フィオルッチの復活――ベンのトピックス

日本でも80'sカルチャーが見直されていますが、それはヨーロッパでも同じ。

エリオ・フィオルッチによって1967年に設立されたブランド「FIORUCCI(フィオルッチ)」が、今華々しく復活を遂げています。

©FIORUCCI

1970〜80年代、ミラノのファッション業界におけるキープレーヤーだったフィオルッチ。そのグラマラスなスタイルは80年代を象徴するイメージとなり、当時ショップでは大規模なパーティーやコンサートが開かれていました。顧客に名を連ねれていたのは、カルバン・クライン、マーク・ジェイコブスといったデザイナー、さらには歌手のマドンナといった有名人。フィオルッチは僕たちにストレッチジーンズをもたらした偉大なブランドです。

しかし、80年代も末になると経済難に陥り、ニューヨークのショップは閉店。買収された後、新たなスタートを切ろうとするもうまくいかず、結局フィオルッチは当時の勢いを取り戻せず。最後に残ったミラノの旗艦店も2003年には閉店。15年にはエリオ・フィオルッチ自身がその生涯に幕を閉じました。

ところが!

©FIORUCCI

2015年に転機が訪れました。

フィオルッチブランドを保有していた伊藤忠商事株式会社は、ヴィクトリアズ・シークレットの元CEOジェイニー・シャファーに権利を売却。シャファーは、ヨーロッパやアメリカの80年代ファッションブームに乗り、フィオルッチを再興するために、主要デパートやオンラインストアでポップアップを開設。UK版「HARPER'S BAZAAR」のインタビューで「70〜80年代と同じ年齢層の若者に刺さっている」とシャファーは語っています。勢いに乗ったフィオルッチは、ジジ・ハディッド、ヘイリー・ボールドウィン、ケンダル・ジェンナーといったミレニアルズに愛用されるブランドになりました。

そして、世界中の注目が集まるなか、17年9月にはロンドンのブリューワー・ストリートに新店舗をオープン。

僕も行きました(笑)。

ここはすごいです。3階建て、約400㎡もある広い店内には、フィオルッチのキーアイテムである「エンジェルズ」のTシャツや、ビニールのパンツなどが並び、ブランドの50年の歴史をいかしつつ、トレンドが感じられるラインナップになっています。

とくに印象に残っているのは、ちょうど去年の今頃、クリスマスシーズンです。店内にはアイスリンクでスケートができるようになっていました。しかもセッコを飲みながら。

ちょっとバブルっぽいかな(笑)。だけど、店舗ではオンラインショップでは購入できない限定商品も販売しているし、ロンドンに行く機会がある人は、足を運ぶ価値がありますよ。

TOP PHOTO: ©️FIORUCCI
REFERENCE: HARPER'S BAZAAR

ベンが書いた、ほかの記事はコチラ

10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
日本にはイギリスファッション好きな人が多いですね。韓国や台湾とは違ってイギリスブームは長く続いていて、いろいろな流行りが日本にやってきたと思います。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
この夏ロンドンでは、今年で2回目となる「Bare Fashion」が開催されます。メインとなるのはファッションショー。ランウェイの上を、ヴィーガンの洋服を...
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
今回のベンはちょっとパンクです。ヤバい(ぐらいおもしろい)ミュージックビデオを紹介します。キム・ゴードンの『Air BnB』です。
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
ニューヨークのブロンクスに新しい博物館がオープンします。読者のみなさんは「どうしてベンは、東京から1万kmも離れた場所にできる建物を紹介するのか?」と思う...
僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。ところが!
「竹内まりや」がヨーロッパでも人気になっている理由をYouTubeのアルゴリズムをあげました。今日は、そんなYouTubeで成功している「キング・オブ・ア...