難しいけどハマった、瀬戸への旅で体験した「染付」

子供心に、なぜ食器には青い絵が描いてあるのか不思議だった。で、今はなんで青い絵が描かれている食器があんなに高いのか不思議だ。

せっかくなので、愛知県瀬戸市にある「瀬戸染付工芸館」で体験してみたのだけれど、なんと難しいことか……。

そもそも描くんじゃなくて
「染める」

©2018 inagaki masanori

予約なしでOK、小皿なら500円で体験できるということで、挑戦しないわけにはいかない。

染付では、呉須(ごす)と呼ばれる絵の具のようなものを使う。青に変色する正体は、酸化コバルトだ。灰色をしているけど、釉薬をかけ焼くことで、美しい藍青色に発色する。

この体験で提供されるのは「うすい・中・こい」の3種の呉須を水で溶かしたもので、あっという間に沈殿するので、つねにかき混ぜている必要がある。

©2018 inagaki masanori

まずはお手本。鉛筆で下書きした線を頼りに、すらすらーっと描かれていく。簡単そうだ。

©2018 inagaki masanori

絵心があるって素敵だ。エビに躍動感がある!

染付の難しさと
絵心のなさに撃沈

©2018 inagaki masanori

写真を頼りに、我が家の三毛猫「しずく」を描いてみる。

素焼きがしてあるので、呉須がスッと染みこむこともあれば、表面ではじかれたようにたまることもある。このあたりの「呉須の乗りかた」が難しくもあり、楽しくもある。

©2018 inagaki masanori

言い訳のしようもない、絵心のなさ。穴があったらなんとやら。

©2018 inagaki masanori

同行した編集者作。はっはっは。

呉須の濃さがどのくらいの焼き上がりになるのか、描いているときにはわからないのも、これまた難しい。アンパンマンの顔は、うすい呉須で塗り、鼻はこい呉須で描いているはずなんだけど、描いているとわからなくなってくる。

仕上がりをイメージして染付けるなんてことは、はるか彼方のスキルだとよくわかった。

©2018 inagaki masanori

表面でコツをつかむので、裏面のほうがうまくなる説。

体験して初めて分かる
展示品のすごさ

©2018 inagaki masanori

一度でも染付を体験してその難しさがわかると、目が養われるようだ。

エビの小鉢、ヒゲを壁面へデザインしたセンス、透き通ったような身の筆使い、水面を著す薄い呉須。

©2018 inagaki masanori

このレベルを目の当たりにすると、もはや言葉も出ない。

どうして、人は手仕事に魅せられるのだろう。17世紀の欧州では、これら東洋の染付が嗜まれ、富と権力の象徴とされていた。その価値の一端が少しわかったような気がする。

月1回開催の体験教室では、五寸皿など様々なものに染付させてくれる。こういうところでさらっと風流な染付ができると、粋なんだろうな。

©2018 TABI LABO

後日届いた「初・染付体験」の完成品。思ったよりは悪くない(笑)。

©2018 inagaki masanori

「瀬戸染付工芸館」

住所:愛知県瀬戸市西郷町98
TEL:0561-89-6001
開館時間:10:00〜17:00(体験受付16:00まで)
休館日:火曜日、年末年始
体験開催日:休館日を除く毎日開催(※5名以上の場合は要事前連絡)
公式HP:http://www.seto-cul.jp/sometsuke/

Top image: © inagaki masanori
取材協力:瀬戸市
【特集】うつわ、探す、育てる男旅「瀬戸」
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
愛知県・瀬戸市の魅力を短期集中的に味わうなら、ビッグイベントへ。例えば、毎年11月上旬に開かれる「ゆるり秋の窯めぐり」では、普段見ることのできない窯元が開...
瀬戸焼をめぐる観光をしたいなら、愛知県の瀬戸市にある「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」は外せない。古い登り窯が残っていることや、きちんとしたギャラリーが...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
2019年12月6日〜2020年3月2日、「d47 MUSEUM」にて「着る47展」開催。
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
「LEMON by Lemonade Lemonica(レモン)」が渋谷駅西口に開業した「渋谷フクラス」1Fに12月5日、グランドオープン。
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
愛知県犬山市は、そびえ立つ古城が名所の中心である一方、近年はその周りにおしゃれなお店など多様な価値観が出現した。すると面白いことに、歴史コンテンツがまた改...
現在の兵庫県姫路市・高砂市・加古川市にあたるこの地域で「高砂染」という染色技法が生まれた。最盛期には幕府・朝廷への献上品として重宝されたのだが、昭和初期に...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
食品残渣(ざんさ)とは、食品の製造過程に出る副産物や廃棄物のこと。日本は食料自給率が低いと言われる一方で、食品残渣が多いこともたびたび話題にあがる。そこで...
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
昨年35,000 人が来場した日本最大級の文具の祭典「文具女子博」の今年のテーマは「文具浪漫」。ここでしか買えないアイテムを含む約50,000点を揃えるほ...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
季節のフルーツ、それも地元産を使ったカラフルで見た目もかわいい「アレンジドリンク」。国宝「犬山城」をいだく愛知県犬山市。現存する日本最古の天守閣と、歴史を...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...