ロンドンに点在する「緑色の小屋」の謎

今回は僕の地元ロンドンにある「緑の小屋」の話題です。

とはいえ、ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!

僕がこの小屋を初めて見たのはロンドン大学に通っていた頃。キャンパスの近くにあるラッセル・スクエアという公園の角にありました。いつも遅刻気味だったので、講義に遅れないよう急いでこの小屋を通り過ぎたものです。

僕が見る限りこの小屋はほとんど使われていないようでしたが、夕方には明かりが灯っているし、クリスマス時期になると飾りつけられていました。僕にとってちょっとしたお化け屋敷のような存在だったんです。

ところが、最近になってこの小屋の前を通りかかると、年配の男女が窓ごしに紅茶やパン、スコーンを販売していました。外にはベンチもあります。ちょっとしたカフェになっていたんです。

© emmamcn/Instagram

好奇心旺盛な僕は、この小屋はいったい何なのか、スタッフの女性に尋ねてみました。

彼女によると、この小屋は「Cabman's Shelter(キャブマンズ・シェルター)」という名称で、Black Cab(ロンドンのタクシー)のドライバーが、休憩したり、交流する特別な場所だそうです。

親切な方でしたが、僕がシェルターの中に入ることは許してくれませんでした。理由は僕が“ナレッジ”を持っていないから(日本語では奇妙に聞こえるかもしれませんが、英語でも同じです。ご心配なく!)

ナレッジの正体とは?

ナレッジがないと言われた僕……。そもそもナレッジとはなんなのか?早速調べてみました。

すると、ナレッジについて、そして、緑の小屋ことキャブマンズ・シェルターについての興味深い事実を見つけることができました。

キャブマンズ・シェルターの歴史は古く、1875年にはじまった施設だそうです。当時の目的は、馬や馬車の御者の休憩所。とくに冬の寒さを凌ぐために機能していました。厳格なビクトリア朝の時代(1837年~1901年)の規則が受け継がれており、賭博やカードゲーム、卑語は禁止。もちろん飲酒も許されていませんでした。

その後、ロンドン全体で60以上ものシェルターが建てられましたが、現在では13が存在し、そのうち10のシェルターが使われているそうです。

緑色の正体は、デュラックスブランドの「バッキンガム・パラダイス・1グリーン」という塗料。シェルターは色だけでなくインテリアに至るまですべて同じもの使用することが決められており、歴史的建造物として維持する努力がなされています。シェルターにはドライバーたちのコミュニティがありますが、悲しいことに縮小傾向にあるようです。

その理由のひとつが、ナレッジです。 

ナレッジというのは略称で、正式には「ザ・ナレッジ・オブ・ロンドン(ロンドンの知識)」と言います。これは1865年にロンドン市が導入した資格で、取得のための試験に合格するには、チャリング・クロス駅から半径10km以内にあるほぼすべての通りの名前を覚える必要があります。その全長は約330km!これをすべて把握するのに、平均的に3年から4年かかると言われています。

そう、ナレッジを有して、シェルターのコミュニティに参加するのは並大抵のことではないのです!

ロンドンのタクシードライバーの記憶力のすごさは世界的にも有名ですが(実際、英国の科学者は、彼らの脳の研究を行ったこともあるぐらい!)、2018年現在にいたっても、ほとんどのブラックキャブにナビがついていません。彼らはそれほどに優秀なのです。

しかし、今日ではロンドンでタクシードライバーになりたい人は減っています。多くの若者はUberやAddison Leeのドライバーになります。給料が少なくても、必要な知識はナビに任せることができます。運賃が安くなることもあるので、乗車するほうもどんどんそちらに流れています。

ロンドンではタクシーに乗ってみて!

僕はいちロンドン市民として(今は東京に住んでいますが)、ブラックキャブのドライバーたちの仕事に対する献身振りを尊敬しています。だから彼らのためのシェルターがあることをとてもうれしく思います。

東京の親切なタクシー運転手にも非常に感謝していますが、彼らは時々路肩に駐車して車内で寝ていますよね?日本にもシェルターがあったらいいのに、と思います。

さて、僕がこの記事で伝えたかったのは「ロンドンではタクシーに乗ってみて!」ということです。そして、彼らとの会話を楽しんでください。知的でユーモラスな方がたくさんいますよ!

ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...