「テクノロジー」に注目するだけで、W杯はもっと面白くなる

大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。

格下と目されるオーストラリアが優勝候補を相手にジャイアントキリングを起こした、というわけではない。結果は2-1でフランスの勝利。極めて順当といえる。

では、何が歴史的なのか?

実はフランスに勝利をもたらした2つのゴールそれぞれに「テクノロジーの力」が関わっているのだ。

フランスの1点目のシーン

ひとつ目のテクノロジーは、今大会から導入された「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)」。PKやレッドカードの対象となるような際どいプレーが発生した場合に、主審が映像を確認してジャッジを下すというものだ。

フランスの先制点はこのVARによるもの。攻撃時にペナルティーエリア内でFWアントワーヌ・グリーズマンが倒されるも、ノーファールの判定で試合は続行された。

しかし、プレーを止めて映像を確認した結果、オーストラリアDFにファールがあったとしてフランスがPKを獲得。これをきっちりとグリーズマンが決めるわけだが、このゴールは長いワールドカップの歴史の中で初めて、VARによってもたらされたものとなった。

フランスの2点目のシーン

そもそもサッカーでは、ボールが「完全に」ゴールラインを超えないかぎり得点が認められない。ネットを揺らすようなシュートであれば誰の目にも明らかだが、例えばライン上ギリギリでボールを掻き出したような場合、見極めるのは困難だ。

そこで、ふたつ目の「ゴール・ライン・テクノロジー」。これはボールが完全にゴールラインを超えていた場合、1秒以内に主審の腕時計を振動させ、ディスプレイに「GOAL」と表示させるもの。前回のブラジル大会から導入されている。

フランスの2点目は、このテクノロジーによるものだった。ゴール前でオーストラリアDFの足に当たったボールは、クロスバーに当たってピッチ上にバウンド。一見しただけでは判定が難しいものだったが、主審の腕時計にゴールインが知らされた。

ちなみにTV中継やメディアの報道等では、VARとは異なり「GLT」とは略さずに使うのが一般的。

テクノロジー導入の賛否両論

確かに、「主審を守る」という意味ではメリットでしかない。人の目で瞬間的にジャッジを下す以上、100%正確な判定などあり得ないからだ。

自宅のリビングで何度もリプレイ映像を見たのち「ファールだ」「いや、ファールじゃない」と気軽に見解を述べられる視聴者とはワケが違う。ワールドカップのようなビッグトーナメントで誤ったジャッジをしようものなら、半永久的に「誤審をした誰それ」として語り継がれてしまう。

一方、ポジティブな側面の代償として、失われてしまうものもある。

90分という決められた時間のなかで戦うサッカーには「流れ」が存在する。ゴール・ライン・テクノロジーは1秒以内なので問題視されないが、VARは間違いなく「流れ」を止めてしまうものだ。

これはプレーしている選手にとってだけでなく、観る側にとっても大きい。ファールばかりで何度も笛が吹かれて流れが止まってしまう試合はつまらない、と見るサッカーファンは多い。

さらに事態を複雑化させるのが、「誤審が名場面を生むこともある」という事実だ。

人の目という不完全なものがジャッジしたからこそ、世界中のサッカーファンは1986年から今日に至るまで、ディエゴ・マラドーナの神の手を語り草にすることができた。

もっとも、何より優先されるべきが両チームの公平性であることは言うまでもない。近年はそのためにテクノロジーが活用されていて、様々な捉え方がある。そんなことを知っておくだけで、まだまだ始まったばかりのワールドカップをより一層楽しめるかもしれない。

Top photo: © iStock.com/Ohmega1982
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
一世を風靡した『北斗の拳』において、南斗六聖拳の一人で「聖帝」と称するサウザー。そんな彼を主役に据える『北斗の拳イチゴ味』をもとにした、2019ラグビーW...
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
毎晩のように熱戦が続いていますが、ここで取り上げたいのは今大会のことではありません。かといって2022年のカタール大会でもなく、その次の話。
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
ここで取り上げるのは、サポーターではなく「日本代表選手たち」が見せた美しきマナーについて。
「世紀の番狂わせ」といわれた、日本の勝利で始まったラクビーW杯2015。屈強な男たちの肉弾戦は、スリリングで興奮度満点。でも、ルールを理解していたら、もっ...
ワールドカップ ロシア大会の真っ最中、雨がそぼ降る渋谷・円山町「WOMB」に集まった夜遊び大好きな大人たちの楽しそうなヒトコマを撮影させてもらいました。
ラグビーW杯イングランド大会、1次リーグ第3戦。日本は強敵サモアに26-5で快勝。初の1大会2勝を成し遂げると同時に、悲願のベスト8進出へ望みをつないだ。...
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
〈MOONSTAR(ムーンスター)〉の「RALY W」です。起毛感のあるモールスキンのアッパーは秋冬にピッタリ。実際、保温効果もあります。色味も落ち着いて...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
運命のシリア戦は今夜キックオフ!本日2015年10月8日22時キックオフのサッカーW杯アジア2次予選。日本はアウェイの地でE組首位に立つシリアと対戦。個々...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
ブラジルの写真家、マルコス・アルベルティさんが「ワイン・プロジェクト」という、楽しげなポートレイトを撮影。内容はいたってシンプルで、ワインを使って「なし」...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
スポーツをすると、カラダがスッキリとして気持ちも爽快になるものです。もしそんな気持ちを、恋人同士で共有することができたら素敵じゃないですか?「Elite ...
「mui」の見た印象は、たった1枚の板。だけど、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているそう。開発は、日本・京都とアメリカ・ボストンを拠点にするNISSH...
自然と調和して暮らしたい(しかも、快適性も担保しつつ…)。そんな住宅がついに登場! なんとこの家、水に浮かんでいるらしいんです。水面にポッカリ浮かぶデザイ...