特産プレミアム玉ねぎを使った「淡路島カレー」は、味わいが3段階に変化するらしい!

豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。

実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」が全国的なブームになりつつある模様。なんでも、3段階に変化する深い味わいが人気の理由だとか。

良質な素材と配合が織りなす
“奥深い味わい”

0ca8e557bbd3ba2614445ede3d00b5772da22dd3

一番人気はこの「スタウトポークカレー」。スタウトビールで煮込んだポークはトロトロで、女性でもペロリといけちゃうそう。

それでは早速、その美味しさのヒミツに迫りましょう。

【ヒミツその1】
玉ねぎ=梨!?

252fca762dd4dc81d941d8dda23efab80495187b

1つ目のヒミツは「甘み」。瀬戸内海沿岸で育てられた淡路島の玉ねぎの中でも、梨とほぼ同じ糖度のプレミアムなものだけを、飴色になるまで4時間ゆっくり炒めています。1人前に使用する玉ねぎは、丸ごと1個!その他、リンゴやバナナ、マンゴー、パパイヤなど、9種のフルーツが溶け込んでいることもポイント。

【ヒミツその2】
2つのスープが生み出す“コク”

2つ目のヒミツは、甘みの次に感じる深い「コク」。淡路島の工場で丁寧に炊いた鶏ガラスープと香味野菜のスープ。さらに、特別にブレンドしたデミグラスソースが合わさることにより、家庭のカレーとはひと味もふた味も違う、上質な深いコクが生まれました。

【ヒミツその3】
大人のための辛さ

7dd53759eb45d0e74cd935998e844b926e86f82e

3つ目のヒミツは、最後に感じる「辛さ」。厳選唐辛子とターメリック、コリアンダー、クミン、フェネグリークなど16種類以上のスパイスが使われています。油分はオリーブオイル小さじ1杯程度と控えめ。そうしてスッキリとした後味にこだわることで…、

“大人のためのカレー”が完成。

68974276174ee0a2630d5895998a7faca4a7c88a

お店によってオリジナルトッピングが楽しめるのも「淡路島カレー」の魅力。こちらは、B-by-C銀座店で女性に大人気の「淡路島カレーB-by-Cアレンジ」。う〜ん、食べてみたい!

「淡路島カレー」は、東京・大阪を中心に全国170店舗展開中(併設型店舗を含む)。店舗一覧はコチラから。豊富なメニュー(店舗によって異なる)もチェックしてみて。

Licensed material used with permission by 株式会社ビープラウド
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
棟方志功、坂口安吾、シャンソン歌手の石井好子……。著名な文化人に愛される、群馬県桐生市にあるカレー店「芭蕉」。創業は昭和12年。店内には巨匠・棟方志功の壁...
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
あなたにとって理想のキャラメリゼとは、そもそもどんなもの?とろとろとした甘いもの?それとも玉ねぎの形がしっかりの残っているもの?つくりたい具合によってこう...
1月17日、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災から丸21年が経ちます。復興のシンボルとして始まった『神戸ルミナリエ』。昨年は想定外の突風にあおら...
カレーグランプリのチャンピオンが開発したという本格的なスパイスカレーで、15種類以上の調味料を使いながら仕上げている。美容や冷え対策にも効果的な調味料も含...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
カレーやオニオングラタンスープなどを専門店の味に近づけるには、玉ねぎを飴色に炒めて、香味と甘味を引き出すことがポイントです。しかし、そこまで炒めるには時間...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
「じんだ味噌」を知っていますか?これは山口県周防大島の郷土料理で、素焼きしたメバルのほぐし身と麦味噌を合わせたもの。冷蔵庫のない時代、釣った魚を保存するた...
いま、密かなブームとなりつつある「玉ねぎヨーグルト」を知ってますか?どこにでも手に入る玉ねぎとヨーグルト、これだけ。どちらもカラダにいい食材ですが、合わせ...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
季節ごとにおいしいタコが出回りますが、春のタコはとくに柔らかく、淡白な味わいが特徴。いまの時期にぴったりなメニューを紹介します。モーリシャス料理ですが、日...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
血液サラサラってよく聞くけど、あれはどちらかといえば玉ねぎの実のほう。で、皮には皮の良さがあるんだそうです。いやいや、皮って(笑)
新潟県、佐渡島(さどがしま)。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。し...
ガンツウは、瀬戸内海沿岸の景勝地を漂泊しながら周遊する宿泊型の客船。広島県尾道市にあるベラビスタマリーナを発着地とし、宮島・音戸の瀬戸付近、直島・犬島など...