スポーツフォトグラファーが現地で見た、サッカー「EURO 2016」。エッフェル塔の色が毎日変わる!

ポルトガル、ウェールズ、ドイツ、フランスとベスト4が出揃い、ますます目が離せなくなってきた「UEFA EURO 2016」。連日寝不足気味で出勤している、なんて人も多いのではないでしょうか?

実はこのフランス大会をもって、EUROの1カ国開催が終了。次回は13カ国での分散開催となるため、世界中のサポーターがこれほどまでに一つの国に集結することは最後になるかもしれません。

ここでは、そんな熱気溢れるパリの風景をお届けします。

スタジアムで受けた
セキュリティチェックは4回!

4a77be16b300be5e14111d4bafb1732fa5d51acf

いまだ記憶に新しい昨年11月の同時多発テロ事件により、緊張と恐怖をぬぐいきれていないパリ。そのため、スタジアムやファンゾーン、人が集まりやすい空港や駅などは「超」がつくほどの厳戒体制で監視が行われています。

今回は客席からの風景を撮ろうと、チケットを購入してスタジアムに向かいました。すると、試合会場に到着してから着席するまでに受けたセキュリティチェックは、なんと4回!もちろん、大きなカメラの持ち込みは禁止。私が普段仕事で使用しているカメラも入り口で預けるハメに……。予備でコンパクトなカメラを持っていて良かった!

3a97c36c943a3e7d37ea2363a1237e7e9006e48785cf0b00d7618a3000bcac95325e713d2170c566

あちこちで銃を携えた警官が目を光らせるなど物々しい雰囲気、かと思いきや、サポーターはそんなのお構いなし。だってサッカーを楽しみに来たんだもん!と言わんばかりに、歌って踊ってビールを飲んで大騒ぎ。へべれけになりながらセキュリティチェックを受けている姿に、思わず笑ってしまいました。

持ち帰りたくなるほど
オシャレなカップ

36171328f12d53fd8603cb850c38b9fec911da7c

スタジアムで飲み物を購入すると、その日の対戦カードがプリントされたカップで提供されるなど、細かい演出もニクいかぎり。試合中は自国選手を熱烈に応援していたサポーターも、ひとたび試合が終われば近くにいる対戦国のサポーターとハグや握手をして別れる光景が当たり前のように見られ、改めて世界は一つなんだなと実感しました。

48d3467dfb05bdf8445a89ed4c5a5fa16dfd003b

実は、子どもたちも戦っていた

18cc2a50fd16e81c1666a579b12276e4e8bdebb7

さて、盛り上がっているのは、大人だけではありません。なにせ国を挙げての大きなお祭りですから、子どもだって黙ってはいないのです。

パリ市内のエコール(小学校)の給食のメニューは、なんと連日EURO仕様!その日行われる試合の対戦カードがそのままメニューに再現され、各国の名物料理が子どもたちのお腹の中でも対戦しているというわけです。料理名の隣にそれぞれ品質保証のマークやBIOマークが描かれているところが、オーガニックなどの食にこだわるフランスならではですね。

6cdf0eaaf03d101423a03a76b64d67286db47098

パリのランドマークといえば、エッフェル塔。大会期間中はその前に広がる24.3ha(およそ東京ドーム5個分)もの広さを誇るシャン・ド・マルス公園がファンゾーンになっています。

エッフェル塔をバックに観戦するパブリックビューイングは、感動そのもの。園内は、バーやマクドナルドなど飲食設備も充実。厳重なセキュリテイチェックを受けてから入るので、子どもでも安心しながらサッカー観戦が楽しめます。

D98caff150aef8af7f1cd71e81c84f17f643e53f

エッフェル塔が
勝利チームの国旗色に染まる

Cb0779bc547a19cf816b37cfd931600f221c8b54Cec32246e4d1340d0c892c3b5265e030e54773be

ヨーロッパの初夏は日が長いので、その日の最後の試合が終了する頃、ようやく辺りが暗くなります。すると目の前のエッフェル塔が、試合に勝利した国の国旗色にライトアップ。その瞬間、大勢のサポーターから歓喜の声が。異国からわざわざ来たサポーターにとっても、フランス国民にとっても、こんなに素敵で粋な勝利の祝福なんてありませんよね!

さあ、いよいよ準決勝。エッフェル塔は、次はどの色に染まるんだろう?今日の給食で子どもたちは何を食べたのかな?……などと現地に思いを馳せながら、残された試合を楽しんでみてはいかがでしょうか。

一生の記念になりそうなこの企画は、バケーションレンタル業界最大手の「HomeAway」によるもの。フランス政府公認の、UEFA EURO 2016公式ファ...
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
スポーツをすると、カラダがスッキリとして気持ちも爽快になるものです。もしそんな気持ちを、恋人同士で共有することができたら素敵じゃないですか?「Elite ...
付き合いたい女性の条件は、もちろん人それぞれ。ただその中でも、同じ趣味のパートナーを求める人は増えているようです。会話も合うし、同じ時間を共有できる。それ...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
ここで取り上げるのは、サポーターではなく「日本代表選手たち」が見せた美しきマナーについて。
COP21。地球環境の行く末を世界のリーダーたちが、一同に介して議論していた同じ時、パリを象徴するモニュメントから、世界へ向けて発信されたもうひとつのプロ...
コーチが「ネイマール!」と叫ぶと、サッカー少年たちがわざと転んで痛がっているふりをする動画がYouTubeで公開されました。
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
日本ではルールが難しいというイメージがあるアメフト。だけど、いくつかのポイントに抑えて観戦をすれば、初めてでも楽しめます。ここでは数ある見どころを絞りに絞...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
セネガルサポーターSuloさんは、日本人サポーター3人と盛り上がっている動画を投稿しました。すでに360万回以上も再生されているわけですが、『ONE PI...
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
いざ、球技をやろうと思っても広いスペースが必要で、自由に遊べる場所って少なかったりしますよね。「もっと手軽に都会の中でもスポーツを楽しみたい!」。そんな思...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。