旅するシェフの「世界のごちそう」を、自宅で楽しもう!

旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふかのバゲットを頬張りたければフランスへ行けばいい。と、こんなふうに。だけれど、そんな気軽に旅に出られないのも現実だろう。飛行機に乗らずとも、世界の味を楽しめたらどんなに素敵だろう。食いしんぼうとしては、そんなことをつい夢見てしまう。

みんなにも味わってもらいたい。
その想いが人をつないでいく。

神戸に、世界を旅しながら、その土地の味を覚え、帰国後、195か国の料理を作ったシェフがいる。自分が住んでいる国以外のごちそうを味わうことで、その土地を身近に感じてもらいたいと、食を通じた様々な活動に取り組んでいる本山尚義さんだ。

本山さんは33歳の時に世界の味を楽しめるレストラン『世界のごちそうパレルモ』をオープン。そこで、195か国の料理を2年かけて提供する「世界のごちそうアースマラソン」を開催した。旅先で味わった料理を日本でも食べられることや、現地に行かなくても旅行気分を味わえると、とても好評だった。

世界のごちそう、いただきます!

家庭でも気軽に世界の料理を味わってもらいたいと作られたのが『世界のごちそう博物館』だ。化学調味料は使わず、具材を大きめに切ってうま味を引き出すことで、できるだけ、お店と同じような味わいを楽しめるよう工夫を重ねた。パッケージの可愛らしいイラストは、もともとレストランの常連客であったイラストレーターによるもの。ひとつひとつ、本山さんの手によってパッキングされて、私たちの手元に届くのだ。

シリーズの第一弾で、今なお定番で人気があるのは、アメリカの煮込み料理、ガンボである。オクラ、玉ねぎ、トマト、鶏肉などからでるうま味がベースとなる、アメリカのスローフードだ。オクラは、アメリカが原産でかつては「ゴンボ」とも呼ばれていた。カレーライスのように、白いご飯の上にたっぷりかけていただくと、とっても美味しい。

世界の料理を食べること、世界に関心を持ち、その国の現状を知り、何かアクションをおこすこと。この想いは、レストランの厨房から『世界のごちそう博物館』のほか、執筆、講演活動まで広がっている。そして、現在、完成すれば、おそらく世界で初めての全世界のレシピ本となる、195か国のレシピ本を作るためのクラウドファンディングも始まった。

世界にはさまざまな国があり、人が住み、料理を作り、食べている。いつ、どこで、何を食べるのか。食材はどこで手に入れるのか。レシピや食材にはどんな歴史があるのか。こんなふうに、ひとつひとつに投げかけてみると、世界の料理を食べるということは、単におなかを満たしたり、美味しさを追求することではなく、その国の文化に直に触れることなのだと分かる。本山さんが覚えてきた世界の味は、そのまま、私たちの生きる知恵へとつながっていくのだ。

Licensed material used with permission by 世界のごちそう博物館, ライツ社
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
Agoraphobic Traveller(広場恐怖症を抱える旅人)と自称するJacqui Kennyは、驚くことにたくさんの旅行写真を自身のInstag...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
持ち運びやすい袋に洗濯板の機能を組み込むことができないか?というアイデアのもと、開発されたのが「Scrubba Wash Bag」です。
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
   窪咲子  Sakiko Kubo元雑誌編集者。初心者バックパッカーながら、女ひとり、世界一周の旅へ出発。ライターの仕事をしながら、1年8か月、50カ...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
〈FREITAG〉の新作「ZIPPELIN」は、意外にも初の海外旅行向けのバッグ。言うまでもなく、トラックの幌をリユースしているのですべて1点物です。
沢木耕太郎の『深夜特急』は、旅人たちのバイブルだ。インドのデリーからイギリスのロンドンまでバスのみで一人旅をする物語は、多くの人をバックパッカーの旅に駆り...
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...
本は、新しい知恵を与えてくれる。新しい一歩を踏み出す勇気をくれる。そして、旅に出るきっかけになり得ることだってある。今回紹介するのは、読んだら思わず旅に出...