世界を旅するために、4つの仕事をかけ持ちして貯金した女性の物語

「一度はこんなところに行ってみたい!」思わずそう唸ってしまうような、美しい写真の数々。リトアニアで生まれたカロリナ・ヴァレイカイテさんは、ボーイフレンドのマルコさんと、世界中を“旅する生活”を続けています。

モロッコ、ミャンマー、カンボジアなど、行き先はフォトジェニックなところばかり。でも、その裏には壮絶な苦労がありました。

自分の人生には
何かが欠けている

旅をするまでのヴァレイカイテさんの人生には、これと言って起伏がありませんでした。リトアニアからロンドンへ留学し、卒業後は、高級ファッション業界で一年間ほど働いていたという彼女。ですが、毎日を過ごしていくうちに、自分の人生に何かが欠けていると感じるようになったといいます。

「おそらく理解してもらえる人もいるかと思うのですが…朝起きたときから、すでにベッドに戻りたいと思ってしまうんです」

4ヶ月間は
仕事4つをかけ持ちで貯金

そんなとき彼女は、マルコさんに出会ったのです。彼はずっと前からロンドンを出て旅することを夢見ていたのです。ふたりは、すぐに旅行の計画を立て始めました。

貯金がある程度あったマルコさんとは対照的に、彼女はお金がなく、4ヶ月間は死ぬ気でお金を貯めることにしたのです。その間は4つの仕事をかけ持ちして、週に110時間働くこともあったそうです。

「仕事中に寝ないようにするのと(笑)、休みなしでたくさんの仕事を管理するのが大変でしたね。地獄のような日々でしたが、いま思うと、とても価値のあった日々でした」

お金が貯まり、ついにロンドンを離れたふたり。自分たちが見たすべての美しいものを撮影しようと決めたそうです。

彼女たちは旅行中に仕事を見つけ、現在はカンボジアのロン島にあるリゾートでオペレーション・マネージャーをしながら、次の旅行への資金を貯めているそう。そんな彼女から、メッセージが届きました。

「勇気と自信を持ち、幸せを求め、限界なんてないと思いながら生きていきましょうね!」

Licensed material used with permission by Karolina Valeikaite
ロシア人フォトグラファーのMurad Osmannさんが、美しい奥さんとのステキな旅の記録をInstagramに投稿する「Follow Me To」。すで...
猫を連れた女性の旅、と聞いて思い出すのは『魔女の宅急便』。キキとジジは空を飛んでいましたが、ここで紹介するのは「海」を旅するリジィと愛猫アメリアです。小さ...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
何がすごいって単純に美しすぎるんです。まずは、どんなカップルのデートなの?というところからですが、写真を見れば一目瞭然。誰がどう見たって美男美女のモデルカ...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
ちょっとでも会えない日が続いたら、きっと心も離れちゃう…と、恋人がいるときはできるだけ離れないようにしようとするのは、ある意味自然なのかもしれません。でも...
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...
2015年5月に故郷であるタスマニア州のホバートから旅立ったRich East。愛猫のWillowと共に一生を旅して過ごすために、仕事を辞めて家を売り、所...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
あなたは、パートナーのことをどれくらい知っているだろうか。いつものデートだけでは、ありのままの性格や相手が見えないと思う。それは、お互いに印象良く見せよう...
旅には、人生が凝縮されています。
愛してくれる誰かが近くにいると、困った時にすぐ頼ってしまう。相手との付き合いが長いほど、努力しないとダメだと思いながらも甘えちゃう。でも、そのままでは、い...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...
Agoraphobic Traveller(広場恐怖症を抱える旅人)と自称するJacqui Kennyは、驚くことにたくさんの旅行写真を自身のInstag...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
NetflixがInstagramで求人を募集していたようです。募集ページによると、ヨーロッパ、中東を旅する専属フォトグラファー「Grammasters」...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...