瀬戸のホテルは、地下街のうなぎ屋と居酒屋で選ぶ

愛知県・瀬戸市への取材ということで、Googleマップで宿泊先の「瀬戸パークホテル」を目指してきたけれど、現地に着いてもなんだかわかりづらい。あるのは神社だけ。

専用の駐車場もあるって聞いたのに、これまた見当たらない……と思って神社の参道を歩いてみたら、あったあった。

瀬戸パークホテルは、神社の境内の中にある珍しいホテルなのだ。

瀬戸パークホテルを制する者
瀬戸を制す

4752096804995072
©2018 inagaki masanori

瀬戸の街を観光しようと思ったら、行動の起点はここ「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街なかには、宿泊できる施設が少ないからだ。

さて、どうディープに楽しもう?

国道を挟んだ向こう側には大きな末広町商店街が延びているのでそちらまで足を伸ばすのも悪くないけれど、徒歩1分の「宮前地下街」も無視できない。地上にあるのになぜか「地下街」という。

宮前地下街に繰り出す前に、まずは瀬戸パークホテルの駐車場内にある深川神社を散策してみた。

敷地内に突然フォトジェニック
ミニ「千本鳥居」

5103522840313856
©2018 inagaki masanori

ホテルの駐車場の目の前には、ミニ千本鳥居がある。

この「深川神社」の建立は奈良時代の771年で、瀬戸の焼き物の祖である加藤四郎左衛門景正(通称:藤四郎)をまつる陶彦社やお稲荷様が鎮座する。この参道が、かつて瀬戸ではメインストリートだったのだ。

4876171028201472
©2018 inagaki masanori

ところで、瀬戸に来た理由は大きくふたつある。瀬戸焼を見ることと、うなぎを食べること。

まったく関係ないようで、このふたつは密接につながっている。瀬戸焼の窯で働いていた男たちを支えたパワーフードの筆頭こそが、うなぎだ。

徒歩1分、待ち時間90分の
うなぎ「田代」

5360087543578624
©2018 inagaki masanori

瀬戸パークホテルから徒歩1分。宮前地下街まで歩くと、名店「田代」がある。瀬戸のいたるところにうなぎ屋は点在しているけれど、とくにこの田代は行列を覚悟したい。

だから心して、開店すぐの11時半に訪れた。ところがすでに宮前地下街には田代のうなぎを求めて列をなす人、人、人。

店主に聞けば、1時間半後に来てくれと言う。ううむ、すごい……。

反則レベルの香りが
宮前地下街に広がる

6494459004977152
©2018 inagaki masanori
「田代」の鰻丼 並2900円(※取材時)

しばし商店街の周りをプラプラして、時間をつぶすこと90分! それにしても宮前地下街にずっと漂っている香り。こんなの反則だ。

活うなぎをその場でリズムよくさばき、串を打ち、炭火にのせる。その間およそ数十秒。関東風の柔らかい焼き方ではなく、カリっとした香ばしい焼き上がり。

地元の人はテイクアウトがメインだそうだ。お店は一応19時まで開けているけど「いや、17時には売り切れてることがほとんどだね」とのこと。

瀬戸・宮前地下街の
「久兵衛」で地元の人と一杯

5784314079870976
©2018 inagaki masanori

瀬戸パークホテルに泊まるなら、宮前地下街の「久兵衛」で一杯飲もう。酔いが回ったときにすぐホテルに帰れるだけじゃなく、大将の与太話を聞いていると、今の瀬戸の街の輪郭が見えてくる。

「うまいもんが食いたいなら、別の店へ行け」なんて言いながら、代々受け継がれる瀬戸の窯を巡ってきたことを話すと「あの窯の息子に会ったか。ここにもよく飲みに来るよ」なんて話をしてくれるわけだ。

店内には、今週の瀬戸弁なるものが飾ってある。「だましかっとる」「ぶったれ」。なかなか当たらないし、答えもなかなか教えてくれないけど、ああでもないこうでもないと言いながら、瀬戸の夜は更けていく。結局、2日つづけて飲みに行ってしまった。

6563531910545408
©2018 inagaki masanori
いい色をしている黒いおでん。値段は大将の気分次第でちょっと適当

勝手な思い込みかもしれないけれど、久兵衛に飲みに来る地元の人たちは、今も昔のまま生きてるんじゃないだろうかと思ってしまう。瀬戸焼を誇りに思っていて、瀬戸の街に根付いていて。

古く産業の歴史があり、かつて瀬戸の中心地であった宮前だからこそ、そんな風景がぼんやりと見えてくるのだ。

5890102077161472
©2018 inagaki masanori
ホテル内の神社から見た、宮前地下街。クルマの列はうなぎ待ち

「瀬戸パークホテル」
住所:愛知県瀬戸市深川町11
TEL:0561-85-3333
公式HP:http://www.setoparkhotel.co.jp/

 

「田代」
住所:愛知県瀬戸市深川町13
TEL:0561-82-3036

 

「久兵衛」
住所:愛知県瀬戸市深川町14
TEL:0561-82-4271

Top image: © 2018 inagaki masanori
取材協力:瀬戸市
うつわ、探す、育てる男旅。瀬戸
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
瀬戸焼をめぐる観光をしたいなら、愛知県の瀬戸市にある「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」は外せない。古い登り窯が残っていることや、きちんとしたギャラリーが...
愛知県・瀬戸市の魅力を短期集中的に味わうなら、ビッグイベントへ。例えば、毎年11月上旬に開かれる「ゆるり秋の窯めぐり」では、普段見ることのできない窯元が開...
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
子供心に、なぜ食器には青い絵が描いてあるのか不思議だった。で、今はなんで青い絵が描かれている食器があんなに高いのか不思議だ。せっかくなので、愛知・瀬戸市に...
瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」の人気イベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
茨城県つくば市にある「小菊」は、つくば駅から15分ほど歩いたところにあり、地元民から出張のお父さん方まで幅広く人気の刺身居酒屋。この街は海に面していないけ...
栃木・小山市「小山駅」西口の大通りから一本脇。焼き鳥、鳥わさ、鳥刺しなどなど「いつもの処」は鳥料理がメインの居酒屋さん。「なんで栄えてるのかってのは、行け...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
浜松の名店「じねん」の秋元健一さんは、食を通して街の魅力を伝える、いわば大使のような料理人。浜松には、海もあれば湖もあり、川もあれば山もある。日照時間が長...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...