幻の「高砂染」を、100年後の今、よみがえらせる

絶滅危惧種も、文化も方言も、失くなりかけて初めて私たちはあわあわと守り始める。失くなるのは、きっと減点だから。神様みたいな存在がいるとして、その人に出された試験みたいなもの。人間は試験勉強なんかしなくて、本番になって悪あがきをする。優等生とはほど遠いのかもしれない。

だけどそれは、本当にただの悪あがきなんだろうか? 「高砂染」の復刻プロジェクトをきっかけに、少し考えてみた。

「幻」と呼ばれる理由

時は江戸時代、姫路藩。

現在の兵庫県姫路市・高砂市・加古川市にあたるこの地域で「高砂染」という染め物が生まれた。最盛期には幕府・朝廷への献上品として重宝されたのだが、昭和初期には絶えてしまう。さらには戦火に巻き込まれ、現存している絹縮緬着物は1着だけ。まさに「幻の染め物」だ。

C7cade90c2677d0e1e90940b4f9ee31e557173b6

100年の時を経て
オリジナルの復刻を

その「高砂染」が途絶えて約100年。高砂市の企業「エモズティラボ」が、その復刻に乗り出した。

これまでも「高砂染」を研究し、イベントなどを通してその存在を伝えてはきたものの、「オリジナルの高砂染を復刻しないことには、その本質的な価値にはたどり着けない」と、プロジェクトをスタート。できる限り当時の技法で復刻し、1年以内の完成を目指しているという。

失われたものを数えるか
今あるものと向き合うか

で、冒頭の話。ふと、ルートヴィヒの言葉を思い出した。

 「失われたものを数えるな。残っているものを最大限に生かせ」

ルートヴィヒは、戦争で傷ついた兵士たちにスポーツをさせることで、社会復帰を促した神経学者だ。「パラリンピックの父」としても知られている。

私は、自分が失ったものを数えていたと気づいた。そして、残っているものを最大限に生かそうとすることは悪あがきではなく、今与えられたものと向き合い、しっかり「人間」を生き抜くことなんじゃないか、と今は思う。

D723dae547303c5ad4aba01383f0353264d6a625

残された1枚の着物から100年前の技術を復刻すること。そこには、人間が人間である意味のようなものが、込められている気がする。

Licensed material used with permission by EmozTlab.Inc.
子供心に、なぜ食器には青い絵が描いてあるのか不思議だった。で、今はなんで青い絵が描かれている食器があんなに高いのか不思議だ。せっかくなので、愛知・瀬戸市に...
食品残渣(ざんさ)とは、食品の製造過程に出る副産物や廃棄物のこと。日本は食料自給率が低いと言われる一方で、食品残渣が多いこともたびたび話題にあがる。そこで...
「最高峰の小豆(あずき)・幻の品種」をいただけると聞き、兵庫県の丹波市へ。どうやら小豆界におけるトップオブトップは「丹波黒さや大納言小豆」らしいのです。さ...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
兵庫県丹波市で、2018年4月に誕生したばかりの「丹波プルドポークバーガー」を食べてきました。いただけるのは「丹波悠遊の森」のなかにあるレストラン「BBQ...
恐竜好きの私にとって、2006年8月7日に兵庫県丹波市で発見された「丹波竜」は衝撃的でした。だって、大好きなカマラサウルスとすごく似てるから! この丹波竜...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
1000年以上も前から続く伝統的なタトゥーを引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。100歳になる世界最年長の彫り師であり、...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?