プレゼントしたい!「すごいパンツ」6選

「パンツ」って、値段も大きさも、使い勝手的にもプレゼントにモッテコイだと思いませんか?

そりゃあ「履き心地が最高」なものや、「抜群にセンスのいい」ものをもらうのは嬉しいけど、「ちょっと変なもの」をもらっても、なんだか嬉しくなっちゃうのがパンツのいいところですよね。

ちなみに私も友だちにもらった変なパンツ、いっぱい持ってます。

さあ、もうすぐクリスマス。

大切な人や自分へのプレゼントをまだ決めていないという人に、今回はとっておきのパンツを6枚紹介したいと思います。

オナラのニオイが消える
「魔法のパンツ」

オナラのニオイが消える 「Shreddies」の「魔法のパンツ」

世界の人々の生活をガラっと変えてしまうかもしれない偉大な発明ともいえるこちらの商品。なんと、オナラをしてもそのニオイが気にならない「魔法のパンツ」なのです。

カーボンを使用した素材「Zorflex」で作られており、なんとオナラ200発分のニオイをフィルタリングすることができるのだとか。

もちろん、どんなにヘビーローテしても洗えばその効果が復活するので、長期的に使用することができちゃいます。見た目もシンプルでいい感じ。

 

詳しく読む>>>

ラトビア生まれ!
大胆すぎる「猫」パンツ

©lickstarter_panties

猫好きにはこちら。

キュートな“にゃんこプリント”が魅力のこの下着は、ラトビア人デザイナーのリーガ・ゼルガルブさんのブランド「Lickstarter」のもの。

もともとは友人へのサプライズプレゼントとして制作。すると大きな反響があり、もっと多くの女性に喜んでほしいと本格的に販売を始めたのだとか。

絶妙なセクシーさも併せ持った最高の猫パンツ。素敵すぎて、思わず人に見せたくなっちゃうかも?

 

詳しく読む>>>

「たたむ行為」そのものに
楽しさを与えた革命的パンツ

©Seamless Wear Market

無縫製関連製品のOEM製造をおこなう「エフアイコーポレーション」が展開するレーベル「Seamless Wear Market」の、思わずたたみたくなるパンツ「“Gimmick Boxer” 履けるおもちゃ」。

このパンツは「たたむことでモンスターの絵柄が完成する」というユニークな製品。大人も子どもも親しみやすいデザインで描かれたモンスターは、思わず「たたみたい!」という欲を刺激。「たたむ行為」そのものが楽しくなる新感覚のパンツなのだ。

※現在は、コチラから購入できます。

 

詳しく読む>>>

「男女問わず」身につけられる
ジェンダーニュートラルなパンツ

©REING

こちらは、ジェンダーニュートラルなデザインのプロダクトを開発する「REING(リング)」が出している、男女問わず身につけられる新しいアンダーウェア。

「男性向け/女性向け」の区別によって、本当に好きなものが選びづらい現代社会の課題に、アパレルのなかでも男女でデザインが大きく異なるアンダーウェアからアプローチした商品です。

「地球との関係性も美しく」との想いから、生地は土にかえる再生繊維を採用。長く使えるようランドリーネットがセットになっているそうですよ。

 

詳しく読む>>>

宮城・丸森生まれの
「常に前向きなパンツ」

©2018 Zamila Inc.

勤めていたデジタルマーケティング会社を退職し、経営コンサルとして働いていた幼馴染とともに宮城県・丸森町に移住し、会社を設立した高野さんが作ったこのパンツのビジョンは「パンツを介して人々を覚醒させること」。

勝負時にもってこいといわれる「赤」を採用し、「いつでも前向きになれるように」ということで、前と後ろが同じデザインになっています。

また、マチ(股の内側)にはラテン語で「memento mori(死を想う)」「memento vivere(生を想う)」のメッセージが。

スティーブ・ジョブズも意識していたとされる言葉で、“時間には限りがある”というメッセージ性があり、パフォーマンスをあげる目的も。トイレにいくたびにメッセージが見える仕掛けになっています。

 

詳しく読む>>>

冷えやむくみも解消する
「締め付けないパンツ」

©JUBAN DO ONI

洋服って、たとえサイズが合わなくても、お直ししたり、ベルトでブラウジングすることで調節可能ですが、下着だとそうはいきませんよね。デザイン重視で選んでしまうと、窮屈だったり、ラクチンさで選んでしまうと、かわいくなかったり。

そんな考えも「JUBAN DO ONI(ジュバンドーニ)」を知ったら変わるかもしれません。

JUBAN DO ONIは、オーガニック・テキスタイルの世界基準GOTS認証の生地と、ウエスト部分には、横によく伸びるリブ素材を使って作られている、やさしい履き心地の「締めつけない」パンツなんです。

 

詳しく読む>>>

Top image: © lickstarter_panties, Seamless Wear Market
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
「たたむのが楽しい!」と感じる革命的でユニークなパンツ「Gimmick Boxer」が登場。その気になる仕組みとは......。
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
大人気そうめん専門店「そうめん そそそ」から、こだわりの新商品「So-men Box set」が登場。
「カーハート」「KAVU」「ヘリコンテックス」「クリフワークウェア」、心置きなく外遊びを満喫できる「丈夫さ」に特化したパンツを4つピックアップしました。
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
トランクスタイプっていうだけで、敬遠する人もいると思いますが、「SIXTINE'S」のパンツには、フロントのインナーにライニングが付いています。ゆえに見た...
主演のサラ・ジェシカ・パーカーがInstagramにアップしたティザーに、ファンは大興奮!
息をすることすら忘れてしまう「忙しい日々」に追われれば追われるほど、つい「解放感」を求めてしまうもの。そこで「Elite Daily」のライターAlexi...
バレンタインデーやホワイトデー、友人の誕生日、引っ越し祝い、飲み会でご馳走してもらったお礼——。ちょっとしたプレゼントを贈りたいシーンって結構ある。
ノルウェーのアンダーウェアブランド「TUFTE(トゥフテ)」。ここのボクサーパンツはモノが違います。
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
男性の約3.5人に1人はパンツにこだわりを持っており、約6人に1人、なかでも経営者や会社役員といったエグゼクティブほどパンツが仕事のパフォーマンスに影響す...
2月7日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「The Couch Console」は、ソファの上でくつ...
コンセプトを“世界とつながる”から“ウェルネスを届ける”と変更して、スマートホステル「&AND HOSTEL KURAMAE WEST」が今月13日(水)...
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
パンツの「左のポケット」にだけフタやボタンがついている理由に驚き! きっと誰もが一本はもっているパンツの「ヒップポケット」に隠された意味とは?!
昨年も紹介したけれどNY在中の『Improv Everywhere』という集団による「No Pants Subway Ride」が今年も開催。簡単にいうと...
大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
バレンタインのギフト候補に、「BOTCHAN」のメンズコスメをリストイン!
汗のいやな臭いを吸収してくれるズボン。秘密は、素材の一部に使われているコーヒーの出がらし。夏場でも、1日中快適に過ごすことができそう。