いつでもどこでも「ボルダリング」できる家、あります。

BreckとKelseyのカップルは、ロッククライミングが大好き。

そこでこの小さなトレーラーハウスにお引越しすることを決めたとき、自分たちらしいエクステリアとして、壁面でボルダリングができる仕様にしちゃったんです。

製作は、米・ポートランドにあるトレーラーカスタムメーカー「TINY HEIRLOOM」。お客さんの要望に合わせた、オリジナルでラグジュアリーな仕様に応えているそうです。

行く先々で
登れます

ボルダリングは基本的に屋内スポーツですが、トレーラーハウスの壁面に設置してしまうことで、青空の下でいつでも楽しめるという逆転の発想。自然の壁を登るロッククライミングの練習にもなりそうです。

一応、インテリアも
見ておきましょう

インパクトがあるのはボルダリングの壁面があるエクステリアですが、トレーラーハウスとはいえ、インテリアもとても快適そう。

ひと汗かいたあとは、シャワーとバスタブでゆっくり過ごしてみては?

キッチンのオーブンも、本格的なもの。

ボルダリング好きの友達を呼んで、大きな窓から差し込む気持ちのいい自然の光を浴びながら、パーティだってできちゃいます。

せっかくトレーラーハウスに住むのなら、時と場所を選ばず趣味に打ち込めるこんな家も素敵かも!ちなみにこの「TINY HEIRLOOM」では、ベースモデルのパッケージが89,000ドル(約1,000万円)で、そこからパーソナライズされていくそうですよ。

Licensed material used with permission by Tiny Heirloom INC.
トレーラーハウスやキャンピングカーは、永遠のオトコの憧れアイテム。中古でもいいからいつかは手に入れたいけれど、どうせなら人とは違った、こんな“和風”のもの...
今から3年前。ギョームとジェナは退屈に感じていたそれまでの仕事にピリオドを打ち、旅に出ることにしました。当時は借金があり、所有していたのはたくさんの家具だ...
8月11日に開幕する「クライミング世界選手権」の紹介。舞台は八王子のエスフォルタアリーナ八王子です。
8月に開催された「スポーツクライミング世界選手権」のレポート記事です。
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
一般のクライマーは、どんなところに魅力を感じているんだろう?ボルダリングジム『ROCKY』の品川店に足を運び、声をかけてみました。
「モエ・エ・シャンドン」のブランドアンバサダー、ティモシー・ベック氏が「モエ アンペリアル」を例に、自宅での上手な楽しみ方を指南する動画が公開されている。
キャンピング用トレーラーを改装して、本屋を営む「La Maison Qui Chemin」には、出版されたばかりの新刊本はありません。それでも、選りすぐり...
'60年代から'70年代初期にかけて、様々な建築家によってフューチャーレトロ調のタイニーハウスがつくられていた。特筆すべきは、その佇まい。今から50年も前...
いつか使ってみたいキャンピングトレーラー「Sealander」。ドイツ企業が開発を手がけました。
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
「デニムクライマー」と呼ばれるスポーツクライミングの土肥圭太選手にインタビューしました。
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
スキューバダイビング指導団体「PADI」が、エコフレンドリーなアクティブウェアを生産する企業「Rash'R」と協力し、海から回収されたプラスチックボトルを...
金属加工の街、新潟・燕三条の「T-BASE(外山製作所)」が2017年より開発を進めてきた原付専用のバイクトレーラー「Piccolo」がよいよデビュー。
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
なんだかもう、子どもの頃から漠然と抱いていた「家のイメージ」と違いすぎて、拍子抜けしてしまいました。DIYできちゃうという驚異の手軽さ、圧倒的に短いリード...
男なら、一度は憧れる秘密基地。自分だけの空間は、ドキドキワクワクしますよね。そんな男の夢が叶う小さなおうち「タイニーハウス」の人気がアメリカでますます高ま...