時刻表もなければ、行き先も不明。新潟・佐渡島の「夜のバスツアー」

人は、どうしてこうも怪しさや謎めいたものに惹かれるのだろうか。

わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツアーだ。

暗闇なうえに
行き先も不明のバスツアー

©2018 KIRINZI.inc / 島 隆志
ツアーのときだけ出現する「ようま観光」のバス停

夜7時、佐渡の両津港。いつもは何もないところに、いい感じにサビ付いたバス停が突然出現する。海に囲まれた離島の港をこんなディティールに込めて演出するとは。

当初はどんな物好きが参加しているのかと思っていたけど、私自身もバスに乗る前から期待の高まりを抑えられなくなった。

©2018 KIRINZI.inc / 島 隆志

出発時間のアナウンスと共にバスが到着。

昭和を感じさせる古い車体、パープルの光を帯び、ドライアイスで煙った車内、クラシカルなコスチュームのバスガイドさんが登場し、ツアー参加者たちの好奇心はどんどん高まっていく。

出発した車中では、通常のバスツアーのように佐渡に関することがアナウンスされた。佐渡は文化や芸能の歴史が古く、昔から言い伝えられている伝承民話だけでも1200は存在しており、このツアーではそうした佐渡の魅力を体感できるという。

第1目的地で
佐渡の伝統に触れる

©2018 KIRINZI.inc / 島 隆志

着いた先は明るい光を帯びた建物。潮の匂いと風が感じられることから水辺であることがわかる。参加者たちが席に着くと、さきほどのバスガイドさんから説明があり、このあと伝統的な横笛の演奏、そして語り部による民話を聞く体験の時間となった。

海の夜風を背景にして、しみじみと集中して聞く横笛。演奏家の息遣いや、音に込めた気持ちが会場に満ちていく。いつも耳にするリズムとは違い、シンプルな木の楽器から放たれた音色は全身に染み込むように迫る。

©2018 KIRINZI.inc / 島 隆志

続いて、先ほど1200もあると教わったばかりの島の民話のうち、ひとつの悲恋の物語を聞く。たったひとりの語り部が登場人物の個性を見事に表現し、それぞれの感情がとてもリアルに伝わってくる。

主人公の喜怒哀楽に自分の感情を重ね、あっという間にストーリーに引き込まれた。しかも、民話の舞台になったまさにその場所まで来て聞いているのだから、臨場感のあるエンターテイメントだ。

民話の世界と現実世界を
行き来する

©2018 KIRINZI.inc / 島 隆志

笛と民話によって、まるで佐渡を舞台にしたパラレルワールドに入りこんだようだった。しかし先ほどの民話にまつわる別の場所へ移動し、今度は踊りと民謡という別の演出が迎えてくれたことで、少しずつ現実世界に戻ってくることができた。

ここでは、見学をしながら佐渡の名産品を頰張ることもできた。すっかり民話の世界観に感情移入していた気持ちが落ち着いてきたら、平和にバスツアー参加中である自分を思い出して少しホッとした。

まわりを見渡すと、ほかの参加者たちも穏やかな笑顔で見学している人が多かった。

「ようま」とは一体…

©2018 KIRINZI.inc / 島 隆志

現在このバスツアーの開催は不定期だが、開催のたびに行き先やコースが変更される。それだけ佐渡の魅力が幅広いということだろう。次回が気になる人は「ようま観光バスツアー」をチェック。

ちなみに「ようま」とは、佐渡の方言で「夜」を意味する言葉。ネオンやデジタルサイネージが存在しない離島の夜は、目が慣れるまでしっかりと暗い。「妖魔」を楽しむことができるのだ。

Top image: © 2018 KIRINZI.inc / 島 隆志

そこにある、それがいい。TABI LABOの国内トピック『JAPAN LOCAL』をまとめて見るならコチラ

新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
新潟県佐渡島は、本州から船で渡る離島でありながら、東京23区に勝る大きさを誇り、人口約6万人が暮らす。この島で、IターンやUターンを希望してやってくる人た...
新潟県、佐渡島(さどがしま)。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。し...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
住人数たった17名の限界集落に、なんと100名以上を集めるというイベントを企画し、見事に大成功させた人たちがいる。なぜそんな企画をしたのか、成功の秘訣はな...
新潟県の佐渡島は「史跡 佐渡金銀山」で知られていますが、実は産業遺産も充実しています。しかも歩いて行ける範囲内に集中しているので、巡りやすいことも大きな魅...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
いま、NYで最も注目を集める観光バス「THE RIDE」を知っていますか?“動くミニシアター”とも形容される、この街ならではのエンターテインメントが、乗客...
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
PASCAL MARIE DESMARAISのデザイナーとして活躍するマリエが、「ファッション」をテーマにツアーバスで全国をめぐった『ALREADY FA...
新潟市の広大な田園風景を抜けると、鬱蒼とした森にひっそりと佇む建物に出くわします。周りの景色に溶け込むデザインはまるで美術館のようでもあり、海外でも注目さ...