「軽い機材」にこだわる、ネイチャーフォトグラファー

登山家よりも、重い機材を運びながら仕事をするカメラマンのほうが過酷なのではないか…そんな話を1度や2度は聞いたことがあるはず。

プロの使う機材は、一眼レフでも重量のあるプロ向け、レンズも明るさを確保するために大きくなってしまうのが常だった。

しかし、この常識は崩れつつある。

「三脚は使わない」

8978f10f94d8704773708b88752e79325a215882

そう教えてくれたのは、新進気鋭のネイチャーフォトグラファー、柏倉陽介氏。

「昔は、暗い場所でシャッタースピードを遅くする必要があって、自然を撮るときに三脚は必須でした。今はカメラの進化によって、暗くてもあまりシャッタースピードを遅くしなくてもいい上に、手ぶれ補正が強力になっています」

今でも、写真を撮るために意気込んで、常に三脚を立てて撮影に臨む人が多く見られるが、写真家やカメラマンの動く姿を見てみれば、きっと三脚を手にしていないことに気づくだろう。ネイチャーフォトに限らず、三脚を立てる手間と時間をフットワークに使うことで、作品のクオリティやバラエティが上がることは多い。

もちろん、星空を撮影するときなど、三脚を使わなければいけない写真もある。

「今でも三脚は持ち歩きますが、昔のように巨大なものは不要になりましたね」

E499d829ce366065cae14db609ea71891748bbfe

ミラーレスの進化は
とどまるところを知らない

三脚が小型化した背景には、そもそもカメラ自体の進化がある。

「使用しているのは、4,240万画素の35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラです。従来のハイエンドクラスの一眼レフに比べると重さは半分ですね。カメラが小さくなったので、三脚もコンパクト&軽量になりました」

と柏倉氏。

ミラーレス一眼は、どうしてもファインダーで被写体そのものを見ることができず、液晶画面を通して被写体を見ることになる。ピントがわかりづらいことや、液晶画面に映るタイムラグがあることなど多くの懸念があり、これまではプロ用としては程遠い機材だった。しかし、この数年で飛躍的に解決された。

今では、これまで不可能と言われてきたプロの使用に耐えうるスポーツ向けミラーレスが存在するほどだ。

A63085862a6f4ed35b818e545001000e5ea59d0a

機材がコンパクトなら、活動範囲がぐっと拡がるのだ。

少し操作が難しくなる程度で、カメラはいい機材を使うに越したことはない…というのが定説だが、機材のコンパクト化によって、その考え方すら変わりつつある。

「今までは30〜35kgくらいの荷物を背負っていました。望遠ズーム、マクロ、標準ズーム、単焦点、でかい三脚、テント、マット、ガスバーナー。今は、カメラ機材がコンパクトになりテントも軽くなったので、食糧のスペースを確保できるようになりました。パッキングの大きさも小さくなって80Lが40Lになりましたね」

 

これらのインタビューは、ドキュメンタリーTVの「ナショナル ジオグラフィック」が“ドキュメンタリーを体験する”をコンセプトに主催する「ナショジオ ツアー」の第1弾「ネイチャーフォトグラファー柏倉陽介と行く『西表島写真の旅』with ソニーα」に同行し際、実施したもの。

自然に分け入り撮影をおこなうネイチャーフォトの世界で、行動範囲が広まり、場合によっては持ち歩ける食料が多くなったことで日程にも余裕が出る。

機材の制約から解き放たれた写真家が残すものは、今までの世代とは違ってくるはずだ。

「ナショナル ジオグラフィック」は、空中都市マチュピチュ(1911年)や沈没したタイタニック号の発見(1985年)など、歴史に残る数多くの実績を有するナショナル ジオグラフィック協会を母体とし、あらゆる領域の“未知”へ挑み、次世代の“知”へと変えていく世界最高峰のドキュメンタリーTV。事実に基づき、エンターテイメント性を兼ね備えたコンテンツを創造し、より多くの人の知的好奇心を刺激し続ける。

ドキュメンタリーTVの「ナショナル ジオグラフィック」が“ドキュメンタリーを体験する”をコンセプトに主催する「ナショジオ ツアー」の第1弾「ネイチャーフォ...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
今回、紹介するのは、ナショジオ主催の「ナショナルジオグラフィック・ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」からの2017年度の入賞作。今年のグラン...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
現在、東京ドームシティのGallery Aamo(ギャラリーアーモ)において開催されているのは、「天野尚 NATURE AQUARIUM展」だ。果たして、...
島の約9割を日本最大のジャングルが占めるなど、豊かな自然が魅力の西表島。「星野リゾート リゾナーレ西表島」には、そんな非日常のジャングルリゾートを遊び尽く...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
『National Geographic(ナショナルジオグラフィック)』は、アメリカに本部を置く非営利団体「ナショナルジオグラフィック協会」の公式雑誌とし...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
フォトグラファーのThomas Biziourasさんが撮影した石橋のほとんどは、グレヴェナ県にあるものだそう。同県にはこのような橋が18本以上も存在して...
撮影機材はスマホ、加工も必要最小限。なのに、構図のセンスや工夫がキラリと光る作品ばかり。これ、本当に全部スマホで撮ったの?アルジェリア出身19歳のMoun...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
国内屈指の人気リゾート「竹富島」の、穏やかなイメージを覆すような祭り。その名は、種子取祭(タナドゥイ)。別名「不眠不休祭り」とも呼ばれる祭りの実態とそこに...