ビジネスでも起こりうる「イングランド代表の失敗」――ベンのトピックス

みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!

ベンはサッカーファンです(イギリス風に言うならフットボールですが、ここはサッカーとしておきましょう)。結構複雑な理由で、PLのアーセナルとAFCボーンマス応援しています。スペインならレアル、ドイツならバイエルン、イタリアはインテルです。

でも、最初のサッカーの思い出はプレミアリーグじゃなくて、この試合なんです。

2002年6月21日、静岡スタジアム15:30
(イギリスだったら07:30)

イングランド 対 ブラジル

11人対10人

(ロナウジーニョのレッドカードのせいで)

1 ー 2

2002年の日韓W杯の試合です。この時のイングランド代表には、オーウェン、ベッカム、コール、スコールズ、シーマン、キャンベル、ファーディナンドなどがいました。ゴールデン・ジェネレーションです。だけど、この試合でイングランドは敗退しました。

そして、2006年のドイツW杯でもまったく同じことが起こりました。あの年はイギリス人のサッカーファンとしてはとくに辛かった。サッカーを作った国は40年間ワールドカップで優勝していないという状態に……。2006年はオーウェンとベッカムにとって最後のワールドカップでした。

さて、どうして才能がある豪華なメンバーが揃ったイングランド代表が失敗したのか?僕が思う(そして、イギリスのいろんな專門家が分析している)理由は、サッカーとはあまり関係ありません。それはビジネスチームでも起こり得る問題です。

原因①
優先順位の問題

まず最初の原因は、代表チームよりクラブチームでの成功が優先されていたことです。

例えば、マンチェスター・ユナイテッドのファーディナンド、ベッカム、スコールズは毎日毎日一緒にトレーニングをしていました。監督とチームメイトたちは一緒にストラテジーを考え、チームスピリットが強かった。だけど、彼らはそんなクラブレベルのメンタリティーを捨てらなかったようです。

リヴァプールのオーウェンとへスキーとか、アーセナルのコールとシーマン、2006年のチェルシーのテリーとランパードも同様です。イングランド代表においては、しばしば優先は国よりクラブ。経済的にはクラブでの成功のほうが報われるのも理由でしょう。

これは憶測ではありません。

2017年のBTスポーツのインタビューで、ファーディナンドは「若い頃、フランク(ランパード)とは一緒にトレーニングをした仲だけど、自分がマンチェスター、フランクがチェルシーに行ったことで、コミュニケーションをとらなくなった。リバプールの選手とは一緒にビールを飲みたくなんてなかった」といったことを語っています。

どうですか?同じようなことがビジネスでもあると思いませんか?

原因②
過剰な周囲の期待

「イングランドはサッカーのホーム」「俺たちが作った競技だよ!」。イングランドのファンがよく言う言葉ですよ。

まあ、これは選手たちの問題ではないけれど、それぐらい期待が大きいということです。イギリスでは、毎回ワールドカップでは「ガッカリした〇〇年間」なんて言われていますが、イングランド代表がワールドカップで優勝したのは、1966年のことですよ!

イギリスのメディアとファンの期待は大きすぎるんです。

原因③
リーダーの問題

サッカーでも、ビジネスでも、マネージャーは大事ですよね。2002年のワールドカップでイングランド代表の監督だったスヴェン・ゴラン・エリクソンはチームをまとめることができませんでした。

彼はもともとイタリアのセリエAのSSラツィオの監督でした。エリクソンが成功した1999〜2000年のシーズンでSSラツィオはとてもいいチームでした。だけど、これは彼のリーダーシップは関係ありません。チームメンバーをみればわかります。シメオネ、インザーギ、ネスタ、マンチーニ、ミハイロヴィチ……みんなその後、監督になった選手ばかりです。つまり、それだけ頭のいい選手が揃っていたのです。エリクソンがうまかったのは、彼らを集めること。つまり、お金の使い方です。

でも、それは代表チームでは通用しません。

クラブでは、新しい選手が獲得できるし、システムに合わない選手を放出することも可能です。選手の人材銀行は大体制限ありません。だけど、代表チームの人材銀行は制限があります。お金の使い方じゃないんです。

そして、エリクソンはチーム内でのコミュニケーションもあまりうまくありませんでした。クラブレベルで仲が悪いメンバーたちをまとめられませんでした。

今でもイギリス人がエリクソンの名前を聞くと、レスポンスは「無能」や「冗談」という単語になることが多い。彼の失敗は、代表チームの監督になったこと。多分クラブレベルでの監督としては評判は悪くないけど、そのリーダーシップはまったく別なのです。

結局、チームワークですよね

まあ、イギリスの「ゴールデン・ジェネレーション」は終わりましたが、記憶に新しい2018年のロシアワールドカップでは、イングランド代表はベスト4に入りました。

この時のメンバーは、2002年や2006年がゴールドだとすれば、せいぜいシルバーでしょう。だけど、結果はベスト4です。トッテナム、マンチェスターシティ、チェルシーなどの選手たちが一緒に頑張ったし、監督のガレス・サウスゲートは、チーム内コミュニケーションを作りました。

クラブレベルでいろいろな対立があったり、歴史的に変なプライドがあったり……そんなイングランド代表は、チームワークの重要性を教えてくれます。

Top image: © Creative Photo Corner/Shutterstock.com
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!

関連する記事

今回紹介するのはサッカーのワールドカップです。だけど、プレーするのはホームレスの人だけです。
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
ベンはアーセナルのファンです。「どうして?」とよく日本人の友達から聞かれます。理由は大きく分けて3つあるから紹介したいと思います。
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
サルバドール・ダリの作品を数多く所蔵する「諸橋近代美術館」で、「ダリ」と「会津民芸品」をコラボさせたミュージアムグッズ「ひげべこ」を発売。昭和37年より張...
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
イングランド、プレミア・リーグといえば、マンチェスター・シティー、マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、チェルシー、そしてアーセナルとトッテナムしか...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!僕は一度だけミス・コンテストを見たことがありますが、コンテンストについて正直よくわかりません。女性を外見だけで...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
今回のベンはちょっとパンクです。ヤバい(ぐらいおもしろい)ミュージックビデオを紹介します。キム・ゴードンの『Air BnB』です。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!もう2019年は過去のことですが、「ベスト・デスティネーション」に関しては終わっていないんですね。今回はヨーロ...
アメリカでオルタナティブなビタミンDを摂取する方法を紹介します。「Butthole Sunning」です!
僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。ところが!
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
今まで映画についていろいろと書いたことがありますが、今回は懐かしい映画についての話です。
僕はテクノロジーには疎いタイプです。2005年ぐらいまでVHSを使ってたし、DVDは2015年ぐらいまで。Blu-Rayは完全にスルーしました(笑)。そし...