冒険好きなフォトグラファーが「もっと早く行けば良かった」と、西表島

古来にはマラリアが猛威を振るい、琉球王朝時代には何度も移民に失敗。食すれば死を招く植物も多く存在する。亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。

島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で、そこにある。

たとえば、島の横断は冒険ビギナーにうってつけだし、大学の冒険部にとっての西表島はいわば登竜門とも言える。今回はネイチャーフォトグラファー柏倉陽介氏と共に周るツアーを通し、イージーに、でも十分な満足感がある「写真欲を満たす旅」に出かけてみよう。

どこまで行っても
マングローブに囲まれる

960034a8a5144b5489462ad887705d5c93eb5ef8

西表島は日本で唯一、7種のマングローブが生息する土地だ。湿地に根をはりこむ姿は、ファンタジーの「トレント」。走り出しそうな異形の者がならぶマングローブの森は、おいしく凶暴なヤシガ二の生息地でもある。

Dfaa73aa7acd4fab9d814ffde1fc0c40d66bb840

マングローブは海に面した湿地に生息する木。だから、その美しい姿を撮影するには、干潟を延々と歩く必要がある。水面の美しさは、西表島の特徴だ。

マングローブがきれいに映り込む海面を楽しみたい。

892e12cad6b823d903a8361dc5174a73785cfd1a

呼吸のための根を出しながら生きるマングローブの森は、この呼吸根のおかげでいろんな動物・植物が生息する複雑な生態系…ざっくり言うと、ジャングルになる。

Aded95a35bc639e83173ea08d51fdf49b58eeb4b

ゆえに、その実態は「人を寄せ付けない迷いの森」だ。

柏倉氏のネイチャーフォトツアーでも、幾度となくマングローブの鬱蒼とした森に足を踏み入れる機会がある。そのたびに、さらにさらに奥へ行きたくなる欲をかき立てられる。

でも、ツアーではほんのその入り口まで。さらに秘境へ行きたければ、アドベンチャーの経験値が必要だ。

美しい
テクスチャが誘う

92d1a2810e916d2215190f14e3b13ee3cfc672c3Cc93b4e4d056533b3ffb10360bfa593c9ce7dada

湿地帯がほとんどを占める西表島は、緑に恵まれ、水面に様々な模様が映し出される。ダイナミックな滝や、ジャングルもいいけれど、マクロの世界が写真好きを誘う。

珊瑚礁にしきつめられた海面も、美しさを放つ西表島テクスチャのひとつ。

海底の文様が、凪いだ海の水面にあやしくきらめく姿は、もしかすると珊瑚礁の島へ上陸するときよりも感動的だったかもしれない。

040a2b2d027d253961f7b928da5ecf8a8bca38cfFc5ea9951a008a3175cd866216d404171a27b495

干潮のタイミングがあってはじめて「陸地」が現れる珊瑚礁で出来た島、バラス島。南の島よろしく、どこまでも青緑の海が続く西表近海にある。

周囲はダイビングスポットで、海中の景色は遙かに海上を上回る。写真奥に、白い沈んだ道が見えるだろうか。

Dc7d1abd9bb1ce9bc94d1fccecfe3c8f74473c93

こんな小さな島に、渡り鳥が集まる幻想世界。絶滅危惧種のエリグロアジサシだ。この付近にはホオジロザメも回遊するという。

知られざる
鍾乳洞へ

96fe02d10edab5078f870c576351e3a236769992

自然の宝庫である西表島には、まだまだ隠された秘境があり、それらの数々には名前すら無い。道路脇からアクセスできるこの鍾乳洞も、そのひとつだ。

なかに入るまでに、幾多の鋭い刃を持つ植物「アダン」を乗り越える必要があるけれど、おおよそ20分もトレッキングすればたどり着くことができる。

2bb7a2ffd5f0576ffa9611766bdc378f2d6de66a

出会えるのは、ジャングルの中にある洞穴。

どの方向にレンズを向けても絵になるこの場所は、カメラ好きにはたまらない。

B3a8346c190acca791f5f75bf305952249fbc6ce

これらの写真は、ドキュメンタリーTVの「ナショナル ジオグラフィック」が“ドキュメンタリーを体験する”をコンセプトに主催する「ナショジオ ツアー」の第1弾「ネイチャーフォトグラファー柏倉陽介と行く『西表島写真の旅』with ソニーα」に同行し、撮影したもの。

大学の探検部から始まったという柏倉氏の「自然に挑む撮影スタイル」を少しでも共有体験できたとあって、多くの参加者が筋肉痛に喘いだ。

「ナショナル ジオグラフィック」は、空中都市マチュピチュ(1911年)や沈没したタイタニック号の発見(1985年)など、歴史に残る数多くの実績を有するナショナル ジオグラフィック協会を母体とし、あらゆる領域の“未知”へ挑み、次世代の“知”へと変えていく世界最高峰のドキュメンタリーTV。事実に基づき、エンターテイメント性を兼ね備えたコンテンツを創造し、より多くの人の知的好奇心を刺激し続ける。

Photo by 稲垣正倫
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
ドキュメンタリーTVの「ナショナル ジオグラフィック」が“ドキュメンタリーを体験する”をコンセプトに主催する「ナショジオ ツアー」の第1弾「ネイチャーフォ...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
登山家よりも、重い機材を運びながら仕事をするカメラマンのほうが過酷なのではないか…そんな話を1度や2度は聞いたことがあるはず。プロの使う機材は、一眼レフで...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。
島の約9割を日本最大のジャングルが占めるなど、豊かな自然が魅力の西表島。「星野リゾート リゾナーレ西表島」には、そんな非日常のジャングルリゾートを遊び尽く...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
国内屈指の人気リゾート「竹富島」の、穏やかなイメージを覆すような祭り。その名は、種子取祭(タナドゥイ)。別名「不眠不休祭り」とも呼ばれる祭りの実態とそこに...
今回、紹介するのは、ナショジオ主催の「ナショナルジオグラフィック・ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」からの2017年度の入賞作。今年のグラン...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
ハワイ島と言えば大自然。そこには海も山も火山もあり、一度は訪れてみたいと願う人は多いのではないか。特に、止まることなく流れる溶岩。Erez Maromさん...
中国のハワイとして開発が進むビーチリゾート「海南島」は、中国最南端に位置する。島の大きさは九州ほどで、島南部は熱帯気候に属する。この島がハワイと言われるゆ...