「トレーラーハウス」をDIY!仕事も家も手放して旅にでたカップルがうらやましい

今から3年前。ギョームとジェナは退屈に感じていたそれまでの仕事にピリオドを打ち、旅に出ることにしました。

手づくりの家を
引っ張りながら!

当時は借金があり、所有していたのはたくさんの家具だけ。もちろん、旅をするお金なんてありません。そこで、彼らはロサンゼルスにあった自宅を手放し、トレーラーで牽引できる小さな家を作ってしまったそうです。凄い行動力!

1年間かけてトレーラーハウスを仕上げたふたりは、愛犬サリーとともに、アメリカ34州とカナダ5州を大冒険!その移動距離は22,000マイル以上(約3万5,000km)に及びました。

そんな2人の生活拠点となったタイニーハウス、どんな「おうち」なのか気になりますよね。

中はどんな雰囲気?

ロフトには2人+1匹が十分寝れる大きなベッド。まるで自宅にいるかように趣味に合わせてインテリアをカスタマイズ。どうです、オシャレでしょ?

収入源は
YouTubeチャンネル!

旅を続けながらタイニーハウスにまつわるwebサイト「TINY HOUSE giant journey(小さな家で、大きな旅を)」を運営する彼ら。自分たちのブログだけでなく、同様の趣味を持つ仲間の紹介や、様々なコラムを発信中。人気があるようです。

とくに、YouTubeチャンネルは再生回数900万回を超えており、大切な収入源のひとつ。

2016年5月時点では、コロラド州ロッキー山脈にいるというふたり。月にかかるガソリン代は800ドル(約88,000円)ほどで、それ以外はほとんどお金がかからないとのこと。ギュームはこう語ります。

「お金が大してかからずにロードトリップをエンジョイできているなら、冒険を続けないわけにはいかないだろう?」

Licensed material used with permission by TINY HOUSE giant journey
トレーラーハウスやキャンピングカーは、永遠のオトコの憧れアイテム。中古でもいいからいつかは手に入れたいけれど、どうせなら人とは違った、こんな“和風”のもの...
BreckとKelseyのカップルは、ロッククライミングが大好き。そこでこの小さなトレーラーハウスにお引越しすることを決めたとき、自分たちらしいエクステリ...
キャンピング用トレーラーを改装して、本屋を営む「La Maison Qui Chemin」には、出版されたばかりの新刊本はありません。それでも、選りすぐり...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
いつか使ってみたいキャンピングトレーラー「Sealander」。ドイツ企業が開発を手がけました。
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
金属加工の街、新潟・燕三条の「T-BASE(外山製作所)」が2017年より開発を進めてきた原付専用のバイクトレーラー「Piccolo」がよいよデビュー。
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
今週末10月2日(金)、米国発の「キンプトン ホテルズ&レストランツ」ブランドの日本初上陸となる「キンプトン新宿東京」が東京・西新宿にオープン。
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...
アメリカを旅して以来、キャンピングトレーラーに憧れている。初めてトレーラー内部に入った時の衝撃は忘れられない。キッチンやテーブルだけでなくトイレやシャワー...
『地球の歩き方』から大人の男のためのひとり旅ガイドの第2弾が発売!「より手軽に始められるアジア」と「旅人の心を浮き立たさせる・世界一周」の2冊を相棒に旅に...
なんだかもう、子どもの頃から漠然と抱いていた「家のイメージ」と違いすぎて、拍子抜けしてしまいました。DIYできちゃうという驚異の手軽さ、圧倒的に短いリード...
BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「THE NORTH FACE」が手を組み、キャンピングトレ...
“おっぱい”がテーマの移動式現代アート展覧会「おっぱい展」を主催する「and GALLERY」が、来る10月、「ピンクリボン月間」にちなんだキャンペーンを実施!
大事なことを後回しにしてしまったり、集中力が途切れて関係ないことを始めてしまうことを防止するスマート眼鏡「Auctify Specs」が誕生!
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
インドに住むカップル、ShyamさんとAnyaさん。ラブラブな2人にも、ひとつだけある不満がありました。それは、インドでは「公共の場でキスをしてはならない...
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。