Airbnbが発表した「イタリアの古代集落」に泊まってみたい

ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。

そんなとき「Airbnb」を使えば、イタリアの古代集落に泊まれるそうです。

中世の街並みが
あなたを貴族にする

Photo by Airbnb

Photo by Airbnb

ここは、13世紀に作られたチヴィタ・ディ・バーニョレージョ(Civita di Bagnoregio)という集落。イタリアの公共建築物で初めて「Airbnb」に常時掲載されることになった物件だとか。

ちなみに、この崖の上の集落に通じる道は約300mの橋だけ。まるで、天空の城。

Photo by Airbnb

Photo by Airbnb

もちろん、部屋の中にも中世の雰囲気はそのまま残っていて、貴族の気分を味わえるはず。

となると、飲むのはイタリアワインで決まり。あえて古びたグラスを使うのも、雰囲気が出て楽しそう。

この物件、最大5名まで1泊300ユーロ(約35,000円)から予約可能。また、一定の条件を満たしたアーティストには1泊10ユーロ(約1,200円)で泊まれるという特典も。

さらに社会貢献も?

Photo by Airbnb

言い忘れてましたが、この集落の別名は「死にゆく街」。なんでも、ここは1980年に起きた大地震で多大なる被害を受け、今でも雨や風の影響で少しずつ衰退しているらしいのです。

そこで「Airbnb」から得られた全ての収益は、集落の文化保存、維持に使われるとのこと。

今度のバケーションは、イタリアの文化財を保存しつつ、中世の雰囲気を味わう一石二鳥な旅もアリかもしれません。

Licensed material used with permission by Airbnb
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
「Airbnb」のサバティカルプログラム、第2弾は海洋保全に取り組むNGOオーシャン・コンサーバンシーと共催する「南極研究の旅」。
Airbnbが遺伝子検査会社の「23andMe」とコラボして新たなサービス展開を発表。23andMeを介して得た自分のルーツについての結果から、Airbn...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
Airbnbと国際オリンピック委員会(IOC)が共同で新たな体験カテゴリ「オリンピアンによる体験」を提供開始する。
「Airbnb」の新しい体験カテゴリー「アニマル体験」のローンチに合わせ、KISSがホホジロザメのためにコンサートを開催!
人口が4,000人以下の集落に移り住んだ人には10年間税金を免除すると発表しました。
Airbnbが2016年11月にローンチした新サービス「トリップ」の一環として話題を集めている「体験」。宿泊だけではなく、旅そのものをユニークなものにする...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
11月11日、「Airbnb」はインド・ジャイプール市内にあるお城「シティパレス」の一室に泊まれるようになると発表した。ここはケネディ大統領夫人やチャール...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
「シチリアを見ずしてイタリアに行ったことがあるとは言えない。シチリアにこそ、すべてに対する鍵があるのだから」