてきたから

4823527278510080
©2018 Etsu Moriyama
ささみの黄味和え

「昔、まだ娘たちが小さい頃は、おんぶしながらお店やってたりもしたんだけど、かわいそうだからっておろしていいよって言ってもらって、お客さんに遊んでもらったりしたよね。そういうことは、ずっと忘れませんね」

 

とお母さんが言うように、他にもお客さんには、これまでいろんなものをもらってきたのだそうです。そういえばこの日も、紙に自分で注文を書いて渡している常連さんを見かけました。

 

「二人でやってるから、忙しくなるとアレもコレもできなくなっちゃうでしょ。だからお客さんが自分で注文を書いて渡してくれたりするんですよ」

 

とお母さん。お店で使うでしょと言って、メモ用紙をどっさり持って来てくれたお客さんもいるとか。みんな、二人を助けてくれるといいます。でもそれはきっと、お父さんの誠実な仕事や、お母さんの真心への、ちょっとした恩返し。

帰りがけには、チョコ饅頭というお菓子をもらいました。それを食べながら思い出したのは、最後にお母さんが言ったこの言葉。

 

「頑張っていれば、ごほうびはいつか必ずありますから」

 

そして二人は、今が特にごほうびだ、そう言って笑っていました。

どうしてここがいつも満席なのか、小林酒造の専務が「行けばわかる」と言っていた意味、私にはもうわかりましたよ。

4746302608900096
©2018 Etsu Moriyama
5989023361269760
©2018 Etsu Moriyama
常連さん曰く、お二人の若々しさの秘訣は「やっぱり鳥のコラーゲンだな!」
5459575360716800
©2018 Etsu Moriyama
お父さん手作りの看板です。多才!

鳥料理 いつもの処
住所:栃木県小山市城山町3丁目6-37
TEL:0285-22-2506
営業時間:17:30頃〜23:00頃(日によって、季節によって多少時間の変更があります)
定休日:日曜日

Top image: © Etsu Moriyama
取材協力:小山市
今回、栃木県小山市で見つけた行列の先にあったもの、それは、「おとん」のメンチカツ。ちなみにその「おとん」ってのは、お父さんのことではありませんよ。小山のブ...
桃好きのみんな、このリキュール、絶対飲んだ方がいいよ。なぜかってまずは果肉。果肉がすごい。「飲んでる時に、邪魔だなって思うくらい果肉入ってますよ」って栃木...
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
ちょっと一服。愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服を...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
まるでサバンナのような場所が、炎でどんどん焼かれていくのを見ました。火事の話じゃないですよ。栃木県小山市にある「渡良瀬遊水地」での、ヨシ焼きの時のお話です...
レーズンバターサンド“ラ”。素敵でしょ、このギリギリな感じ。北海道じゃなくて、栃木県小山市にある「ドラヤキワダヤ」さんというお店で見つけました。まるであの...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
茨城県つくば市にある「小菊」は、つくば駅から15分ほど歩いたところにあり、地元民から出張のお父さん方まで幅広く人気の刺身居酒屋。この街は海に面していないけ...
東急大井町線、荏原町駅。駅を出るとすぐ「荏原町商店街」があり、少しだけ昭和にタイムスリップした気分になります。そんな荏原町商店街から1本入った住宅街にある...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
東京・品川の武蔵小山でジャマイカのソウルフード「ジャークチキン」を食べてきました。東急目黒線、武蔵小山駅の東口にあるパルム商店街の路地裏に佇んでいるのが、...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
北関東に甚大な被害をもたらした、先の「平成27年9月関東・東北豪雨」。発生から間もなく、救援活動に励むボランティアのなかに、横田基地所属の米兵たちの姿があった。
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
武蔵小山の商店街にある〈みやがわスポーツ〉。お店の奥では、いろんなサイズのサコッシュやトートバッグ、ポーチなどが作られています。型もサイズもさまざま。価格...