ゴルフ人気復活のカギ「Puttshack」――ベンのトピックス

アジア全体にあるゴルフコースのうち半分が日本に集中していることを僕は知っています。1980年代からゴルフは日本のビジネスと政治の世界で大きな役割を担ってきたことも知っています。最近では安倍首相がトランプ米大統領と18ホールをまわりましたね。それぐらい日本はゴルフが盛んな国だと僕は知っています。

そして今、多くの若者がゴルフを父親世代の娯楽と捉えていることも知っています。プレーしたり、試合を見たりする人が減少傾向にあることも知っています。クラブスポーツとしての敷居の高さや道具を揃えたり、車が必要だったり(実際はそうでもないこともありますが)といった部分がハードルとなっていることも知っています。

じつはイギリスでもそうなんです。

ここ数十年にわたりイギリスにおけるゴルフ人気は衰えてきています。僕自身コースをまわったことはありません。基本すらわかりません。だけど、ロンドンではここ数年で「ミニゴルフバー」が登場し、新しいゴルフの楽しみが増えています。

とてもエンターテインメント性が高い、人気店『Puttshack』

ミニゴルフバーは、日本で言うところの室内パターゴルフ場とバーが合体したようなお店ですが、なかでも一番人気のお店がロンドン西部のシェパーズ・ブッシュにある『Puttshack』です。

ここのコースは、ピンボールやビリヤード、ルーレットをイメージした様々なテーマが設けられていて、バラエティに富んでいます。しかも、各9ホールのコースが合計4つもあるので、飽きることがありません。自動でポイントを計算してくれるシステムなので、かなり気軽にチャレンジすることができます。

さらに、バーでは美味しいラムベースのお酒を楽しめるのも特長となっています。提供されるラムは約100種類!フードの評判も上々です。インスタントっぽいツマミではなく、ちゃんとプロのシェフが関わっています。

ただミニゴルフのコースとバーが併設されているだけでなく、コースをまわると無料の食事やドリンクが楽しめるといった特典もあって、とてもエンターテインメント性の高いお店になっています。

カジュアルな社交の場として、日本でもどうでしょう?

『Puttshack』のようなミニゴルフバーは、グループで楽しむのもいいですが、若いロンドナーの間では、デートの場所としても機能しています。楽しく競いながらお互いを知るのにピッタリというわけです。日本のゴルフクラブがビジネスに関する社交の場として広がったのに対して、イギリスのミニゴルフバーは恋愛の場として広がりつつあるのです。

衰退するゴルフというスポーツを考えたとき、『Puttshack』のようなお店は大きな可能性と言えるでしょう。ゴルフの楽しさに触れる、とてもカジュアルなきっかけを提供しています。

さて、僕は日本でもミニゴルフバーができればトレンドとなると考えています。東京や大阪のダーツバーやプールバーのように、新たな市場があるように思うのです。少なくとも僕は仕事帰りにミニゴルフバーへ行きたいですね。

Top image: © iStock.com/Milepost430Media

ベンが書いた、ほかの記事はコチラ

他の記事を見る
日本でも80'sカルチャーが見直されていますが、それはヨーロッパでも同じ。エリオ・フィオルッチによって1967年に設立されたブランド「FIORUCCI(フ...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
何かを咥える、勇ましいワニの姿―。これは動物園やサファリパークで楽しめる“お馴染みの光景”です。が、その舞台がゴルフ場となると話は別。こんなワニが池から登...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
一見簡単そうに見えますが、実はスゴイ!と話題になっているゴルフの動画があります。パンパンパン!ボールを的確に打つ男性に話題沸騰無数に並ぶゴルフボールを、2...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
結論からいえば、ゴルフボールの耐久性に驚愕してしまう映像。建設機械の鉄輪ローラー車で、ただボールを踏み潰していくだけの動画、といってしまえばそれまで。では...
ニューヨークのブロンクスに新しい博物館がオープンします。読者のみなさんは「どうしてベンは、東京から1万kmも離れた場所にできる建物を紹介するのか?」と思う...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。
日本人にはドナルド・トランプの魅力が理解しがたいという話を何人かの友人から聞きました(信じてほしいのですが、イギリス人だって同じです)。彼の派手で荒々しい...
イギリス人は昼食に何を食べるのでしょうか?
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...