クリスマスのプレゼントにお悩みなら、こんなグラスはどう?

今年も冬のホリデーシーズンが到来。大切な人へのギフトに悩んでいるなら、職人の伝統技術×若手デザイナーの感性から生まれた、唯一無二のハンドメイドグラスはいかが?

二層構造のグラスの内側にデザインを施したデザインウォールグラスのパイオニア「GOODGLAS(グッドグラス)」。ガラス伝統工芸の技術を使った、飲み物を注ぐと動物やフルーツが現れるユニークなグラスが話題のブランドが、この冬にリリースする新作「ルドルフ」は、これからのシーズンにこそオススメしたい一品だ。

モチーフは、真っ赤なお鼻と角(ツノ)が特徴的な、サンタクロースの相棒・トナカイ。一つひとつが職人による手作りのため、表情や角の角度、長さなど、一つとして同じものがないというのも“特別感”があってポイント高し。

耐熱ガラスを使用しているので、この見た目ながら熱々のホットドリンクも楽しめる。

バリーエーションは、シーズナル感満点の「雪あり」(3,300円+税)と日常使いにピッタリの「雪なし」(3200円+税)の2タイプ。

かわいいだけじゃなく、高いコレクション性と機能性も併せもったGOODGLASの新作は12月上旬販売(予定)。

Top image: © GOODGLAS JAPAN
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事