インフルエンサーがいれば、アンフルエンサーも絶対いる――ベンのトピックス

みなさん、今日もベンのトピックスでお会いできましたね!

今日は最近よくニュースやインターネットで聞いたり目にする「love」と「hate」という二律背反した言葉の意味を考えます。

ちょっと昔の話だけど、ベンがティーンエイジャーの時代に流行った映画『トワイライト〜初恋〜』の“論争”がありました。
「あの映画が死ぬほど嫌い」派と「トワイライト?マスターピースだよ〜!」派のふたつに分かれたんです。ベンはどっちだったかというと……ずっと真ん中の中立でした。どっちの意見もよいところと悪いところそれぞれありましたから。

で、今回はそういう対照的なエモーションについてのトピックなんです。残念ながら『トワイライト〜初恋〜』のことはここまで。(期待した人、ゴメンね。)

お伝えするのはインフルエンサーがいれば、「アンフルエンサー」もいるってこと。

Unfluencer(アンフルエンサー)とは?

2019年、アメリカ・ニューヨークのメディア『The Cut』のジャーナリスト、マリサ・メルツァの記事に登場した「Unfluencer(アンフルエンサー)」という言葉。この記事を読んだとき、ベンはすごく興味をひかれました。

そもそも「Influencer(インフルエンサー)」とは、ラテン語の「Fluentia」に基づいて派生したワード。「Fluentia」は日本語で表現すると「流れ」にアタる言葉。だから「Influencer」を意訳すると、「流れに“Inする=貢献する”人」ってなります。

インフルエンサーってシンプルに言ってしまえば、ハリウッドスターでも、ボディビルダーでも、前に紹介したママグラマーでも、「この人の価値観とかライフスタイルとかが好きでコピーしたい〜!」って思われるような人物。インフルエンサーはムーブメントの一部なんだと思います。

逆に、「Unfluencer(アンフルエンサー)」は文法的に間違っている造語なんだけど、意味はシンプルで「流れを“Unする=止める”人」です。でも、アンフルエンサーにだって、大事な役割があるんです。

「あの人」って、みなさんにもいるでしょ?

例えばアメリカのカーダシアン一家。彼らはインフルエンサーであると同時にアンフルエンサーでもある!
インフルエンサーとして「あの人が使っているから、私も使おう!」って思われるのとは逆に、「あの人が使っているから、二度と使わない!」ってリアクションを持つ人も現れる。後者のそれこそがアンフルエンサーとしての影響力。
カーダシアン一家って、全員そんな存在ですよね?

そう考えると、Instagramとか、TwitterなどのSNSを使っている人にとって、誰かしらの“あの人”がいるはず。自分的には、何を言っても賛同できないし、ありえない程ダサいと思っているのに、他の人からは好かれて支持されている……“あの人”です。

それに、失礼な嫌がらせコメントをpostするのとかは絶対ダメ(ベンはそういう行動を容赦できない!)だけど、ひっそりと“あの人”が好きなブランドや意見をチェックして、わざと反対を選ぶ人とかも多いと思います。これって“あの人”が本物のアンフルエンサーだという証。

現在のSNSの世界において、「アンフルエンサー」の役割って何かあるんじゃないでしょうか?それくらい、みんなが経験していることではないでしょうか?

みなさんにとってのアンフルエンサーって誰なのか、胸に手を当てて(いや、SNSを見返して?)、思い浮かべてみてください。

Top image: © iStock.com/GeorgePeters
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
デンマーク政府がインフルエンサーのコンテンツを規制する方針を明らかにしたと報じられた。同国の児童・教育省は、インフルエンサーに対し、従来のメディア同様に“...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
東京「自由が丘スイーツフォレスト」が「シルバニアファミリー」とコラボレーションしたクリスマス限定のケーキを発売する。注目は、3Dシュガーアートクリエイター...
今回のベンはちょっとパンクです。ヤバい(ぐらいおもしろい)ミュージックビデオを紹介します。キム・ゴードンの『Air BnB』です。
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。ところが!
僕はテクノロジーには疎いタイプです。2005年ぐらいまでVHSを使ってたし、DVDは2015年ぐらいまで。Blu-Rayは完全にスルーしました(笑)。そし...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...