英国ママグラマーはキラキラだけど……哀しいです――ベンのトピックス

みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!

僕たちミレニアル世代は、インフルエンサー世代と言い換えることもできます。いろんな業界でインフルエンサーマーケティングは重視されています。今の時代にインフルエンサーになろうと思ったら「カワイイ」だけじゃダメですよね。メッセージが大事だと思います。僕の父親によく言われました。「有名になりたいより、“何をして何のため”に有名になりたいかを考えるべきだ」ってね。

ところで、イギリスのインフルエンサー事情をWEBで調べてみると、ベンの実家があるサウスロンドンのDulwich(ダリッチ)周辺は、イギリスのママグラマー(英語ではMumfluencer)のホットスポットになってました。

イギリスではママグラマーの人気がすごいです

ママグラマーたちはキレイなファッションモデルとは違います。

彼女たちの評価は外見やファッションよりも、ファミリーとしての姿。子どもと一緒にビーチで遊ぶ写真、旦那さんと散歩するセルフィー、ママたちが集まるイベントの様子などなど。要するにママグラマーは憧れる“モデル”じゃなくて、参考にしたい“ロールモデル”なんですよね。

彼女たちのコミュニティは信じられないほど大きいし、何十万というフォロワー数がいるアカウントも多い。少子化問題のないイギリスでは「親になりたい!」って人が多いからかも知れません。

そんなママグラマーに関して、最近イギリスでスキャンダルがありました。

ママグラマー・ドラマ
※イギリスでは「ドラマ=トラブル」

スキャンダルの主役は、クレミー・フーパーさん。35歳です。ライターであり、ポッドキャスターであり、看護師さんです。クレミーさんと夫のサイモンさんは4人の娘を育てる「ママ&パパグラマー」です。

フォロワー数は、クレミーさんが60万、サイモンさんが100万を超えています。

クレミーさんは、ママグラマーコミュニティで成功しているビジネスウーマンでもあり、柔和な性格の女性として知られた存在でした。

ところが、ママグラマーのコミュニティ掲示板『TattleLife』に突如現れたAliceInWanderLustというユーザーにより事件は起こります。

AliceInWanderLustは、約8ヶ月にわたっていろいろなママ&パパグラマーに向けた超ネガティブなコメントを投稿しまくりました。

なかでも標的になったのが、サイモンさんです。「彼は“Twat”("嫌な奴”って意味だけど、それよりもっと失礼な表現です)」とかそういった内容です。クレミーさんについても「彼のナンセンスに堪えられるなんてスゴイ」と皮肉めいた誉め言葉を投稿しています。

この書き込みについて、ユーザーたちが注目したのが、AliceInWanderLustというユーザーがカリブ海にある小さな島・セントルシアから投稿していること。そして、その投稿が行われた時期、セントルシアのリゾートに滞在していたのが、誰であろうクレミーさんだったのです。

つまり、AliceInWanderLustはクレミーさんだったのです。

彼女は周囲のママグラマーに加えて、自分の夫も攻撃していたわけです。

哀しいね、サイモンさん

イギリスでは、このスキャンダルはとても話題となったのですが、僕が注目したのは、妻の本当の姿を知ってしまったサイモンさんです。

彼のInstagramは、まだまだパパインフルエンサーとしての高いテンションが感じられます

彼の投稿によると、今回の件があっても「4人の娘には親が必要だから、やるべきことやるだけ」と考えているようです。

インフルエンサーでいるより、ファミリーであることが大事ですよね

このスキャンダルで、イギリスのママグラマーの裏側は冷たいビジネス的な世界と見られるようになってしまいました。

ベンはこの件で、サイモンさんのコメントを見て、インフルエンサーでいるより、ファミリーであることが大事だと思いました。自分の私生活、夫婦生活、親としての生活をソーシャルメディアビジネスの中心にすることは、どうなんでしょう?

Top image: © zeljkodan/Shutterstock.com
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!

関連する記事

コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
建設会社の「淺沼組」が樹齢130年の吉野杉の端材を用いてつくった「森の香り」のプロダクト。
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
ベンはアーセナルのファンです。「どうして?」とよく日本人の友達から聞かれます。理由は大きく分けて3つあるから紹介したいと思います。
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!僕は一度だけミス・コンテストを見たことがありますが、コンテンストについて正直よくわかりません。女性を外見だけで...
実はイギリスから帰ったばかりなんです(まだまだ時差ボケです)。成田空港に到着したから、成田エキスプレスを乗りました。車両の中では、ニュースがずっと流れてい...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
新鮮なアボカドを外で食べたいというイギリス人学生の強い思いから生まれたのがアボカドを剥くためだけの道具「Avogo」。鋼製のコンパクトなこのツールは、アボ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...