「なんとかして旅を仕事にしてやるわ」。NYのトラベルブロガー、JESSIEの話

今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のことではありません。

ニューヨークで人気のブログ「Tracy's New York Life」でインタビューを受けていたのは、これまたNY在住のブロガー、ジェシー・フェスタ。やりたいこと(彼女にとては、旅)を仕事として実現させた、希有なひとりです。

思ったより激務!
「旅ブログ」運営のウラ側

「大学在籍中にヨーロッパ、南アメリカ、東南アジアなんかでバックパッカーをしていたんだけど、卒業後は修士号を活かせる“普通の仕事”に就くと思っていたみたい。でも9〜17時の仕事をして休日だけ旅行を楽しむ、なんていう生活には我慢できなかったの。

だから、なんとかして『旅行を仕事にできないか』って調べ始めたわ」

(ナミビアにて)

「まず、充分な収入になるまで、精力的にブログを更新し続けたわ」と、ジェシー。一番大事だったのは、タイムマネジメントだったそうです。

「一人じゃ絶対無理だったわ。ビジネス成功の秘訣は、助けを求めることを厭わないこと。私には、アシスタント、食べ歩きとカルチャーを担当する作家、エンジニア、バックアップツアーガイドがいるの。もちろん、ソーシャルメディアをまとめて管理・分析するツールなんかも使っているわ。リマインダーは紙のカレンダーとグーグルカレンダーで管理、TODOリストはポストイットでね」

そんなジェシーのお気に入りは「竹富島」

彼女がとくにオススメしている地域のひとつが「沖縄」。さらに言うと、さすがトラベルブロガーだけあって、離島の「竹富島」がお気に入りだとか。彼女のブログにはこう紹介されています。

「日本の文化はしっかりと保存されていて、とても素晴らしいと思う。なかでも、少ない人口、赤い屋根瓦、平屋建ての家、狭さ、サンゴの砂の道、サンゴが並ぶヤードとローカルな食事で健康的な生活を送れる竹富島が大好きだわ。

この島の住民は、世界最古のライフスタイルを送っていると言われていて、それが健康や長寿の秘訣だそうよ!」

珊瑚礁に囲まれた竹富島は、石垣島から高速フェリーで10分。竹富島憲章では、新築でも赤い瓦を使うようにと指定されているとのこと。

(スロベニアにて) 

(ニカラグラにて)

ジェシーは、自身のサイトで「トラベルブロガーになる方法」や「ニューヨーク暮らしの写真」など様々なコンテンツを配信中。

自分の好きなことを本気でやれば、仕事になる。こんな人生もありでしょ?

Licensed material used with permission by Tracy's NewYork Life
旅には、人生が凝縮されています。
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
半永久的に使えるハイエンドボトル「比類なき水筒」が、応援購入サービス「Makuake」で9月29日まで販売中。
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
大切な家族の一員である犬や猫を、食と住でサポート!
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
トラベルギアブランド「TO&FRO」が本日正午に新たに発売した「ADJUST COMFORTABLE MASK」。
住んでいる場所とIQの関係についての研究によると、緑が少ないところで育つと平均で約4%もIQが低いことがわかった。
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
『地球の歩き方』から大人の男のためのひとり旅ガイドの第2弾が発売!「より手軽に始められるアジア」と「旅人の心を浮き立たさせる・世界一周」の2冊を相棒に旅に...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
直感を頼りに、<ホストから旅人、そして神主>の道を歩んで「自由奔放と言われることも多いけれど、紆余曲折の連続だった」と言う玉置 彰彦さんが、人生に迷いを抱...