「絵本」を購入してレジで寄付すると、誰でも「サンタクロース」になれるプロジェクト

「ブックサンタ2019」は、ブックサンタ参加書店にて子どもたちに贈りたい絵本を購入し、そのままレジでその絵本を寄付することで、貧困や災害などでクリスマスイブに困難な状況下にある子どもたちへ、サンタクロースが直接絵本を届ける社会貢献プロジェクト。

2017年にスタートし、これまで約2千人の子どもたちにサンタクロースの体験を届けてきたこの取り組みが、今年も全国282の書店でスタートした。

主催するNPO法人「チャリティーサンタ」では、クリスマスイブの夜にサンタクロースが各家庭を訪問して一人ひとりを励まし、プレゼントを手渡すサンタ活動を2008年にスタート。そこでは、恵まれない環境の下にいる子どもたちに、集まったチャリティー金で購入したクリスマスプレゼントやサンタクロースからの手紙を贈ってきたという。

2019年現在、活動は26都道府県37支部にまで拡大。延べ1万5千人以上の大人がサンタになり、子どもたちにサンタ体験を届けてきた。

3年目となる今年は、大手書店チェーン「丸善」や「ジュンク堂書店」の参加も決定。参加書店のエリアが昨年の22都道府県から34都道府県へと拡大し、より参加しやすくなったブックサンタ。この活動には、オンライン書店「Honya Club.com」やクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」でも参加することができる。

クリスマスが「誰かのために絵本を贈る日」になる。そんなムーブメントがブックサンタの活動から世の中に広がっていくかもしれない。

©2019 NPO法人チャリティーサンタ

『ブックサンタ2019』

【公式ホームページ】https://booksanta.charity-santa.com/

Top image: © 2019 NPO法人チャリティーサンタ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

クリスマスに子どもたちに本を届けるプロジェクト『ブックサンタ2020』が、本を寄付してくれるサンタさんを募集中!
「オリジナル絵本を作って贈る文化」を広げ、周りの人を笑顔にする未来を作るプロジェクト。専任のディレクターが取材をし、作家が世界でただ一つのストーリーを書き...
「#BuildtoGive」のハッシュタグを付けて、レゴブロックで作ったクリスマスのオーナメントをSNSで投稿すると、投稿された作品の数だけ、おもちゃを必...
毎年、クリスマスシーズンになると、アウトリガーカヌーに乗ってワイキキビーチに登場する「ワイキキのサンタクロース」ことドナルド・ボイス氏が亡くなった。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
マスクを買った人が、誰かのサンタになれる町おこしプロジェクトが開催中。
クリスマスプレゼントにぴったりなデザインウォールグラスのパイオニア「GOODGLAS(グッドグラス)」の新作「ルドルフ」。かわいいだけじゃなく、高い機能性...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...