「自由に旅するために努力をしたんだ」。2年間で50ヶ国を回った、21歳の旅人

「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の旅の手段は、いたってシンプル。大学在学中、世界中にコネクションをつくり、その交友関係をうまく使いながら、お金と時間に限りはあれど、2年間でなんと50ヶ国を回ったと言います。

旅するためには、努力を惜しまない。

米・カリフォルニア州で育った彼が初めて海外へ行ったのは、家族旅行でのメキシコでした。でも彼の人生を大きく決定づけたのは、16歳のときに修学旅行で行ったイタリアでの経験だったそうです。そこで旅の面白さにどっぷりとハマったのでした。

驚くべきは、その後の彼の行動。猛勉強の末、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)を2年で卒業し、その間もたくさんの国を訪れました。しかし彼は、ただ多くの国を旅しただけではありません。

旅先で多くの友人を作り、また次の旅の足がかりとしたのです。彼は旅を実現するためにどんな努力も惜しまず、勉強し、計画を立て、コネクションを作りました。旅は彼の人生そのものなのです。

彼の鮮やかな冒険が記録されているInstagramには65千人を越えるフォロワーがいますが、彼もまた28万人ものフォローをしています。これこそが彼の努力の結果であり、財産なのです。

「死ぬ前にやっておきたかったことは、
もうほとんどできている」

エジプトでピラミッドに登ったり。

ベルリンではハロウィンパーティに参加。

こちらは中国の成都でパンダと。

オーストラリアのエアーズロック。

もちろん東京も。

最近ではオリンピックのあったリオも訪れています。

「苦しいことや、哀しい思い出もあったよ」

テロ事件のあとにはパリも訪問。

タイのパーティでは強盗に遭い、所持品をすべて奪われ、危うく命を落とすところだったことも。

「この経験を生かして
仕事をする準備ができているんだ」

グリーソンは、これらの旅を通して、自分自身の成長を実感しているそうです。「BUSINESS INSIDER」のインタビューによれば、

「僕が経験したことや、見てきた文化、出会った人々、良かったこと、悪かったこと、全部が今に繋がっているんだ。僕はこの年でこんなに楽しい体験ができたことに感謝しているよ」

さらに彼は、こう続けます。

「僕はいつも、何か新しいことにトライすべきだと思っているんだ。なにもしないなんて、もったいないよ。僕は自分自身の物語を綴っているつもりだよ。望むところはどこへだって行くさ」

21歳の彼のテーマは「常に行動的であり続けたい」ということ。死を感じさせるような恐ろしい経験も含めて、旅の素晴らしさを知ってしまった彼は、これからも世界中を旅し続けることでしょう。

Licensed material used with permission by W. Taylor Anthony
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
沢木耕太郎の『深夜特急』は、旅人たちのバイブルだ。インドのデリーからイギリスのロンドンまでバスのみで一人旅をする物語は、多くの人をバックパッカーの旅に駆り...
旅には、人生が凝縮されています。
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
「旅に行きたい」とぼやいているけど、ついつい言い訳ばかりしていない?仕事で重要な案件を抱えているから。バイトを休むと代わりがいないから。挙げたらきりがない...
旅については様々な学術的な研究も重ねてきたという、旅研究家のKathleen Peddicord氏。彼は30年以上に渡り60ヵ国以上を旅してきた、旅のエキ...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...