アメリカ人が選ぶ。クリスマスに行きたい10の旅行先(※ほとんどビーチ)

今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところですが、2位以下には常夏のビーチやラスベガス、ハワイなんかも並びます。

トリップアドバイザーのグループメディア「Oyster.com」が勧めるホテル情報と一緒に、チェックしてみては?

01.
雪景色×イルミネーション
「ニューヨーク」

超高層ビルが立ち並ぶ、世界でも有数の街、ニューヨーク。冬の寒さは厳しいですが、美しい雪景色やイルミネーションが楽しめるでしょう。素敵な雰囲気の中でクリスマスショッピングをするのもいいですし、ブロードウェイをはじめとしたショーを楽しむのもいいでしょう。

→こんなホテルはいかが?「Lotte New York Palace

02.
 X'masを美しいビーチで
「カンクン」

メキシコ南部、カリブ海沿岸に位置するビーチリゾート、カンクン。赤道に近いため、寒いクリスマスの時期にもビーチをエンジョイできるんです。

またこの地域は、かつてマヤ文明が栄えていた場所でもあります。ターコイズブルーの美しい海を楽しんだあとは、周辺にあるピラミッドや神殿などの世界遺産を訪れるのもいいでしょう。

→こんなホテルはいかが?「Golden Parnassus Resort & Spa

03.
食も満喫できる常夏
「ドミニカ共和国」

ドミニカ共和国は、アメリカの東、西インド諸島に位置する国。こちらも赤道が近く、常夏の場所です。気候は穏やかで物価も低く、ラム酒やチョコレート、コーヒーなど、おいしい特産物に事欠きません。

また琥珀の産地としても知られており、とくに「ブルーアンバー」と呼ばれる青い琥珀は、ここでしか産出されない希少なものとなっています。

→こんなホテルはいかが?「Dreams La Romana

04.
聖夜にレゲエもあり
「ジャマイカ」

カリブ海のリゾート、ジャマイカはレゲエ・ミュージックの聖地としても知られています。美しいビーチはもちろん、アキーと呼ばれる木の実と塩漬けのタラを煮込んだ「アキー&ソルトフィッシュ」、スパイシーな味がやみつきになる「ジャークチキン」、新鮮なフルーツを使ったケーキなど、食べ物も魅力的です。また、ビールやコーヒーなどの名産地でもあります。

→こんなホテルはいかが?「The Caves

05.
不動の人気
「ハワイ」

クリスマスのハワイも、やっぱり人気。毎年700万人もの観光客が訪れるだけあり、設備やサービスのレベルも高く、ツーリストにとっても寛容なスポットです。もちろん世界有数のビーチや安定した気候、日本語も通じやすく、いざというときもコミュニケーションがスムースに取れるところがポイントです。

→こんなホテルはいかが?「Grand Waikikian by Hilton Grand Vacations Club

06.
一流のホテルに泊まってみる?
「ラスベガス」

ラスベガス=カジノ、というイメージがあるかもしれませんが、じつはそれだけではないんです。カジノ目当てのお客さんが宿泊するため、ホテルも激戦区。魅力的なアトラクションがあるホテルもたくさんあります。

またミュージカルやサーカスをはじめとしたショーも盛んで、ラスベガスで公演を行うことは一流の証とされるほどです。

→こんなホテルはいかが?「Bellagio

07.
カリブ海の島国
「バルバドス」

カリブ海西インド諸島から、バルバドスも人気スポットにランクイン。島全体が珊瑚礁でできていて、もちろんビーチも最高ですが、イギリス植民地時代の影響が色濃く、アフターヌーンティーなどの習慣が根付いているのも面白いところ。

「グレートケーキ」と呼ばれる、フルーツとスパイスの特別なケーキもここならでは。

→こんなホテルはいかが?「Colony Club

08.
照りつける太陽だけじゃない
「マイアミ」

太陽が燦々と降り注ぐ気候から「サンシャインステート」とも呼ばれるフロリダ州。なかでも最大の都市が、マイアミです。ケネディ宇宙センターやウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートなどを擁する、アメリカでも一二を争う観光地です。

ショッピングセンターや美術館、高名なレストランなど、クリスマスに楽しみたい場所もたくさん。

→こんなホテルはいかが?「Hotel South Beach

09.
12月にのんびり南国気分
「ロス・カボス」

カリフォルニア半島南端にあるメキシコの州、それがロス・カボス。有名なダイビングスポットとしても知られていて、マンタやアシカ、クジラ、ジンベエザメなどを見ることができます。

冬の気温は17度前後と、決してすごく暖かいとは言えませんが、春先の混雑期を避けて、のんびり南国リゾートを楽しむには最適なスポットと言えるかもしれません。

→こんなホテルはいかが?「One&Only Palmilla

10.
メキシコの穴場リゾート
「プエルト・バジャルタ」

多くの観光地があるメキシコのなかでも穴場リゾートと言われている「プエルト・バジャルタ」。バンデラス湾はなんと、40kmにもわたる長いビーチ。他の場所では見られないダイナミックな景色がポイントです。

スキューバダイビングやパラセイリングなど、海のスポーツも盛ん。まるで迷路のような市場でクリスマスのプレゼントを買うのも、他ではできない体験です。

→こんなホテルはいかが?「Puerto Vallarta

You can read the original article on Oyster.com

Related Links:
Licensed material used with permission by oyster.com
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
「Elite Daily」のAlexa Mellardoさんの紹介する5つの場所を見て、私は一気に“クリスマス気分”になってしまった。観光名所でもある場所...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
クリスマスなのに金欠、恋人もいない。そんな人でもいつかの無邪気なクリスマスを再現することで、お金をかけずに、友達と最高に楽しい思い出を作ることができるはず...
クリスマスシーズンに欠かせないのがクリスマスソング。心に残る名曲から、ロマンティックな曲、ちょっぴり切ない曲、大切な人と聴きたい曲までバリエーションは様々...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
クリスマスに温泉ってムードない!そう思う人のほうが多いからこそ、あまり候補にあがらないのだ。でも逆に言えば、年末年始にかけて室料がぐんと上がり、家族連れで...
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
街の雰囲気やテレビのCMまで、一気にそのムードが広がる特別な日、クリスマス。もともとはキリスト教のお祭りですが、世界中に広がるにしたがって、国ごとのさまざ...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
街がイルミネーションで彩られるクリスマス。カップルが満足する素敵な過ごし方はどんなものでしょう? 恋人のいる人もいない人も、クリスマスデートの参考になるよ...
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
「Rudolph's Rage Room」と呼ばれる部屋は、18ポンド(約2,700円)を払えば4分間、野球のバットでクリスマスツリーを思い切り殴りつける...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...