世界中を旅をしながら年収1億円!あるブロガーの成功物語

ノマドワーカーと一口にいってもイメージは様々だ。中にはPCから離れられない!なんて悩みもありそうだが、彼の場合は飛び抜けている。米・メディア「Elite Daily」の記事で紹介されていたある男性を紹介しよう。

まさに夢のような旅人暮らしを実践しているのは、北アイルランド出身の男性Johnny Ward氏31歳。過去3年間で訪れた国の数は152カ国を突破、旅先で美しい女性と恋に落ち、しかもその間に稼いだ収入は100万ドル(1億円以上!)にも達するそうだ。

彼がInstagramに投稿している旅の様子は、ハッキリ言って羨ましいの一言!

 

#EasterIsland #selfie, #Chile #maui

Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

 

Having fun at the #saltflats in #uyuni, #bolivia #onestep4ward #livingthedream #southamerica

Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

Being a tourist in #JinLi old street in #Chengdu, #China before my 43 hour train to #lhasa, #tibet! Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

ブログがメディアへと成長
月収は750万円にUP!

彼は2006年に大学を卒業後、養護施設などで働いて貯めたお金でタイへと移住した。当初は英語教師として働こうと思っていたそうだが、しばらくするとトラベルブログ「OneStep4Ward」を開設。旅の経験を元に収入を得ようとした。

  

#sandboarding in #Florianopis, #Brazil #latergram #surfing #everycountryintheworld Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

 

#Waterfall in #stlucia with #jjstours, beautiful :) #caribbean

Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

 

その後、ブログサイトをメディアカンパニー「Step4Ward Media」へと成長させた彼は、今では月に9,000ドル(約110万円)から60,000ドル(約750万円)ほどの収入を得るようになったという。日給に換算すると935ドルほど(10万円)だそうだ。

The other side to my #lifestyledesign, working away at lunch #digitalnomad #argentina #livingthedream #onestep4ward Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

さらに、タイでフライトアテンダントとして働いていた美しい女性と交際を開始。なんてうらやましい!

  

彼の仕事は、デスクにかじりつく様なものではなくフレキシブルに動き続けること。いつも様々な国へと移動し、探検を続ける。

Continent 7/7 #Antarctica Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

 

  

動物と触れ合ったり。


カリブ海でクリフダイブを楽しんだり…。その他様々な場所を観光する。

  

Mount #Fitzroy, #Patagonia #argentina. #southamerica #flashpacking #backpacking Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

 

 

  Kissing a llama at #MachuPicchu, no big deal. #peru #travel #traveling #onestep4ward #llamas #punching   Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

#Lemurs in #Madagascar, #bucketlist stuff. Too #cute!! #everycountryintheworld #wildlife #livingthedream

Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

もちろんいつも綺麗な彼女と一緒だ。

  Exploring the monastery in #Arequipa, #Peru #nofilter #romantic@#travel #onestep4ward #southamerica   Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

英・メディア「デイリー・メール」紙のインタビューで彼は、こう答えている。

「北アイルランドの1人親の家庭に生まれて、とても貧しかった。たまに、この生活が本当に自分の人生なのかどうか疑わしく感じることがあるよ」

もちろん旅には、彼の母親も一緒だ。

 

2016年の夏までに合計193カ国を巡る予定でいるそうだが、その後どうするかはまだ考えていないようだ。収入が減ることもなく、愛する家族と続ける自由で豪華な世界旅行。果たしてその後にどんな人生が待っているのだろうか。

スケールが大きすぎて想像もつかない話だが、羨ましいことだけは確かだ。

Reference:Daily Mail
Licensed material used with permission by Elite Daily

海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
タッチパッドとトラックパッドが一体化された次世代のキーボード「Prestigio Click&Touch」が応援購入サービス「Makuake」で1/30(...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
「ナイキ」が、ランナーが怪我をせず速くなることをサポートするランニングシューズの新作を今月、来月と続けてリリース。
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
これまで海外旅行といえば、旅行会社のツアーに参加したり、ガイドブック片手に行きたいところへ向かうというものが一般的だったと思います。でも、...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
食品ベンチャー企業「ウェルナス」が、世界で初めて「ナス」の睡眠改善効果を臨床試験で確認した。これは関与成分である「ナス由来コリンエステル」が、自律神経調に...
1月7日、株式会社D'Yquemから「KARAAGE2.0」のβ版がリリースされた。
フローズンミール「ロイヤルデリ」から、世界各国の料理を家庭で楽しめる"世界を旅する福袋"が発売される。今月18日(金)から数量限定で受付をスタート。
「ExplorHer」は、3人のイタリア人女性が作った旅行代理店。最大で12人まで、“女性だけのグループ”で世界へと旅に出るのが特徴だ。
世界各地を旅行するポーランド人バックパッカーのカップルが、そんなマダガスカルに広がる景色をInstagramに投稿しています。
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
『地球の歩き方』から大人の男のためのひとり旅ガイドの第2弾が発売!「より手軽に始められるアジア」と「旅人の心を浮き立たさせる・世界一周」の2冊を相棒に旅に...