「信じられないぐらい可笑しい」米英トップのSNSの使い方――ベンのトピックス

みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい。

2020年までもうすぐです。つい先日イギリスでは総選挙がありましたが、2020年はアメリカの大統領選挙もひかえていますね。ボリス・ジョンソン英首相とドナルド・トランプ米大統領。彼らはいつも世界中のニュースの中心です。ポジティブな理由はあまりないけど……。

まあ、ここはカルチャーについて書く「ベンのトピックス」なので、あまりポリティカルにならないようにしましょう。選挙も気になりますが、僕が注目したのは、二人のSNSの使い方です。

本当に信じられないほど可笑しい!

まずはトランプ大統領のツイートをみてください

※この記事は、トランプが弾劾訴追される前に書いたものです。上記の投稿も11月28日のものです。

この投稿はリツイートでもリプライでもなんでもありません。なんのコンテキストもなく、突然トランプ大統領がこういうツイートしたのです。テキストもないから、意味がわからない。ただただシルベスター・スタローンのボディに自分の頭をのせただけのイメージです。

誰も意味がわからない……。

トランプ支持者のなかには、このツイートを「俺は(何かの)戦いに勝った」とか、国民に向けて「We Are the Champions」というメッセージだとか解釈した人もいたみたいです。一方、アンチトランプ派は「リベラルと戦うぞ!」あるいは「必要なら暴力だって使う」というメッセージだと解釈した人もいたようです。

僕の意見はどちらでもありません。単なるトランプ大統領の自己愛だと思います。

次にジョンソン首相の保守統一党のYouTubeをみてください

これはイギリスで総選挙が行われる前に、保守統一党がYouTubeにアップしたもの。変なビデオです。

タイトルは「lo fi boriswave beats to relax/get brexit done to」。日本語訳すると「リラックスするか、欧州連合から離脱できるLo-Fi“ボリスウェーブ”ビーツ」みたいな感じでしょうか。英語でもナンセンスなんで、うまく訳せません。

これはMoodyCowによる世界的なバイラルとなったストリーム「lofi hip hop radio- beats to relax/study to」を真似ていますね(知らない人は、YouTubeで検索してみて)。インターネット・ミームになって、若者が大笑いして、保守統一党に投票する……なんて思ったんでしょう。ジョンソン首相のチームには確実にミレニアルズがいることがわかります。

まあ、現代の政治ですよね。政策よりもミームです。

この投稿のおかげとは思わないけれど、結局保守統一党が選挙で勝ちましたし……。

日本はまだいいほう!?

一部のアメリカ人によると、米大統領は「自由世界のリーダー」ですが、リーダーがそんな行動しないと思います。ジョンソン首相に関しても同じです。日本の首相がこんな投稿をしたら多分大問題になると思います。というか、安倍首相はこんな投稿しないでしょう。日本の政治もどうかと思うところがあるし、選挙でYouTubeを使うこともありますが、ことSNS上でいえばイギリスやアメリカよりは、まだいいかなと思います。

イギリスとアメリカの政治はだんだん冗談になってるように思います。

僕も笑うけれど、苦笑いです。

Top image: © Jeff J Mitchell/Getty Images
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
日本人にはドナルド・トランプの魅力が理解しがたいという話を何人かの友人から聞きました(信じてほしいのですが、イギリス人だって同じです)。彼の派手で荒々しい...
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
「竹内まりや」がヨーロッパでも人気になっている理由をYouTubeのアルゴリズムをあげました。今日は、そんなYouTubeで成功している「キング・オブ・ア...
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
パティ4枚使用の「バーガーキング」人気シリーズ「超ワンパウンドビーフバーガーシリーズ」に最新作が登場。あれ、、バンズは……?
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
「Graphpaper(グラフペーパー)」の「Solotex Taffeta Down Jacket」の紹介です。
寒い季節は、身体が冷える影響で「生理痛」が重くなってしまう人が増加。そこで「生理痛軽減」に関するアイテムや工夫をいろいろ集めてみました。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!僕は一度だけミス・コンテストを見たことがありますが、コンテンストについて正直よくわかりません。女性を外見だけで...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...