ビフカツとお母さんに惚れこんだ、神戸の老舗洋食店「もん」

「遠くからお客さんが来てくれたときは、いつもこのお店」

久しぶりに訪れた兵庫の神戸で、学生時代の先輩がそう言って案内してくれた老舗洋食店が忘れられません。

三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食店で、地元の人たちがちょっと贅沢して洋食を食べたいときに、まず思い浮かべるお店なんだそう。

©2018 AI INAGAKI

神戸家具の雰囲気も料理も好きなんだけど、迎え入れてくれるヒサ子さんの人あしらいが楽しいんです。80歳だそうですが、頭の回転も身のこなしも、到底そうとは思えないほどハキハキ! テキパキ!

 

「なにがおいしいって? そんな野暮な質問しないの」

「えっ、はい。すいません」

「どういうの食べたいの。オムライスは大きくて他のが食べれなくなるから半分こしたらいいと思うよ。クリームコロッケやめてビフテキひとつでいいんじゃない?」

「あ、じゃあそれで(笑)」

 

つまらないことを言うとすかさず指摘されますが、そのやりとりも名物のひとつ。お腹の空き具合や好みを聞いたうえで、最適な料理を提案してくれます。

「ビフカツ」に「ビフテキ」
ミディアムレアの神戸牛に歓喜

©2018 AI INAGAKI
ビーフカツレツ(2,400円)

やっぱり、神戸牛を使ったお肉料理は食べておきたい。

名物を聞いたところ「昔の人は何でも頭に “名物” ってつけたのよ。だから80年間これが一番ってものはないんだけど、最近はビフカツが人気だねぇ」。すかさずオーダー!

神戸牛のヒレ肉を自家製のパン粉で包んで、サックリ揚げたビフカツ。なかはミディアムレアで、ジュワッと旨味が溢れてきます。本当にカツ? って思うくらいジューシーで、2週間煮込んだデミグラスソースと一緒に、噛めば噛むほど唸ってしまいます。

©2018 AI INAGAKI
ロース・ステーキ(4,800円)

「社会人になって、ひとりでこのビフテキを食べにきたとき、大人になったなぁって実感したんだよね」

そう言って先輩が嬉しそうにナイフを入れた、神戸牛のビーフステーキ。誕生日や受験の合格など、お祝い事があるときには家族全員でこのお店に来ていたのだそう。

スルッと切れたミディアムレアの神戸牛が、口のなかで本当にとろけて思わず開眼。ワインのきいたソースとナポリタンも、また贅沢な組み合わせ。確かに、大人っていいなぁと思える味わいです。

メニューも味も店内も
貫いてきたのは「変わらないこと」

©2018 AI INAGAKI

店内には、昔使われていた様々なお店の看板が並んでいます。店主さんの趣味だそうで、長い年月をかけて収集したものだと教えてくれました。

阪神淡路大震災でお店が全壊してしまい、使えるものが減ってしまったそうですが、お店の雰囲気をそのままにつくり直したいという思いから、残ったものを一つひとつ丁寧に手入れして飾り直したそうです。

©2018 AI INAGAKI

メニューやマッチのデザインも特徴的で、SNSやブログにアップされていることもしばしば。これは、神戸の版画家・川西英さんによるもの。川西さんは神戸の風景を描いた作品が有名で、昭和の神戸を知っている人なら必ず目にしたことがあるはず。

「欧風料理 もん」は、創業以来40種類の全ての料理の味をずっと変えずに守り続けることを大事にしてきました。たくさんの看板やメニューのデザインからも、古き良き神戸を守っていこうという想いが感じられます。

スパイシーなおもてなしこそ
愛情たっぷりな証拠

©2018 YUKI HOSHI

かいがいしく働き、ズバズバ切り込んでくれるヒサ子さんは、客席に笑いをつくり、美味しいご飯まで食べさせる名手。

「ヒサ子さんが勧めてくれた料理、全部とっても美味しかったです〜」と声をかけると、「ふふふ、それは良かった。ありがとうございます」。とチャーミングな笑顔でお見送りしてくれました。

最後にもう一度、グッと胸を掴まれてしまったのでした。

欧風料理 もん

住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通 2-12-12
営業時間:11:00~21:00(L.O)
定休日:第3月曜日
TEL:078-331-0372

Top image: © 2018 AI INAGAKI
他の記事を見る
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
東京・品川での食事と聞くと、ビジネス街のイメージが強いので、ラーメンや働く人たちのサク飯を思い浮かべがち。でも、羽田空港や新幹線などの交通の要所なので、ち...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
特別、だけど簡単なレシピを、3つご紹介します。
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
神戸ブランドの〈JIB〉。ヨットのセイルクロスを使った丈夫な生地と豊富なラインナップ、加えて文字入れサービスがあるのもうれしいポイント。
兵庫県丹波市で、2018年4月に誕生したばかりの「丹波プルドポークバーガー」を食べてきました。いただけるのは「丹波悠遊の森」のなかにあるレストラン「BBQ...
1月17日、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災から丸21年が経ちます。復興のシンボルとして始まった『神戸ルミナリエ』。昨年は想定外の突風にあおら...
夏の予定は、決まっていますか?
今回、栃木県小山市で見つけた行列の先にあったもの、それは、「おとん」のメンチカツ。ちなみにその「おとん」ってのは、お父さんのことではありませんよ。小山のブ...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
「KOBE-REYES-(コウベレイーズ)」は、国内唯一の人工サーフィン施設。未経験者をメインターゲットとしているため、用具のレンタルも可能で無料講習も開...
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
「最高峰の小豆(あずき)・幻の品種」をいただけると聞き、兵庫県の丹波市へ。どうやら小豆界におけるトップオブトップは「丹波黒さや大納言小豆」らしいのです。さ...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
恐竜好きの私にとって、2006年8月7日に兵庫県丹波市で発見された「丹波竜」は衝撃的でした。だって、大好きなカマラサウルスとすごく似てるから! この丹波竜...