見れば見るほどかわいくなる。神戸・須磨水族園の「キモかわ展」

世の中には、さまざまな生きものがいる。

誰が見てもかわいい、カッコイイと言われる生きものもいる一方で、中にはキモチ悪いけれどもどこかかわいい、いわゆる「キモかわ」な生きものも。

スマスイ」の愛称で親しまれている、兵庫県の須磨海浜水族園では、そんな「キモかわ」な生きものを集めた企画展「キモかわ展」を12月6日まで開催している。

現在展示が予定されているのは、ヌメッとした質感の体でありながら、つぶらな瞳とニッコリ笑っているかのような口元がかわいい「メキシコサラマンダー」や、長いヒゲとタラコくちびるでありながらずんぐりとした体と愛嬌のある動きの「デンキナマズ」、離れた目と面長な顔だけど背中にはハートマークがある「テトラオドンスバッティ」などなど。

誰もが多様性を認め合う時代、水族館の生き物たちとて例外ではない。

「キモかわ展」の個性的な生きものたちの姿や行動を観察しに行き、彼らの真の魅力を発見してみてほしい。

須磨海浜水族園の企画展「キモかわ展」で見られる珍魚、ロングノーズエレファント
©2020 株式会社グランビスタ ホテル&リゾート

キモかわ展(須磨海浜水族園)

【公式サイト】https://kobe-sumasui.jp/news/kimokawa/

Top image: © 2020 株式会社グランビスタ ホテル&リゾート
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
8月7日よりオープンする「GLAMP DOME -グランドーム- 神戸天空」は、温泉大浴場のついたグランピング施設。大自然を照らす夕陽と神戸の夜景を眺めな...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...