「コーヒー」と「ペットボトル」でつくられた、着心地がいいリラックスパンツ。

毎年、消費される大量のペットボトル。その多くは海に捨てられています。このままでは、2050年には魚よりもプラスチックゴミの方が多くなるのではないかという情報も…。

早急に、プラスチックを再利用する方法を確立しなければならない状況のなか、「LEZÉ The Label」は、ペットボトルを利用したレディースパンツ「LEZÉ」を開発しました。そしてもうひとつ、キーとなる材料があるのです。

LEZÉ

あらゆるシーンで使える
「リラックスパンツ」

「LEZÉ」は、自然だけではなく履く人にも優しい。

7.6cmの厚手のウエストバンドで、伸縮性があり、締め付けられる感覚を軽減してくれるということです。これなら、長時間座っていてもお腹まわりが苦しくなることはなさそう。シルエットが綺麗で、職場や外出時など、多くの場面で着ることができそうです。

また、編み方はジャージに似ているのだとか。長く履けば履くほど、あなたの身体にフィットして、さらに使いやすくなるそうです。

ペットボトルからリサイクルされたポリエステルが主な原料であるため、しわになりにくいのも嬉しいポイントなのだとか。また、綿と比べると速乾性もあり、汗をかいても快適に過ごせそうです。

そして、LEZÉの素材にはもうひとつ、コーヒーの出がらしが使われています。コーヒーの消臭力が、汗のいやな臭いを吸収してくれるため、夏場でも1日中フレッシュに過ごすことができるということです。

Licensed material used with permission by LEZÉ The Label
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
「カーハート」「KAVU」「ヘリコンテックス」「クリフワークウェア」、心置きなく外遊びを満喫できる「丈夫さ」に特化したパンツを4つピックアップしました。
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!