兵庫・丹波市の「ヒメボタル」は、線香花火のような儚さがいい

幻想的な自然のイルミネーションとでも言いましょうか。「ホタル前線」なんて言葉もあるくらい、この季節のホタルは日本らしい情景のひとつです。

6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくるのが、ヒメボタル。今回は、大阪や神戸からも近い兵庫県「丹波市」のヒメボタルを紹介します。

日本各地で「昔はもっとよく見られた」なんてことも言われますが、兵庫県では珍しいヒメボタルが観察できるのは、丹波の豊かな自然環境があってこそ。

とてもデリケートな
「ヒメボタル」

6413247481643008
©2018 丹波市観光協会

よく聞かれるゲンジボタルは水辺の近くで観察できますが、ヒメボタルは陸で見ることができます。それゆえに、神社を背景にしたものなど、ゲンジボタルとはひと味違う写真が撮れることでも有名です。

また、地元のフォトグラファーさんにお話をお聞きしたところ、ゲンジボタルは1〜2秒ほど光りながら飛ぶので帯のように写る一方、ヒメボタルはとても弱い光りで点滅しながら飛ぶので、丸い光りが飛んでるような写真になるそうです。なるほど、そういう違いがあったんですね!

ちょっとした光が当たるだけでも観察のチャンスを失ってしまうので、デリケートなヒメボタルを刺激しすぎないことが大事なのだそうです。

ぼんやり浮かぶ
丸い光りがかわいい

4875858636439552
©2018 丹波市観光協会

ヒメボタルの鑑賞スポットとしても人気の、丹波市氷上町にある「内尾神社」。

参道付近で浮遊するヒメボタルは、派手すぎず、どこか暗がりのなかでぼんやり光る、線香花火のような儚さがあります。

6566383668166656
©2018 丹波市観光協会

丹波市、山南町にある「慧日寺(えにちじ)」の参道付近では、ヒノキの林のなかを浮遊するヒメボタルが観察できるそうです。

誰かを誘っていくなら、薬草薬樹公園「丹波の湯」が企画している姫ボタル鑑賞プランも敷居が低くておすすめです。6月中旬〜7月上旬までの土曜の夜に開催していて、料理や薬草風呂にホタル鑑賞(ガイドつき)がセットになっているので、ゆったり楽しめそうです。

ちなみに夜の鑑賞会ではヤブのなかに入るので、運動靴、長袖長ズボンは必須です。間違ってもサンダルやハイヒール、短パンTシャツで行ってはいけませんよ。

ゲンジボタルとはひと味ちがう、ちょっと儚なくてかわいい「ヒメボタルの夕べ」を楽しんでみては?

「丹波市立薬草薬樹公園 丹波の湯」

住所:兵庫県丹波市山南町和田338-1
TEL:0795-76-2121(申し込みはこちらへお電話を)
公式HP:http://www.yakuso.gr.jp/

Top photo: © 丹波市観光協会
取材協力:丹波市
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
実は那覇からも近い南城市。沖縄県の南東に位置していて、世界遺産の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」や「久高島」など、琉球の起源となる神話や遺跡がたくさんある街...
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
「ファミリーコンピューター」を通り抜けた世代なら、このオープニング画面だけでグッとくるはず。そう、京都府宇治市のPR動画は、完全オリジナル2D横スクロール...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
東京湾に自然林のある無人島が存在していることを知っていますか?それも大島や小笠原の話ではありません。神奈川県横須賀市。この無人島がナント、平日限定ながら一...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...