このホテル、逃亡先にうってつけ。

旅行に行きたいけれど、人の多い観光地に行くのは億劫という人、知る人ぞ知る絶景が見たいという人。誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなホテルを紹介します。

それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvaerにある洗練されたキャビン「Fordypningsrommet」。周りには町も、店もなく、ただ静謐な海と美しい夜空、そして神秘的なオーロラを楽しむことができます。

まるで、アートみたい。
現実逃避をとことん楽しむ。

11c2b51ebcf0c9057fe9c5659b739aca15a7d423Bb4d6e20c793aa95fd021d13f32df1fc62a0077f

この宿泊施設は、2014年にノルウェーのミュージシャンであるHåvardLundによってつくられました。キャビンはひとつずつ独立していて、不思議な造形をしたものも。

周りに何もない極寒の地にぽつりぽつりと佇むこのホテルは、まるで独創的なアートのよう。そこに泊まる自分自身も、アートの中の一部になるような感覚を味わえます。

Ece5144a3eea47b2e98e3a14490710334d1283f7Aaee6187f927934eb1149d67068acbbdc74b14359654f1e8ceead1c0551eb2b0c2fb8870abeca6fc

キャビンはそれぞれ、寝室、キッチン、バスルーム、サウナ、アーティストのためのスタジオと。用途によって分かれていて、4つの寝室の最大収容人数は12名とのこと。

周りには何もありませんが、またそこがいいんです。ホテルのスタッフが買い物をしてくれたり、サウナの準備をしてくれたりするため、不便に思うことはまずないでしょう。スタッフ以外のほとんど人に会うことはなく、ウェストフィヨルドの澄んだ空と険しい海岸の景色を独り占めすることができます。う〜ん贅沢。

95ccc1170159ab56900c2ef1fb9259723ad33563

滞在中は、近隣の島で釣りやバードウォッチング、その他のアクティビティを楽しむこともできるので、希望する人は事前にツアーの申し込みを。宿泊費は、1週間で3万ノルウェークローネ(約40万円)です。

Ae825be20743bf007f41192506ea90900f01714d

12月から1月にかけては極夜で、一日中夜の闇に包まれます。太陽はあらわれませんが、時折、朝焼けや夕焼けのように空が桃色に染まる。その景色は、なかなか見ることのできない美しさです。

ただし、街灯がないため、ヘッドランプを持参するのを忘れずに。

Ce610d1cf4ab450c3ad455f67d3260d22c91c649C1fae88db36bd3475fb0c6f20727859302ab9422

人の姿がない極夜の町というだけで、特別な旅行を楽しむことができること間違いなし。ここでなら、イヤなことなんてぜ〜んぶ忘れてしまえそうですよね?

少し現実離れしたような景色は、一生の思い出になるでしょう。


【TABI LABOのsarahahができました】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

 
・こういう記事が好き

 
・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ!
All Photo byMARTIN LOSVIK
Licensed material used with permission by Fordypningsrommet Fleinvær
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
GWも中盤に差し掛かりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?そろそろ旅行の疲れが出てきた頃でしょうか。痺れを切らすほどの渋滞のなかでこの記事を読んでいる...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
これまで海外旅行といえば、旅行会社のツアーに参加したり、ガイドブック片手に行きたいところへ向かうというものが一般的だったと思います。でも、...