神戸にいきます。半年後だけど。

 

(なぜ、わたしが半年後に神戸に行きたいのかは、のちほど。)

 

「旅先では、そこに住んでいるように過ごす」。

どこへ旅行しても、滞在時間をそんなふうにして過ごすようになったのは、ある本のなかの1ページを読んだのがきっかけ。知らない土地へ行ったとしても、自分がフラットな心持ちでいれば、すれちがう人たちの素顔にふれることができるんじゃない?っていうことを言っていたんです。

とてもすてきな言葉だったから、紹介させてください。

 

 

『素顔にふれる旅』

 

知らない町で、自分にとって日常的なことをして過ごすのです。そのとき、訪れた土地にもそこで生まれ、暮らし、笑ったり泣いたりしているたくさんの人々がいることに初めて気づくのでしょう。

 

旅から帰り、本当の日常の中で思い出すこと。

それは、美しい風景やアートではなく、そんな時間に偶然触れ合った人々のことかもしれません。

 

『スヌーピー こんな生き方探してみよう』より

著:ほしのゆうこ 訳:谷川俊太郎(朝日文庫)

 

そんな旅先で、滞在したいのは……

 

今年の夏、神戸にできるんです。スヌーピーやピーナッツに登場する個性的なキャラクターをテーマにしたデザインホテル、『PEANUTS HOTEL(ピーナッツホテル)』が!

「ピーナッツ」の原作者がアトリエを構えた、アメリカの街やカリフォルニアの空気感は、神戸のレトロモダンな雰囲気とちょっと似てる部分も。

ミッドセンチュリー調の家具や、日本の洗練されたモダンテイストをちりばめた空間では、ピーナッツのキャラクターたちがお出迎えしてくれるんだって! エントランス付近には、東京・中目黒にある「PEANUTS Cafe」も併設されているみたい。

 

夏は、神戸
ピーナッツホテルへ!

 

時代や世代を越えて、スヌーピーや、ピーナッツのルーツを感じることができ、さまざまな人との繋がりやコミュニティが生まれる『PEANUTS HOTEL』。今年の夏はここで、「素顔にふれる旅」をしたいな。半年後が、とっても楽しみ! 詳細はもうちょっと待ってて!

 

PEANUTS HOTEL(ピーナッツ ホテル)

オープン日:2018年夏
客室数  :全18室
公式サイト:後日公開

<1階併設>
名称   : PEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ)
オープン日: 2018年夏
席数   : 約40席
公式サイト: http://www.peanutscafe.jp/

他の記事を見る
『ピーナッツ』といえば、スヌーピーやチャーリー・ブラウンなどのキャラクターでお馴染みの一大ヒット漫画。1950年にアメリカの新聞7紙で連載が始まってから、...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
2015年10月2日に、連載開始65周年を迎えた『ピーナッツ』。同日にオープンした「PEANUTS Cafe」が大きな話題になりましたよね。そしてこのたび...
10月7日(土)からスタートした、スヌーピーミュージアムの特別展。そのテーマは「恋ってすばらしい。」PEANUTSのなかに散りばめられている、少年少女の様...
神戸ブランドの〈JIB〉。ヨットのセイルクロスを使った丈夫な生地と豊富なラインナップ、加えて文字入れサービスがあるのもうれしいポイント。
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
1月17日、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災から丸21年が経ちます。復興のシンボルとして始まった『神戸ルミナリエ』。昨年は想定外の突風にあおら...
「KOBE-REYES-(コウベレイーズ)」は、国内唯一の人工サーフィン施設。未経験者をメインターゲットとしているため、用具のレンタルも可能で無料講習も開...
マスタードイエローの看板が目印渋谷をもっと楽しめるホテルMUSTARD HOTEL〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 SHIBUYA BRID...
2010年に生誕60周年を迎えた、大ヒット漫画『ピーナッツ』。同年、それを記念して、「ラコステ」との初のコラボレーションが実現しました。そして、迎えた20...
2月1日にオープンした「MUSTARD HOTEL ASAKUSA 1」と「TEMBEA」のトートバッグは、楽しみ方が似ているんです。
浅草のローカル文化を体感できる人と繋がるコミュニティ・ホテルWIRED HOTEL ASAKUSA 〒111-0032 東京都台東区浅草2-16-2htt...
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
戦前、神戸市灘区の摩耶山中に建てられた「摩耶観光ホテル」。その独特の廃墟美から「廃墟の女王」と呼ばれ、多くの廃墟ファンを持つこの建物を保存しようと、NPO...
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
茶室がテーマの泊まれる部屋は全10室渋谷にあるホテル併設型アパレルショップhotel Koé tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町3-7ht...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。