この夏は、「クライミング世界選手権」を八王子へ見に行こう!

土肥圭太選手はとてもナイスガイだった!ROCKY品川店で突撃取材に応えてくれた皆さんもナイス(エンジニア)ガイだった!彼らの言葉を聞いた皆さんは、きっとこう思ったに違いない。ボルダリング?スポーツクライミング?なかなかおもしろそうじゃないか!

会社勤めなら間もなくお盆休みだ。学生は夏休みだ。家事に休みはないけれど、家族で出掛けたくなる夏真っ盛りだ。そこで提案したい。

舞台は東京、八王子のエスフォルタアリーナ八王子。8月11日に開幕する「クライミング世界選手権」を見に行こう!

© iStock.com/assalve

クライミング世界選手権は、2年に一度開催されているスポーツクライミングの頂上決戦だ。日本での開催は今回が初めてのことで、1年後の東京五輪に向けたプレ五輪として世界中が注目している。

日本からは最年少・土肥圭太選手をはじめ、男子なら楢崎智亜選手、女子なら野口啓代選手と世界のトップランカーにして日本の第一人者も出場。もしかしたら、“ホーム”の環境を最大限に活かしたメダルラッシュが見られるかもしれない。

ちなみに実施種目は「リード」「ボルダリング」「スピード」、そして東京オリンピックなどで採用される3種目を複合した「コンバインド」の計4種目。8月11日から21日まで開催される長丁場だから、忙しい夏の合間にぜひ体感してみてほしい(もちろん編集部も行きます!)。

土肥圭太選手より
「3つの観戦アドバイス」

©2019 TABI LABO

クライミングの選手たちにはそれぞれに個性があり、選手としてのタイプも十人十色です。

例えば、単純に指の力が強い選手。クライミングでは「保持力」と表現するのですが、わずか3ミリのホールドにつかまる能力を武器とする選手がいる一方で、2センチのホールドにつかまって長時間耐える力を武器とする選手もいる。それから、“飛んだり跳ねたり”のコーディネーション能力に優れた選手もいて、つまりどの筋力が発達しているかによって得意とするパフォーマンスがまったく違うんです。

©2019 TABI LABO

筋力をベースとする“強さ”が違えば、どういう登り方を得意とするかも変わってきますよね。

例えば、100個のルートがあるとします。「選手それぞれに自分の好きなルートを選んでください」というルールがあるとしたら、おそらく、すべての選手が「それなら俺が優勝できる」と言うでしょう(笑)。それくらい、選手のキャラクターはバラバラ。もちろん性格的な部分も大きく関わってくるので、イケイケの勝負をする選手もいれば、極めて慎重に戦う選手もいます。

ちなみにこれは余談ですが、女子選手のキャラクターはよくわかりません。普段はすごくおとなしい子が、壁と向き合った瞬間、イケイケの登り方をしたりするんですから。ぜひ、そういう“キャラクター”にも注目してください!

©2019 TABI LABO

クライミングには、各種目とも競技直前に2分間の「オブザベーション」という時間が設けられています。

これは出場選手全員がその日のコースを確認し、どのように登るかを観察して考える時間。出場選手同士で「自分ならこう登る」「あそこは右手」「あそこは左手でしょ?」と話し合いながら、ベストな登り方を探るのですが、これって、クライミングならではの文化ですよね? だって、競技としては“対戦相手”である選手たちと一緒に、登り方を考えるんですから(笑)。

もし絶対に間違っていると思う意見を言う人がいたら? いやあ……その時に「それは違う」と伝えるかどうかは、その人次第です(笑)。そういう意味では人間性が問われる時間かもしれません。

お客さんはこの時間も観られるので、僕たち選手がどんなことを話しているか想像してみてください!

「クライミング世界選手権2019」概要

<ボルダリング>
8月11日(日) 女子予選 自由席:2500円
8月12日(祝・月) 男子予選 自由席:2500円
8月13日(火) 男女準決勝・決勝 指定席:4500円、自由席:3000円

<リード>
8月14日(水) 男女予選 自由席:2000円
8月15日(木) 男女準決勝 指定席:2500円、自由席:2000円
8月15日(木) 男女決勝 指定席:3000円、自由席:2000円

<スピード>
8月17日(土) 男女予選・決勝 指定席:3000円、自由席:2000円

<コンバインド>
8月18日(日) 女子予選 指定席:4000円、自由席:3000円
8月19日(月) 男子予選 指定席:4000円、自由席:3000円
8月20日(火) 女子決勝 指定席:4500円、自由席:3500円
8月21日(水) 男子決勝 指定席:4500円、自由席:3500円

プレイガイド
【WEB】チケットぴあ、ローソンチケット、楽天チケット、CNプレイガイド、セブンチケット セブン-イレブン店頭マルチコピー機「セブンチケット」ボタンより
【店頭】チケットぴあ店舗、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート店頭

Top image: © iStock.com/Aksonov
「デニムクライマー」と呼ばれるスポーツクライミングの土肥圭太選手にインタビューしました。
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
一般のクライマーは、どんなところに魅力を感じているんだろう?ボルダリングジム『ROCKY』の品川店に足を運び、声をかけてみました。
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
川崎フロンターレのホームスタジアムには、待ち時間ゼロの飲食注文サービス「ダイニー」が導入されているんです。
勝機を見出したIKEAは、医療用3Dプリンター技術を有するデザイン事務所「UNYQ」とeスポーツに特化した教育機関「Area Academy」の協力を得て...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
BreckとKelseyのカップルは、ロッククライミングが大好き。そこでこの小さなトレーラーハウスにお引越しすることを決めたとき、自分たちらしいエクステリ...
5月、スウェーデンで408時間ものあいだアイスホッケー世界選手権のトーナメントについて喋り通したスポーツキャスターがいました。彼の正体は……。
8月6日、女性のエンパワーメントを推進する目的でデートアプリ「Bumble」が、eスポーツ団体「Gen.G」と共同で、女性だけのeスポーツチーム「Gen....
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
日本ではルールが難しいというイメージがあるアメフト。だけど、いくつかのポイントに抑えて観戦をすれば、初めてでも楽しめます。ここでは数ある見どころを絞りに絞...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
武蔵小山の商店街にある〈みやがわスポーツ〉。お店の奥では、いろんなサイズのサコッシュやトートバッグ、ポーチなどが作られています。型もサイズもさまざま。価格...
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...
スイムブランド〈SPEEDO(スピード)〉とスポーツライフスタイルショップ〈NEUTRALWORKS.〉のダブルネーム。
クライミングウォールにプロジェクションマッピングを投影、新しいゲーム性を取り入れた遊び方が可能になりました。未来感満点のワクワク動画は必見です!これは、投...