Airbnbが発表した「イタリアの古代集落」に泊まってみたい

ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。

そんなとき「Airbnb」を使えば、イタリアの古代集落に泊まれるそうです。

中世の街並みが
あなたを貴族にする

Photo by Airbnb

Photo by Airbnb

ここは、13世紀に作られたチヴィタ・ディ・バーニョレージョ(Civita di Bagnoregio)という集落。イタリアの公共建築物で初めて「Airbnb」に常時掲載されることになった物件だとか。

ちなみに、この崖の上の集落に通じる道は約300mの橋だけ。まるで、天空の城。

Photo by Airbnb

Photo by Airbnb

もちろん、部屋の中にも中世の雰囲気はそのまま残っていて、貴族の気分を味わえるはず。

となると、飲むのはイタリアワインで決まり。あえて古びたグラスを使うのも、雰囲気が出て楽しそう。

この物件、最大5名まで1泊300ユーロ(約35,000円)から予約可能。また、一定の条件を満たしたアーティストには1泊10ユーロ(約1,200円)で泊まれるという特典も。

さらに社会貢献も?

Photo by Airbnb

言い忘れてましたが、この集落の別名は「死にゆく街」。なんでも、ここは1980年に起きた大地震で多大なる被害を受け、今でも雨や風の影響で少しずつ衰退しているらしいのです。

そこで「Airbnb」から得られた全ての収益は、集落の文化保存、維持に使われるとのこと。

今度のバケーションは、イタリアの文化財を保存しつつ、中世の雰囲気を味わう一石二鳥な旅もアリかもしれません。

Licensed material used with permission by Airbnb
他の記事を見る
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
世界最高と言われたコーヒーが浅草でノルウェー発の「フグレン」日本2号店Fuglen Asakusa〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目6-15htt...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
人口が4,000人以下の集落に移り住んだ人には10年間税金を免除すると発表しました。
Airbnbが2016年11月にローンチした新サービス「トリップ」の一環として話題を集めている「体験」。宿泊だけではなく、旅そのものをユニークなものにする...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
「シチリアを見ずしてイタリアに行ったことがあるとは言えない。シチリアにこそ、すべてに対する鍵があるのだから」
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
イタリアの「Acquetico」という村には約120人が暮らしていて、その一部の人が車のスピードの出し過ぎに対して不満を打ち明けたそう。ということで、試験...