英国ママグラマーはキラキラだけど……哀しいです――ベンのトピックス

みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!

僕たちミレニアル世代は、インフルエンサー世代と言い換えることもできます。いろんな業界でインフルエンサーマーケティングは重視されています。今の時代にインフルエンサーになろうと思ったら「カワイイ」だけじゃダメですよね。メッセージが大事だと思います。僕の父親によく言われました。「有名になりたいより、“何をして何のため”に有名になりたいかを考えるべきだ」ってね。

ところで、イギリスのインフルエンサー事情をWEBで調べてみると、ベンの実家があるサウスロンドンのDulwich(ダリッチ)周辺は、イギリスのママグラマー(英語ではMumfluencer)のホットスポットになってました。

イギリスではママグラマーの人気がすごいです

ママグラマーたちはキレイなファッションモデルとは違います。

彼女たちの評価は外見やファッションよりも、ファミリーとしての姿。子どもと一緒にビーチで遊ぶ写真、旦那さんと散歩するセルフィー、ママたちが集まるイベントの様子などなど。要するにママグラマーは憧れる“モデル”じゃなくて、参考にしたい“ロールモデル”なんですよね。

彼女たちのコミュニティは信じられないほど大きいし、何十万というフォロワー数がいるアカウントも多い。少子化問題のないイギリスでは「親になりたい!」って人が多いからかも知れません。

そんなママグラマーに関して、最近イギリスでスキャンダルがありました。

ママグラマー・ドラマ
※イギリスでは「ドラマ=トラブル」

スキャンダルの主役は、クレミー・フーパーさん。35歳です。ライターであり、ポッドキャスターであり、看護師さんです。クレミーさんと夫のサイモンさんは4人の娘を育てる「ママ&パパグラマー」です。

フォロワー数は、クレミーさんが60万、サイモンさんが100万を超えています。

クレミーさんは、ママグラマーコミュニティで成功しているビジネスウーマンでもあり、柔和な性格の女性として知られた存在でした。

ところが、ママグラマーのコミュニティ掲示板『TattleLife』に突如現れたAliceInWanderLustというユーザーにより事件は起こります。

AliceInWanderLustは、約8ヶ月にわたっていろいろなママ&パパグラマーに向けた超ネガティブなコメントを投稿しまくりました。

なかでも標的になったのが、サイモンさんです。「彼は“Twat”("嫌な奴”って意味だけど、それよりもっと失礼な表現です)」とかそういった内容です。クレミーさんについても「彼のナンセンスに堪えられるなんてスゴイ」と皮肉めいた誉め言葉を投稿しています。

この書き込みについて、ユーザーたちが注目したのが、AliceInWanderLustというユーザーがカリブ海にある小さな島・セントルシアから投稿していること。そして、その投稿が行われた時期、セントルシアのリゾートに滞在していたのが、誰であろうクレミーさんだったのです。

つまり、AliceInWanderLustはクレミーさんだったのです。

彼女は周囲のママグラマーに加えて、自分の夫も攻撃していたわけです。

哀しいね、サイモンさん

イギリスでは、このスキャンダルはとても話題となったのですが、僕が注目したのは、妻の本当の姿を知ってしまったサイモンさんです。

彼のInstagramは、まだまだパパインフルエンサーとしての高いテンションが感じられます

彼の投稿によると、今回の件があっても「4人の娘には親が必要だから、やるべきことやるだけ」と考えているようです。

インフルエンサーでいるより、ファミリーであることが大事ですよね

このスキャンダルで、イギリスのママグラマーの裏側は冷たいビジネス的な世界と見られるようになってしまいました。

ベンはこの件で、サイモンさんのコメントを見て、インフルエンサーでいるより、ファミリーであることが大事だと思いました。自分の私生活、夫婦生活、親としての生活をソーシャルメディアビジネスの中心にすることは、どうなんでしょう?

Top image: © zeljkodan/Shutterstock.com
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
東京「自由が丘スイーツフォレスト」が「シルバニアファミリー」とコラボレーションしたクリスマス限定のケーキを発売する。注目は、3Dシュガーアートクリエイター...
僕はテクノロジーには疎いタイプです。2005年ぐらいまでVHSを使ってたし、DVDは2015年ぐらいまで。Blu-Rayは完全にスルーしました(笑)。そし...
僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。ところが!
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
今回のベンはちょっとパンクです。ヤバい(ぐらいおもしろい)ミュージックビデオを紹介します。キム・ゴードンの『Air BnB』です。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...