特産プレミアム玉ねぎを使った「淡路島カレー」は、味わいが3段階に変化するらしい!

豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。

実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」が全国的なブームになりつつある模様。なんでも、3段階に変化する深い味わいが人気の理由だとか。

良質な素材と配合が織りなす
“奥深い味わい”

一番人気はこの「スタウトポークカレー」。スタウトビールで煮込んだポークはトロトロで、女性でもペロリといけちゃうそう。

それでは早速、その美味しさのヒミツに迫りましょう。

【ヒミツその1】
玉ねぎ=梨!?

1つ目のヒミツは「甘み」。瀬戸内海沿岸で育てられた淡路島の玉ねぎの中でも、梨とほぼ同じ糖度のプレミアムなものだけを、飴色になるまで4時間ゆっくり炒めています。1人前に使用する玉ねぎは、丸ごと1個!その他、リンゴやバナナ、マンゴー、パパイヤなど、9種のフルーツが溶け込んでいることもポイント。

【ヒミツその2】
2つのスープが生み出す“コク”

2つ目のヒミツは、甘みの次に感じる深い「コク」。淡路島の工場で丁寧に炊いた鶏ガラスープと香味野菜のスープ。さらに、特別にブレンドしたデミグラスソースが合わさることにより、家庭のカレーとはひと味もふた味も違う、上質な深いコクが生まれました。

【ヒミツその3】
大人のための辛さ

3つ目のヒミツは、最後に感じる「辛さ」。厳選唐辛子とターメリック、コリアンダー、クミン、フェネグリークなど16種類以上のスパイスが使われています。油分はオリーブオイル小さじ1杯程度と控えめ。そうしてスッキリとした後味にこだわることで…、

“大人のためのカレー”が完成。

お店によってオリジナルトッピングが楽しめるのも「淡路島カレー」の魅力。こちらは、B-by-C銀座店で女性に大人気の「淡路島カレーB-by-Cアレンジ」。う〜ん、食べてみたい!

「淡路島カレー」は、東京・大阪を中心に全国170店舗展開中(併設型店舗を含む)。店舗一覧はコチラから。豊富なメニュー(店舗によって異なる)もチェックしてみて。

Licensed material used with permission by 株式会社ビープラウド
8月12日、兵庫県・淡路市にオープンした「HELLO KITTY SHOW BOX(ハローキティショーボックス)」は、ハローキティをテーマにしたシアターレ...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
製品化したのは、デザイナーの太刀川英輔さん。食事もまともにできない多忙な日々のなかで、レトルトカレーをそのまま食べてみたところ、意外にイケる、どころか、ウ...
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました。弥生美術館・竹久夢二美術館に併設されているカフェ、夢二カ...
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
グルテンフリー&無添加のカレーパウダーをインスタントコーヒーのようにお湯でさっと溶かして飲む「DRINCURRY(ドリンカレー)」が登場!
棟方志功、坂口安吾、シャンソン歌手の石井好子……。著名な文化人に愛される、群馬県桐生市にあるカレー店「芭蕉」。創業は昭和12年。店内には巨匠・棟方志功の壁...
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました!白洲正子の叔父にあたる人物が、シンガポールで食べて気に入...
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
山口県のなかでも、主に瀬戸内海に面した宇部市や山口市阿知須(あじす)地域で古くから作られてきた漬物が「寒漬(かんづけ)」。昔は各家庭で作られていて、寒風に...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...