【サッカーW杯】史上最大の得点差ゲームがエグい……

何気ない一日に思えるような日が、世界のどこかでは特別な記念日だったり、大切な一日だったりするものです。

それを知ることが、もしかしたら何かの役に立つかもしれない。何かを始めるきっかけを与えてくれるかもしれない……。

アナタの何気ない今日という一日に、新しい意味や価値を与えてくれる。そんな世界のどこかの「今日」を探訪してみませんか?

サッカーW杯で史上最大の得点差ゲームが生まれる

今年11月に開催される2022FIFAワールドカップ(W杯)。強豪ひしめくグループEに入った日本。“死の組”なんて悲観的にならずに奮闘を期待しましょう!

さて、そのW杯において、数々の記憶に残る名勝負が繰り広げられてきましたが、なかには別の意味で世界に衝撃を与え、記憶とともに記録にも残る試合があります。

サッカー史に残る一戦が行われたのは2001年4月11日のこと。

豪ニューサウスウェールズ州コフスハーバーにあるBCUインターナショナルスタジアム。日本と韓国の共同開催で行われた「2002FIFAワールドカップ(日韓W杯)」のオセアニア予選でのできごとでした。

オーストラリア代表 vs アメリカ領サモア代表

結果は……31 - 0

前半だけで16点を挙げたオーストラリア。後半も怒涛の攻撃を仕掛け、最終的に31のゴールを積み上げました。FWのアーチー・トンプソンはこの試合ひとりで13得点を叩き出し、1試合における個人の最多得点記録となりました。

ちなみに、当時のFIFAランキングはオーストラリアが75位、アメリカ領サモアは最下位の203位。

完全なるワンサイドゲームは、予選のありかたそのものについての議論を呼び、不均衡な試合を避ける目的で2006大会のオセアニア予選より、予備予選が設けられることとなったのです。

そもそも格下相手のオーストラリアは、レギュラーメンバー全員を休ませ召集外とし、控え選手をベンチ入りさせて臨みました。それでもこの点差とは……。

いっぽうのアメリカ領サモア。なんでもパスポートの手続きに問題を抱えていたそうで、満足に代表選手を招集できず、20人の招集メンバーのうち出場できたのはGKだけだったとか。

で、残りのメンバーはといえば、U-20代表選手らを追加招集しようとしたものの、運悪く高校の試験と重なり見送り。結果的に強豪オーストラリアと対峙したのは、3選手が15歳というユース世代でこしらえた急造チームだったとか。

さすがに短期間では、戦術理解もチームワークも乏しかったでしょう。ジャイアントキリングどころか、下手したらトラウマにもなりかねないような史上最大の得点差ゲームとなってしまったというわけ。

でも、誰も彼らを責めることはできませんよね。

そうそう、FIFA以外の国際試合で話をすれば、南太平洋諸国が参加する総合競技大会「Pacific Games(パシフィックゲームズ)」で対戦したバヌアツ対ミクロネシア連邦。こちらも46 - 0のワンサイドゲームとなりました。

Top image: © iStock.com/ALFSnaiper
TABI LABO この世界は、もっと広いはずだ。