試される島、沖縄の「西表島」でナーラの滝を目指す

沖縄・西表島の道路は、途中で開発が中止になってしまったことで、島の半分しか周遊できない。また、島の内地はジャングルに閉ざされている。ある集落は、途中で止まってしまった道路の先にあったため、今でも船で渡らないと到達できない。

道路がないと、どうなるか。

内地のジャングルは、ほとんどが未開の土地として手つかずのままになるのだ。かつて石炭を掘り起こそうとしたこともあり、強制労働の歴史がある西表島だが、マラリアの猛威に開発を断念された。本州であれば大抵どこにでも道があり、物流のために拓かれている。それが存在しないのが「西表島」だ。

西表島の秘境
「ナーラの滝」へ

何らかの理由をもって作られたルートは存在する。これらを探って、トレッキングに出かけるのが西表島のメジャーな楽しみ方。

今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオススメだが、とかく人が多いし、ナーラの滝のルートのほうが手応えがある。

日本のどの土地とも違う
西表島トレッキング

沖縄県最大の川である浦内川をボートでクルージングして、トレッキングルートの入り口へ入る。日本の普通の河川とは、まるで違う風景が左右に広がる。マングローブのせいだ。

マングローブたちは生存競争のなかで追いやられた植物だ、とガイドは教えてくれた。

「生存競争のなかで、育てる場所を失っていったマングローブは、だんだんと潮に耐えられる耐性を身につけていったのです。今でもマングローブの種によって耐性が異なるので、川をさかのぼるとマングローブの種が変わっていきます。この8kmの間に、マングローブが3種変わり、そのうち見えなくなりますよ」

真水に近くなっていくうちに、左右はアダンという植物の森に変わった。素肌で触れると深い傷になるほど鋭いトゲを持つ、厄介なやつらだ。

マングローブのメジャーな一種である「オヒルギ」。最も塩に弱いタイプで、上流に生息する。子どもを連れていくと「迫ってくるみたい」と泣き出してしまうこともあるという。

仕事柄、山に入ることが多い僕は、自慢のゴローのトレッキングブーツを持っていったのだけど、ガイドには出発前に「それではダメです。フェルトブーツに履き替えてください」と諫められた。

その意味が、トレッキングルートを歩いているとすぐにわかる。とにかく特殊なルートで、土を踏みしめるというよりも、滑る岩や木の根を越えていく。フェルトブーツはそういうスリッピーな路面に食いつくのだ。

そもそも、木の根が本州のものとはまったく違う。「板根」と呼ばれる板状の根が、ルートにびっしり生えている。

「木にはできるだけ触らないようにしてください。この島にはヤマンギという毛虫がたくさんいるんですが、こいつらはハブより強力な毒をもっています」

つまり、木は避けていくほうがいい。足の運び方がすごく難しい上に、砂岩の沢をいくつも乗り越えていかなければいけない。

たとえばこちらは、猛毒を持ったヤマンギ(画面中央)だ。見つけられるだろうか、この自然の罠を……。

時間にしてたったの30分程度だったが、濃密だった。

眼前に現れたナーラの滝はすごくキレイで、滝つぼに飛び込んだらとっても気持ちよさそうだ。

カヤックで港へ

往復で1時間のトレッキングを終えて、ツアーのサービスに含まれるお弁当を平らげると、ここからはカヤックの出番だ。

約8kmをゆるやかに下る。時間にしておおよそ2時間でこの日はベストコンディションだったけど、漕ぎ慣れていない僕の腕はパンパンになってしまった。

「修学旅行でいらっしゃる人も多いのですが、女生徒さんは力尽きて漕げなくなってしまうこともあります。雨や向かい風があると、さらに過酷になりますよ」

と、ガイドさん。ともあれ、アマゾンのような川から海までカヤックで漂うルートは、最高に気持ちが良い。

川を1時間ばかりくだっていくと、ガイドさんから「おもしろいものが見れる場所で休憩しましょう」と提案された。

川と浅瀬の狭間にいる軍隊が見えるだろうか?

通称グンタイガニ、正式名称ミナミコメツキガニだ。

戻りの時間は干潮なのだが、干潮時にしか出てこないという。天敵から身を守るために、ちょっとした震動を感じると砂に潜ってしまう。じっとしていると、カニたちがプランクトンを食べている音が聞こえてくる。

西表島は、静かではない。生き物たちの音が、いつも聞こえてくる。

ただ歩いていても、ただカヤックを漕いでいても、飽きることがない。このままずっと漕いでいたいと思いながらも、あっという間に2時間30分の海の旅が終わってしまった。

星なのか雲なのか
わからないくらいの
西表島の星空

西表島は、星を見る場所としても素晴らしい。イリオモテヤマネコを守るため、道路の街灯はほとんどなく、夜は漆黒の闇になる。晴れた日に空を見上げると、とんでもない数の星が頭上を埋め尽くしている。天の川を見失うほどだ。

 

ホテルニラカナイ西表島」では、星を見るアクティビティも用意されていて、参加するとウナリ崎へ連れて行ってくれる。レジャーシートを借りれば、寝っ転がりながら思い切り堪能できるわけだ。本州よりも南に位置していることから、ウミヘビ座がはっきり確認できたりと、天体マニアを唸らせる西表島ならではの楽しみもある。もちろん詳しくなくても、ガイドがちゃんと教えてくれる。

 

正直なところ、家族持ちの僕としては、5歳の息子をつれてアクティビティに参加しようとは思えない。かなりキツイし、触ったらダメ、食べたら死ぬ、という植物が山ほどある。ふざけて口にくわえたりしたら大変だ。

でも、アウトドア好きな友人には思い切り自慢してやろうと思う。こんなミステリアスなアドベンチャー、そうそう転がっていないのだから。

ホテルニラカナイ西表島

住所:沖縄県八重山郡竹富町上原2-2
TEL:0980-85-7111

Photo by 稲垣正倫
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
島の約9割を日本最大のジャングルが占めるなど、豊かな自然が魅力の西表島。「星野リゾート リゾナーレ西表島」には、そんな非日常のジャングルリゾートを遊び尽く...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
国内屈指の人気リゾート「竹富島」の、穏やかなイメージを覆すような祭り。その名は、種子取祭(タナドゥイ)。別名「不眠不休祭り」とも呼ばれる祭りの実態とそこに...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
ここは、極東最大のアメリカ空軍基地・嘉手納飛行場を有する本島の中部エリア。大型施設が立ち並ぶ海岸線とは対照的に、58号線を挟んだ陸側は、緑が豊かな落ち着い...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...