「好き」が町の役に立ったとき、素敵な連鎖が始まった。

こんにちは。クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」でローカルフードを担当している菅本香菜です。副業では、旅するおむすび屋さん「むすんでひらいて」として活動しています。

今回はおむすび屋さんの相方、さくらちゃんのところにやって来たインターン生のお話です。

「好き」を通して
街が少し華やかになる

B31fbfb292d27546236b1028f8a1ac970d1ec0d0

「今度、茨城から内野町にインターン生が来るんだよね。どんな仕事をするかは決まってないんだけど」

さくらちゃんからそんな話を聞いたとき、内野町に新しい風が吹きこんでくるような気がしてなんだかワクワクしました。

それからすぐに新潟市の内野町を訪れて、インターン生のタカヤちゃんと会うことができました。すでに1週間を内野町で過ごした彼女は、とてもイキイキしていました。

内野町でどんな挑戦をしているのか聞いてみると

「町中で絵を描いてます。お店の看板を描いたり、チラシを作ったり…」

どこか特定のお店だけに貢献するのではなく、町中のお店で、大好きな絵を描くことを通して貢献しているんだとか。

「自分が好きなことと、自分がこの町のためにできることを町歩きをしながら考えました。そして、まずは気に入った場所やモノの絵を描いて町の人に渡すということを始めたんです。そしたら、看板やチラシなど町の人から描いて欲しいものを伝えてもらえるようになって。仕事をしたお返しに、メニュー看板に描いたごはんを実際に食べさせてもらったり、夕ご飯のおすそ分けをいただいたり、新潟を案内していただいたりしました」 

C308790a79b0c04e4a0be5d2f11c564c698798ba

自分の”好き”が町の役に立つとさらに町と繋がり、町の人に喜ばれ、町が好きになる。そんな素敵な連鎖が、タカヤちゃんも、そして内野町もイキイキさせているように感じました。

奇抜なことをしなくても、誰もが持っているような身近な”好き”を通して、町は少し華やかになるようです。

Bfedf10f126a21a6817579ccf5b6355300d39736

私たち、旅するおむすび屋さん「むすんでひらいて」も、新潟での限定出店でタカヤちゃんに看板とメニュー表を描いてもらいました。おむすび屋さんの活動で大切にしたいことや、好きな色などをヒアリングしてくれて、楽しそうに看板で表現してくれたのです。

(お返しは、販売していたおむすび全種類!)

好きなことを表現する場所として
町というフィールドを渡す

1ヶ月のインターン期間を終えて茨城に戻った彼女に話を聞いてみると「毎日って奇跡なんだなって、初めて思いました」と、気持ちを込めて伝えてくれました。

「これまで、大学生活やバイトに追われて、自分の”好き”に向き合えていなかったし、向き合おうとしていなかったんだってわかりました。だんだん自分のなかで好きなことが”無駄なこと”と、思ってしまうようになっていたんだと思います。でも、内野に行って自分が好きなことを通して町に何ができるかを考えたことで、毎日を”好き”で溢れさせることってできるんだなって気づいたんです。好きなことで活躍できる分、町のことも大好きになりました。最近は、内野が恋しくて内野に帰りたいとさえ思います!」

彼女にとって内野は、もう「帰る場所」になっていました。

4b31393d5c71fb28422a21ec12eb33404098779b

とくに観光地のような派手さもない、リノベーションしたおしゃれなカフェが立ち並ぶということでもない、街中から少し外れた場所にある町、内野町。

全国各地を巡っていると、内野町のような町はたくさんあります。そういう地域に行くたびによく聞くのは「ここは何もないから、来てもつまらないよ」という言葉。

でも、若者と地域がつながると、これまで町の人も気がつかなかった魅力を見つけてくれたり、その町を大好きになってくれたりすることがあります。

「好きなことを表現する場所として、町というフィールドを渡す」というインターンシップは、そのひとつのきっかけになるのだと感じた出来事でした。

今日も、内野町ではタカヤちゃんの絵が町中で活躍しています。あなたの”好き”も、旅させてみればどこかの町を少し華やかにするのかもしれません。

みなさん、こんにちは!「CAMPFIRE×LOCAL」の菅本香菜です。副業では旅するおむすび屋さん「むすんでひらいて」としても活動しています。”シャッター...
徳島県神山町で移住者に「お父さん」と呼ばれて親しまれている岩丸さんです。移住者が多いことで知られるようになった神山町ですが、そこにはきっと何か特別な努力が...
埼玉県・小川町は、おいしさとやさしさが溢れる町だ。オーガニックでおいしい食べ物は、僕たちの心を体を満たしてくれるし、地球にとってやさしい、ということも大切...
こんにちは。クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」でローカルフードを担当している菅本香菜です。副業では、旅するおむすび屋「むすんでひら...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
「おむすび」と聞いて、頭に思い浮かべるイメージは人それぞれかもしれません。塩むすび? 海苔はついてる? 具材は? 俵型? 三角?日本人にとってのソフルフー...
青い空と、青い海。でも、いわゆるリゾート観光地ではなく、漁業を暮らしの中心に置いた、営みの美しさが残る島。早朝に帰ってくる漁船、漁港でじゃれ合う猫、畑仕事...
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
「生産者がこだわりを持って育てた地域の伝統的な食材を、シェフが素材の味を活かして料理しました」そんな言葉を聞いたとき、あなたはどんな食事を思い浮かべますか...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
北海道厚真町で、農家の跡取りとして原木しいたけを栽培する堀田昌意さんにインタビュー。PR方法を工夫したり、販売ルートを変更して販売量を確保するなど、経営に...
「INDUSTRIAL JP」というプロジェクトがある。日本の町工場をレーベル化する計画だ。つまり、工場内に繰り返し鳴り響く機械音を再編集し、映像と掛け合...
「地名に関する本はあるのに、住所に関する本はない…ならば住所の適切なガイド本を作りたい!」そう思い立ち「住所の仕組み」についてまとめた本を手がけた、フリー...
日本郵便から10月24日に発売されるおむすびデザインの切手が、女性の間で密かな話題になっている。ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」について、その社会...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
日本最大のモザイクタイルの生産地として盛り上がりを見せる、岐阜県多治見市笠原町。ここで『幸せなお家』と呼ばれる建物再生プロジェクトが始まった。