僕がフレッドペリーを好きな理由――ベンのトピックス

僕がフレッドペリーを好きな理由――ベンのトピックス

フレッドペリーというブランドについて、多くの人が思い浮かべるのは、イギリスとテニスでしょう。

その通りです。

創設者のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの最も偉大なテニス(そして卓球も)の選手と言えます。彼は英国紳士のあるべき姿を体現しているような人物でした。そして、ペリーは当時のテニス界における男性のベスト・ドレッサーのひとりでもあったんです。

さて、ペリー自身は1995年に亡くなりましたが、ブランドは健在です。ただし、本国ではテニスとの関連は年々薄れ、フットボールとの関係を強めています。その背景にあるのは、イギリスの階級闘争であり、フレッドペリーというブランドのアティテュードです。

僕はこの話が大好きで、フレッドペリーのポロシャツが大好きです。

名品、M12に関する逸話

© Naomi Nemoto

フレッドペリーの数ある製品のなかでも人気なのが「M12」です。

ブランドオリジナルの襟に2本のラインが特徴。フレッドペリーのポロシャツといえばみんなが思い浮かべるのはこれでしょう。

このM12が発売されたのは1957年のこと。

当時、テニスと密接だったブランドですが、このM12がウィンブルドンで着用されることはありませんでした。理由は、ウェアは白一色という厳しいルールが存在するから。

では、なぜテニスブランドだったフレッドペリーが、襟にラインを入れたポロシャツを発売したのでしょう?

イギリスでよく聞くエピソードはこうです。

有名なスポーツ用品店であるリリーホワイツのスタッフが、フレッドペリーへ「ウェストハム・ユナイテッドFCの色を使ったポロシャツはきっと人気が出る」とアドバイスしました。その結果、かの有名なホワイト/アイス/マルーンの配色(これはウェストハム・ユナイテッドFCのカラーパレットです!)のポロシャツが生まれたというのです。

テニスは上流階級、フットボールは労働者階級

ここで知っておきたいのは、イギリスにおけるスポーツのイメージの話です。

テニスは上流階級のもの、そしてフットボールは労働者階級のもの。なかでも、ウェストハムはイーストロンドンの貧しい地域の労働者たちを中心に設立されたクラブです。ファンは労働者階級ということに誇りを持っています。

つまり、フレッドペリーはおそらく物議を呼ぶ決断をもって、ウェストハムと歩んでいくという選択をしたのです。

これは昔話ではありません。

今でもイギリスには階級闘争が存在するし(僕自身も感じたことがあります)、それは人種差別に発展することもあります。そんな社会のなかで、フレッドペリーはテニスという上流階級から生まれ、労働者階級のカルチャーと融合しようと多大な努力を払ってきたブランドなのです。

実際、現在もフレッドペリーというブランドはレトロなスポーツウェアというポジションにとどまることなく、英国ストリートファッションの一端を担っています。

展示会は“大衆食堂”で

2018年9月23日から10月6日。フレッドペリーはこれまでになかったような場所で展示会を行いました。

場所は、かつてウェストハム・ユナイテッドFCが使っていたサッカー場から数100メートルのところにあるケンズ・カフェ。このお店は、ウェストハムのファンが試合の道すがら安い紅茶やイギリス式の朝食をオーダーする“大衆食堂”です。店の中はハマーズ(チームの愛称)のパンフレットなどでいっぱいです。

フレッドペリーは、このケンズ・カフェをアイコニックなポロシャツの色を使って飾り立て、ブランドのポスターやマグカップを持ち込んで、ブランドをアピールしました。

僕はそれをとてもユニークで素敵だと思いましたね。

Top image: © Naomi Nemoto

ベンが書いた、ほかの記事はコチラ

世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
日本にはイギリスファッション好きな人が多いですね。韓国や台湾とは違ってイギリスブームは長く続いていて、いろいろな流行りが日本にやってきたと思います。
クルマのオーナー同士が愛車を一時的に交換できるアプリサービス「CAROSET(カローゼット)」が12月10日からスタートしている。クルマを「所有」すること...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
フロリダの「ディズニーリゾート」に『スター・ウォーズ』シリーズをテーマとした新型のホテルが2021年にオープンすることが発表された。「スター・ウォーズ:ギ...
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
日本でも80'sカルチャーが見直されていますが、それはヨーロッパでも同じ。エリオ・フィオルッチによって1967年に設立されたブランド「FIORUCCI(フ...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。ところが!
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
12月10日から、ミズーリ州カンザスシティの公共交通機関の利用が「すべて無料」になった。
英プロバイダー「giffgaff」のブラックフライデー戦略は「何も売らない」という超強気なアイデアでした。
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
イギリス人は昼食に何を食べるのでしょうか?