阪神・淡路大震災から21年。LED?白熱電球?『神戸ルミナリエ』の電球に託された思いとは?

1月17日、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災から丸21年が経ちます。

復興のシンボルとして始まった『神戸ルミナリエ』。
昨年は想定外の突風にあおられ、電飾作品の一部が倒壊するといったニュースもありましたが、無事に会期を終え、325万人もの来場者が駆けつけました。

ところで、昨年末のルミナリエから使用されていた電球が、白熱球からLEDに、100%切り替えられたことをご存じでしたか?
ルミナリエの歴史とともに、組織委員会の意図を追ってみました。

ルミナリエの歴史

160117_eqtenki-jp-kobe-luminarie_01-1神戸の冬を彩る荘厳な光の芸術!『神戸ルミナリエ』

「ルミナリエ」とは、イルミネーションを意味するイタリア語で、光を用いた祭礼・装飾芸術のひとつを表します。

『神戸ルミナリエ』は震災の起きた1995年、阪神・淡路大震災の犠牲者の鎮魂と、都市の復興と再生を願い、復興が進む神戸の街に明かりを灯すことを目的に企画・実施されました。

ルミナリエの柔らかい光は、灯りが消えた街で心細い日々を過ごす人々を優しく包み込み、希望と勇気を与えました。
2015年12月に開催された「神戸ルミナリエ」は、いまや冬の風物詩として325万人もの人々が訪れる人気イベントに。
当初は「観光復興イベントリレー」だったものの、その反響はすさまじく、第1回目の会期終了直後から継続を求める声が続出!
1995年から2015年にいたる過程で、いく度の「存続の危機」を乗り越えてきた歴史をもちます。

その存続の危機というのは、ズバリ資金不足です。
掛かる費用は総額5億円以上ともいわれ、近年、日程や作品の規模が縮小されつつあります。
対策として、来場者を対象にした「1人100円募金」や、募金グッズ販売、昨年からはネット上で寄付を募るクラウドファンディングも実施。

美しくまたたくイルミネーションの陰には、こうした苦労もあったのですね。
私たちも震災への思いを絶やさないために、ぜひ募金に協力していきたいものです。

白熱電球を使用する意味

Light bulb illuminated with soft focus
温かい明かりが特徴の白熱電球

東日本大震災発生を機に、節電に配慮し、一部作品をLEDに切り替えて開催してきた『神戸ルミナリエ』。
しかし、節目となる第20回(2014年)から、再び全作品を白熱電球に戻すことが発表されました。

──なぜ、LEDから白熱電球に?と思う人も多いかもしれません。

その思いは、第20回のテーマと第1回のテーマが同じ「夢と光」であることからもわかります。
実際に「LEDは色が鮮やかできれいだけど、白熱電球のぬくもりに比べて冷たい感じがする」といった意見も寄せられたそう。
都市と市民の「希望」を象徴する行事として、震災当時に思いを馳せ、被災者や遺族らを柔らかく包み込んだ第1回目の光に近づけたい……。
白熱電球にはそうした思いが込められていたのです。

LEDを100%採用!
新たなステージへ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
次回は、どんな光の芸術作品が神戸の冬を彩るのでしょう

かわって、昨年12月に開催された第21回『神戸ルミナリエ』では、LED電球を100%使用。
天井付き回廊や、LEDの特長を生かした鮮やかな色合いの電飾や点滅を行うなど、これまでにない演出が人々を魅了。

昨年度(2015年)は「まちのさらなる魅力発信と神戸地域への集客」を開催趣旨に掲げ、「復興・再生」という言葉が消えたことも大きな話題となりました。
神戸の街の発展を願う集客事業として、大きな期待を寄せられていることが分かります。

── 新たな一歩を踏み出した、神戸を象徴する行事『神戸ルミナリエ』。
次回の『神戸ルミナリエ』では、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意が込められた、どんな光の芸術作品が神戸の冬を彩ってくれるのでしょう。
次の開催はだいぶ先の12月になりますが、多くの人々が参加されることを願ってやみません。

参考/神戸ルミナリエ組織員会オフィシャルHP

関連リンク 冷えますねぇ。体感温度指数は? 日直予報士のコメントもチェック

コンテンツ提供元:tenki.jp

tenki.jp

日本気象協会が運営する天気予報専門サービス。 台風、地震などの防災気象情報から、市区町村ごとの詳しい天気予報や、気象予報士によるわかりやすい天気の解説など豊富な気象情報をお届けします。http://www.tenki.jp/

6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
神戸ブランドの〈JIB〉。ヨットのセイルクロスを使った丈夫な生地と豊富なラインナップ、加えて文字入れサービスがあるのもうれしいポイント。
LEDと比較すると、消費電力が少ないわけでも寿命が長いわけでもない。普通に考えれば、そんな照明は市場から淘汰され、購入の選択肢にはなり得ないもの。にもかか...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
夏の予定は、決まっていますか?
ここは、青森県にある「スターバックス弘前公園前店」。大正ロマンを思わせる素敵なデザインですが、珍しいですよね。それもそのはず。国の登録有形文化財である「旧...
「KOBE-REYES-(コウベレイーズ)」は、国内唯一の人工サーフィン施設。未経験者をメインターゲットとしているため、用具のレンタルも可能で無料講習も開...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
戦前、神戸市灘区の摩耶山中に建てられた「摩耶観光ホテル」。その独特の廃墟美から「廃墟の女王」と呼ばれ、多くの廃墟ファンを持つこの建物を保存しようと、NPO...
東日本大震災から6年。自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど...
2015年11月20日(金)より『目黒川みんなのイルミネーション2015』が開催予定。春には桜で満開になる目黒川沿いに、21万球以上のLEDで彩る“冬の桜...
石川県能登半島の輪島市白米町にある「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」は、棚田やため池の里山と伝統の海女漁や製塩方法が残る里海、伝統技術が農村の暮らしと結...
日本の原風景を美しく彩る、北陸地方の冬の風物詩「あぜのきらめき」。昨年、その幻想的な光で多くの人を魅了したライトアップイベントが、実は今年も開催中なんです。
“廃虚の女王”として名高い『摩耶観光ホテル』、通称:マヤカンに合法で近づけると話題の「摩耶山・マヤ遺跡ガイドウォーク」。摩耶山の歴史と信仰の跡、そしてかつ...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
「Re:planter」の屋号で活動する京都在住の植栽家・村瀬貴昭氏。鉢ではなく、電球に植えられた盆栽。彼が使われなくなったテレビやPC基盤、電球に植物を...
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
私たち人間は、とどまることなくゆらゆらと漂うものに、自然に惹かれてしまうのかもしれない。だからこそ、なのだろうか。こうした「浮遊系インテリア」を、最近はよ...
家に関して「常識」と信じられていることには、実は誤解がたくさんあります。それに基づいて家を建ててしまうと、住む人を不幸にしてしまいかねません。自著『住む人...
LEDランタンがモバイルバッテリーとして使える。モバイルバッテリーがLEDランタンとして使える。この2つの機能が組み合わさっていて、かつ鞄に忍ばせておいて...