「コーヒー」と「ペットボトル」でつくられた、着心地がいいリラックスパンツ。

毎年、消費される大量のペットボトル。その多くは海に捨てられています。このままでは、2050年には魚よりもプラスチックゴミの方が多くなるのではないかという情報も…。

早急に、プラスチックを再利用する方法を確立しなければならない状況のなか、「LEZÉ The Label」は、ペットボトルを利用したレディースパンツ「LEZÉ」を開発しました。そしてもうひとつ、キーとなる材料があるのです。

LEZÉ

あらゆるシーンで使える
「リラックスパンツ」

「LEZÉ」は、自然だけではなく履く人にも優しい。

7.6cmの厚手のウエストバンドで、伸縮性があり、締め付けられる感覚を軽減してくれるということです。これなら、長時間座っていてもお腹まわりが苦しくなることはなさそう。シルエットが綺麗で、職場や外出時など、多くの場面で着ることができそうです。

また、編み方はジャージに似ているのだとか。長く履けば履くほど、あなたの身体にフィットして、さらに使いやすくなるそうです。

ペットボトルからリサイクルされたポリエステルが主な原料であるため、しわになりにくいのも嬉しいポイントなのだとか。また、綿と比べると速乾性もあり、汗をかいても快適に過ごせそうです。

そして、LEZÉの素材にはもうひとつ、コーヒーの出がらしが使われています。コーヒーの消臭力が、汗のいやな臭いを吸収してくれるため、夏場でも1日中フレッシュに過ごすことができるということです。

Licensed material used with permission by LEZÉ The Label
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
「カーハート」「KAVU」「ヘリコンテックス」「クリフワークウェア」、心置きなく外遊びを満喫できる「丈夫さ」に特化したパンツを4つピックアップしました。
1954年以来、半世紀以上にわたって名古屋のシンボルとして愛され続けてきたテレビ塔が、「THE TOWER HOTEL NAGOYA」として生まれ変わる。
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
「たたむのが楽しい!」と感じる革命的でユニークなパンツ「Gimmick Boxer」が登場。その気になる仕組みとは......。
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
ノルウェーのアンダーウェアブランド「TUFTE(トゥフテ)」。ここのボクサーパンツはモノが違います。
パンツの「左のポケット」にだけフタやボタンがついている理由に驚き! きっと誰もが一本はもっているパンツの「ヒップポケット」に隠された意味とは?!
コスパよし、サイズよし、見た目よしIKEA「テーブル&チェア」。天然アカシアの無垢材とスチールの脚を組み合わせただけの「TÄRNÖ(テルノー)折りたたみテ...
昨年も紹介したけれどNY在中の『Improv Everywhere』という集団による「No Pants Subway Ride」が今年も開催。簡単にいうと...
息をすることすら忘れてしまう「忙しい日々」に追われれば追われるほど、つい「解放感」を求めてしまうもの。そこで「Elite Daily」のライターAlexi...
〈BETONES(ビトーンズ)〉の新作「CRASH」シリーズは、発色の良いカラーはそのままに、ブランドロゴまでをワントーンで統一。ビビッドでありながら主張...
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
チェコのアウトドアブランド「Tilak」のトラベルライン「Poutnik(ポートニック)」。その「KNIGHT Pants」の紹介です。
「資生堂」は、高い技術と経験をもつ同社所属のヘアメイクアップアーティストの美的感性と、長年培ってきた研究知見をもとに「男性版顔立ちマップ」を開発。マップを...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
男性の約3.5人に1人はパンツにこだわりを持っており、約6人に1人、なかでも経営者や会社役員といったエグゼクティブほどパンツが仕事のパフォーマンスに影響す...
大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
トランクスタイプっていうだけで、敬遠する人もいると思いますが、「SIXTINE'S」のパンツには、フロントのインナーにライニングが付いています。ゆえに見た...
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「INDIGO RIP」です。
ハーフパンツに合わせたり、涼しい夜はガバッとTシャツの上に着たり。