世界中を旅をしながら年収1億円!あるブロガーの成功物語

ノマドワーカーと一口にいってもイメージは様々だ。中にはPCから離れられない!なんて悩みもありそうだが、彼の場合は飛び抜けている。米・メディア「Elite Daily」の記事で紹介されていたある男性を紹介しよう。

まさに夢のような旅人暮らしを実践しているのは、北アイルランド出身の男性Johnny Ward氏31歳。過去3年間で訪れた国の数は152カ国を突破、旅先で美しい女性と恋に落ち、しかもその間に稼いだ収入は100万ドル(1億円以上!)にも達するそうだ。

彼がInstagramに投稿している旅の様子は、ハッキリ言って羨ましいの一言!

 

#EasterIsland #selfie, #Chile #maui

Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

 

Having fun at the #saltflats in #uyuni, #bolivia #onestep4ward #livingthedream #southamerica

Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

Being a tourist in #JinLi old street in #Chengdu, #China before my 43 hour train to #lhasa, #tibet! Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

ブログがメディアへと成長
月収は750万円にUP!

彼は2006年に大学を卒業後、養護施設などで働いて貯めたお金でタイへと移住した。当初は英語教師として働こうと思っていたそうだが、しばらくするとトラベルブログ「OneStep4Ward」を開設。旅の経験を元に収入を得ようとした。

  

#sandboarding in #Florianopis, #Brazil #latergram #surfing #everycountryintheworld Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

 

#Waterfall in #stlucia with #jjstours, beautiful :) #caribbean

Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

 

その後、ブログサイトをメディアカンパニー「Step4Ward Media」へと成長させた彼は、今では月に9,000ドル(約110万円)から60,000ドル(約750万円)ほどの収入を得るようになったという。日給に換算すると935ドルほど(10万円)だそうだ。

The other side to my #lifestyledesign, working away at lunch #digitalnomad #argentina #livingthedream #onestep4ward Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

さらに、タイでフライトアテンダントとして働いていた美しい女性と交際を開始。なんてうらやましい!

  

彼の仕事は、デスクにかじりつく様なものではなくフレキシブルに動き続けること。いつも様々な国へと移動し、探検を続ける。

Continent 7/7 #Antarctica Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

 

  

動物と触れ合ったり。


カリブ海でクリフダイブを楽しんだり…。その他様々な場所を観光する。

  

Mount #Fitzroy, #Patagonia #argentina. #southamerica #flashpacking #backpacking Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

 

 

  Kissing a llama at #MachuPicchu, no big deal. #peru #travel #traveling #onestep4ward #llamas #punching   Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

#Lemurs in #Madagascar, #bucketlist stuff. Too #cute!! #everycountryintheworld #wildlife #livingthedream

Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

もちろんいつも綺麗な彼女と一緒だ。

  Exploring the monastery in #Arequipa, #Peru #nofilter #romantic@#travel #onestep4ward #southamerica   Johnny Wardさん(@onestep4ward)が投稿した写真 -

英・メディア「デイリー・メール」紙のインタビューで彼は、こう答えている。

「北アイルランドの1人親の家庭に生まれて、とても貧しかった。たまに、この生活が本当に自分の人生なのかどうか疑わしく感じることがあるよ」

もちろん旅には、彼の母親も一緒だ。

 

2016年の夏までに合計193カ国を巡る予定でいるそうだが、その後どうするかはまだ考えていないようだ。収入が減ることもなく、愛する家族と続ける自由で豪華な世界旅行。果たしてその後にどんな人生が待っているのだろうか。

スケールが大きすぎて想像もつかない話だが、羨ましいことだけは確かだ。

Reference:Daily Mail
Licensed material used with permission by Elite Daily

バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
〈FREITAG〉の新作「ZIPPELIN」は、意外にも初の海外旅行向けのバッグ。言うまでもなく、トラックの幌をリユースしているのですべて1点物です。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
本は、新しい知恵を与えてくれる。新しい一歩を踏み出す勇気をくれる。そして、旅に出るきっかけになり得ることだってある。今回紹介するのは、読んだら思わず旅に出...
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
世界各地を旅行するポーランド人バックパッカーのカップルが、そんなマダガスカルに広がる景色をInstagramに投稿しています。
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...