島のうまみをつめこんだ「佐渡保存」の満足感。

さりげないデザイン。
惹かれるパッケージ。
手にとりやすいコンパクトな瓶。

詰められているのは、新潟県の離島「佐渡島」の特産品だ。

「佐渡保存」って?

B53485f99aae5195eb3abacd6097e2a1954a0702

東京23区の1.5倍という広大な佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。

特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれている。しかも天然記念物のトキを放鳥していることもあり、島全体で減農薬栽培に取り組んでいる島だ。

その佐渡島の恵みを調理して瓶詰めの食材にしたのが、この「佐渡保存」。

B0cb55652a36a21d5f69b062473a1a7010cb0b56

佐渡の「うまみ」を
保存

佐渡保存を作るのは、合同会社「ひととき」代表の武田 俊(たけだ しゅん)さんと、菅原 香子(すがわら きょうこ)さん。都内にオフィスを持つ同社だが、おふたりは1ヶ月のうち1週間前後を佐渡島で過ごすという、2拠点ビジネスを行っている。

月の1/4を300キロ離れた場所に移動するというのはなかなか大変な気もするが、そこには熱意がある。同社はサテライトが都内、本社は佐渡島。瓶詰めまでの工場機能も佐渡島だ。

佐渡島の食材を使って、佐渡島で採用したスタッフが、佐渡島で仕上げるという点にこだわっている。言ってみれば佐渡保存は、佐渡のうまみを、佐渡から発信する、地域応援型のプロダクトだ。

「旬」を多方面へ

季節の農産物をいいタイミングで仕入れて、保存食を作る。現在の主要商品は主にジャム類。ジャムといえばパンに塗る、という人も多いかもしれないが、「佐渡保存」ではさまざまな料理に幅広く活用することも提案している。

「ウチの定番人気は、ゴボウ&ユズミソですね」

と、菅原さん。

「ゴボウのジャム!?」と思ってしまうが、ひと口いただいてみれば納得できる。香り高いゆずの風味に続き、ほっとするゴボウの味わいが味噌の甘辛さとマリアージュし、味の奥行きを引き出す。「佐渡保存」のWEBサイトではこのゴボウ&ユズミソを、焼きおにぎりの具やピザソースとして活用することも紹介している。

たしかに、乗っけてたべるだけのワンパターンではもったいない。チーズやお肉料理などこってりとしたものと組み合わせたり、スープの出汁のようにお湯に溶かすなど、”直感を信じて楽しんでみたい”、そんな気持ちにさせてくれる。

B3346427fda31dbf703dfa05d8c3b3c396a30fb5297454feadfa582cbe034d9f710bd68faeab1854

佐渡保存はこの他にも、「レッドトマトとコリアンダー」「キャラメルフィグ」「ナスノビネガーチャツネ」「チェリーサングリア」「スウィートオニオンスパイス」など、どれも佐渡の名産にひと工夫を加えてオリジナルの味わいを実現している。

これからも季節ごとの旬を使ってベストマッチが続いていく予定だそう。次の新作は一体どんな組み合わせだろうか?

9058cc6b21765c37230f3f2a83d1fe9c3ba8d33b

都会で感じる
「佐渡」

54aaec03ccc78e7f522cd008d742a796a91b7905

佐渡保存の販売は現在、ネット通販のほか、週末を中心に都内で行われているマルシェなどに出店している。

またこの秋からは、佐渡保存を使った料理を実際に味わえるポップアップレストランを開始。初回開催時は「スイートオニオンスパイス」を使ったジャーマンポテトや、「ナスノビネガーチャツネ」を使ったエスニックな漬け物などが大好評だった。特に「佐渡保存」の新しい活用方法を探していた人には大きなヒントがたくさんあったようだ。ポップアップは不定期開催となるためSNSなどでチェックしてみよう。

佐渡島に行ったことある人もない人も、まずは持ち運べる手軽な佐渡の恵みを手にしてみてはいかがだろうか。

取材・写真協力:佐渡保存
新潟県、佐渡島(さどがしま)。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。し...
新潟県の佐渡島は「史跡 佐渡金銀山」で知られていますが、実は産業遺産も充実しています。しかも歩いて行ける範囲内に集中しているので、巡りやすいことも大きな魅...
住人数たった17名の限界集落に、なんと100名以上を集めるというイベントを企画し、見事に大成功させた人たちがいる。なぜそんな企画をしたのか、成功の秘訣はな...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
シンプルで飽きのこないデザインが魅力の琺瑯(ほうろう)。料理家のみならずスタイリストからも愛好され、セレクトショップの棚を飾るこの調理器具の本当の魅力を知...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
秋の味覚きのこ、その多くがこの時期に旬を迎えます。できるだけ新鮮に、長く旬のキノコをたのしむならば、冷凍保存がオススメ。冷凍することで「風味が悪くなる」な...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
鹿児島県の小さな離島、上甑島(かみこしきじま)。さまざまなテレビの撮影地としても話題に上がることが多いこの島は、四方を海に囲まれていて漁業が盛ん。そして秋...
島の約9割を日本最大のジャングルが占めるなど、豊かな自然が魅力の西表島。「星野リゾート リゾナーレ西表島」には、そんな非日常のジャングルリゾートを遊び尽く...
日本のどこかで数日だけオープンする、今注目の幻の野外レストラン「DINING OUT(ダイニングアウト)」。過去には、佐賀県の有田や新潟県の佐渡で大きな成...
国内屈指の人気リゾート「竹富島」の、穏やかなイメージを覆すような祭り。その名は、種子取祭(タナドゥイ)。別名「不眠不休祭り」とも呼ばれる祭りの実態とそこに...