僕は得してきた人間だけど、外見への偏見はいらないと思う――ベンのトピックス

僕は得してきた人間だけど、外見への偏見はいらないと思う――ベンのトピックス

「あなたの顔は本のようです、 人はそこから異常を読みとります」

これはシェイクスピアの「マクベス」第1幕からの引用です(僕が日本語に翻訳しました)。

それが単なる表情ならまだいいかもしれない。だけど、人種や性別、あるいはその人の顔から受ける印象そのもので性格を決めつけてしまうのは問題だと思います。

これは外見への偏見についての話です。

じつは僕はその偏見で得をしてきた人間です

人格や行動よりも外見から判断する人は多いです。僕自身「周囲からどう見られているのかな?」と気になります。ネガティブに見えていたらどうしようと考えることがあります。

だけど、外見の偏見という観点でいえば、僕は社会的に得をしてきたと思います。とくにイギリスで暮らしていた時は、いろいろな利益をもらってきたはず。

なぜなら、僕はイギリス国籍で、白人で、男性で、ロンドンの私立学校出身で、若くて、健康です。少なくともイギリス社会においては、かなり成功する確率が高いと言えるでしょう。

だけど、僕はわかっています。僕の人種や性別は、僕の能力とはまったく関係ありません。

偏見の多い世界だから「Profile of Dogs」は、とても効果的だと思います

少し話が逸れました。

人種や性別を含む“外見への偏見”は重いトピックだけど、この記事ではポジティブでおもしろいことを書きたいと思います。

ここで紹介したいのは、TEDで働くプロダクトデザイナーのアロン・ウェイェンベルグさんが制作したGoogle Chromeの拡張機能(エクステンション)です。

名前は「Profile of Dogs」。SNSのLinkedInでの外見への偏見を減らすために作られました。

機能は簡単です。「Profile of Dogs」を使うとユーザーのプロフィール画像はすべて犬になります。これを使えば、人材採用の際、偏見や先入観をなくして本当に優秀な人を見分けることができるわけです。

ウェイェンベルグさんのアイデアは冗談みたいだけど、僕は真面目に将来このような拡張機能やアプリが普及するといいと考えています。

外見への偏見をなくすのに効果を発揮すると思います。しかも、ユーモアを持って。

シェイクスピアだって昔は認められなかった

もう一度、シェイクスピアの話に戻りますね。シェイクスピアが生まれた時代では、社会的に戯曲家や俳優などのクリエティブな職業は保守的なエリートに認められていませんでした。戯曲は軽々しいものだと思われていたんですね。だけど、約400年経った現在では、世界中の子どもたちがシェイクスピアを勉強する時代になりました。

平等な社会を作るのは、信じられないほど難しいことです。

とはいえ、僕は実力主義を信じているので、良い社会でも、良い会社でも、能力や創造性がある人、ユニークな想像力がある人を応援するのは大事なことだと思います。

Top image: © Naomi Nemoto

ベンが書いた、ほかの記事はコチラ

世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
今回のベンはちょっとパンクです。ヤバい(ぐらいおもしろい)ミュージックビデオを紹介します。キム・ゴードンの『Air BnB』です。
「竹内まりや」がヨーロッパでも人気になっている理由をYouTubeのアルゴリズムをあげました。今日は、そんなYouTubeで成功している「キング・オブ・ア...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
ニューヨークのブロンクスに新しい博物館がオープンします。読者のみなさんは「どうしてベンは、東京から1万kmも離れた場所にできる建物を紹介するのか?」と思う...
僕はいまでもApple iPod Classicをつかう古い人間なのかもしれません。ただ、リスニングコンテンツを楽しむのは、イギリス人でもけっこう早くから...
僕は新しい環境に慣れるのは上手なほうだと思いますが、それでも大学に入学した頃はつらかったし、TABI LABOで働き出した時もつらかった。もっと若い時には...
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
日本でも80'sカルチャーが見直されていますが、それはヨーロッパでも同じ。エリオ・フィオルッチによって1967年に設立されたブランド「FIORUCCI(フ...
今回は、僕の故郷であるイギリスにおける比較的新しい風習を紹介したいと思います。例えば11月(November)には、口ヒゲを生やして募金活動を行い、男性の...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
日本にはイギリスファッション好きな人が多いですね。韓国や台湾とは違ってイギリスブームは長く続いていて、いろいろな流行りが日本にやってきたと思います。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!