【令和時代のパンツ大調査】「パンツ充」になることが「リア充」への近道だった by ワコール

パンツ、こだわってますか?

「株式会社ワコール」が展開するメンズアンダーウェアブランド「BROS by WACOAL MEN(ブロス バイ ワコールメン)」が、20代から50代の男性を年代別に均等に抽出して調査した「令和時代のパンツ大調査1,000人編」によると、男性の約3.5人に1人はパンツにこだわりを持っているということが判明した。

男性の好きなパンツの色は「黒」や「青」、「ネイビー」などのダークトーンのカラーで、パンツ保有枚数の平均は8.7枚。最高保有数は50枚だった。

さらに、その“こだわりのパンツ”をはくことで、仕事がはかどると思うか?を尋ねたところ、約6人に1人がパンツによって仕事のパフォーマンスが変わると思っていることがわかったのだとか(なかでも経営者や会社役員は「こだわりのパンツをはくことでとても仕事がはかどる」と思っている人の割合が非常に高いらしい)。

ちなみに、仕事や恋愛などの「今日は決める!」という大事な場面で、ゲン担ぎとしてはかれることが多いとされている“勝負パンツ”を持っているのは14.0%、意外にも、大多数の人が勝負パンツを持っていないという事実も判明。ちなみに「持っている」と回答した人の勝負パンツは、20代は赤色のパンツ、30代はボクサーパンツ、40代はセクシーなデザインのパンツ、50代はトランクスなど、各年代別に勝負パンツの特徴に違いが表れたという。

さらには、SNSのフォロワー数が多い人ほど、パンツへの意識も高かったり、いわゆるリア充のほうが、パンツにかける費用が大きい“パンツ充(パンツへの意識が高い人)”であることも明らかに。これらの結果を踏まえると、パンツへの意識を高く持つ“パンツ充”になることが“リア充”への道といえるのかも?

……とは、調査元の見解だが、ここは一つこの意見に便乗して、パンツをこだわりを持って新調してみるのもありかもしれない。春ですしね。

BROS by WACOAL MEN

【公式サイト】https://www.wacoal.jp/bros/

株式会社ワコールが展開するメンズアンダーウェアブランド「BROS by WACOAL MEN(ブロス バイ ワコールメン)」
©2020 株式会社ワコール
Top image: © iStock.com/Viktor_Gladkov
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「パンツ」って、値段も大きさも、使い勝手的にもプレゼントにモッテコイだと思いませんか?なぜか「ちょっと変なもの」をもらっても、嬉しくなっちゃうのもいいとこ...
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
「たたむのが楽しい!」と感じる革命的でユニークなパンツ「Gimmick Boxer」が登場。その気になる仕組みとは......。
「カーハート」「KAVU」「ヘリコンテックス」「クリフワークウェア」、心置きなく外遊びを満喫できる「丈夫さ」に特化したパンツを4つピックアップしました。
パンツの「左のポケット」にだけフタやボタンがついている理由に驚き! きっと誰もが一本はもっているパンツの「ヒップポケット」に隠された意味とは?!
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
トランクスタイプっていうだけで、敬遠する人もいると思いますが、「SIXTINE'S」のパンツには、フロントのインナーにライニングが付いています。ゆえに見た...
息をすることすら忘れてしまう「忙しい日々」に追われれば追われるほど、つい「解放感」を求めてしまうもの。そこで「Elite Daily」のライターAlexi...
ノルウェーのアンダーウェアブランド「TUFTE(トゥフテ)」。ここのボクサーパンツはモノが違います。
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
クラブで踊っているオンナの子たちにiPhoneを手渡して、アンケートに答えてもらう企画「club snap」。今回は渋谷・円山町にある「WOMB」に、おじ...
昨年も紹介したけれどNY在中の『Improv Everywhere』という集団による「No Pants Subway Ride」が今年も開催。簡単にいうと...
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...