僕がアーセナルファンの理由――ベンのトピックス

みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!

最近、サッカーの(2002年の)イングランド代表についての記事を書きました。そのなかでも触れたんですが、ベンはアーセナルのファンです。

「どうして?」

とよく日本人の友達から聞かれます。理由は大きく分けて3つあるから紹介したいと思います。

最初の2つはわかると思いますが、3つめはなかなか日本ではあまりない理由です。

理由①:ローカル

僕が生まれたのは、現在のアーセナルのスタジアムから5分ほどの病院です。幼い頃は北ロンドンで育ちました。そこでは、ロンドンにいくつかあるサッカーチームの中でアーセナルが最もローカルなチームでした。

当たり前ですが、同じリーグで2つのチームを応援することはありません。例えば、北ロンドンには、アーセナルとトテナムがありますが、どちらもプレミアリーグなので、ファンは基本的にはかぶりません。

だけど、別のリーグで2つ以上のチームを応援することはあります。僕もアーセナル以外に、ナショナル・リーグ・サウス(6部リーグぐらい)にも超ローカルな贔屓チームがあって、たまに応援します。

それぐらいローカルなコミュニティが強いんですね。

理由②:家族

僕のお父さん(おじいさんも!)は、AFCボーンマスの大ファンです。

僕はロンドン生まれのアーセナルファンですが、お父さんのふるさとであるボーンマスにも馴染みがあるので、ボーンマスも応援していました。というのも、ボーンマスは歴史的にプレミアリーグのチームじゃなかったんです。だから、上で書いたようにアーセナルと一緒に応援することは変じゃなかったんです。

だけど、ここ数年はボーンマスはプレミアリーグにいます。どっちを選ぶか大変になりました……ただ、週末に2つチームの試合が応援できるのは楽しいことですよ。

理由③……

イギリスのサッカーチームには、人種、国籍、宗教が関係しています。

例えば、チェルシーやウェストハムは残念ながら人種差別的なチャントなどが多いイメージです。一方、アーセナルやリバプールは比較的黒人やムスリムのファンも多い。両方とも多文化圏があるホームタウンとしている関係もあります。トテナムは、伝統的にイギリスのユダヤ人コミュニティと親和性がありますね。元オーナーは有名なユダヤ系ビジネスマンでしたし。

マンチェスターやグラスゴーでは、カトリック教会とプロテスタント教会の格差に根付いたダービーマッチもあります(セルティック対レンジャーズ、ユナイテッド対シティ)。あと、最近ではソン・フンミンが所属しているので、トテナムは韓国人のファンがかなり増えました。

そういう個性からも、ベンはアーセナルのファンなのです。

グローリーハンターより、チームの個性を好きになるのも、おもしろいですよ

まあ、応援する理由は結構あるんですね。

もうひとつ紹介しておくと、イギリスには“グローリーハンター”というファンもいます。彼らは、マンチェスターに行ったこともないし、マンチェスターに家族もいないけれど、ただただチームが強いからユナイテッドやシティを応援するという人たち。チェルシーやユナイテッドにはたくさんいますね。

そして、イギリス国内だけでなく、日本にもグローリーハンターはたくさんいると思います。サッカーやチーム、選手に興味を持つ時に、強いっていうのはやはり大きいと思うんだけど、僕のオススメはグローリーハンターよりも、チームの歴史や個性を知って、好きになることです。

そのチームが弱くても、小さくても、文化がわかるとサッカーがおもしろくなりますよ。

Top image: © Julian Finney/Getty Images
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!

関連する記事

みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
サッカーファンだけでなくビジネスパーソンにも関係がある!?イングランドのゴールデン・ジェネレーションが失敗した理由です。
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。ところが!
実はイギリスから帰ったばかりなんです(まだまだ時差ボケです)。成田空港に到着したから、成田エキスプレスを乗りました。車両の中では、ニュースがずっと流れてい...
AIライティングレコーダー「VOITER」は、最大集音距離10mの2つのマイクと、360度から集音できる6つのマイクを搭載し正確な録音を実現。またネットワ...
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
イギリス人は昼食に何を食べるのでしょうか?
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!僕は一度だけミス・コンテストを見たことがありますが、コンテンストについて正直よくわかりません。女性を外見だけで...
アメリカでオルタナティブなビタミンDを摂取する方法を紹介します。「Butthole Sunning」です!
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
今回紹介するのはサッカーのワールドカップです。だけど、プレーするのはホームレスの人だけです。
僕が生まれた国のイメージを日本人に聞いてみると「英国紳士」「エリザベス女王」といった回答のほかに、しばしば「ご飯がまずい」と返ってきます。正直、これには毎...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
今回は、僕の故郷であるイギリスにおける比較的新しい風習を紹介したいと思います。例えば11月(November)には、口ヒゲを生やして募金活動を行い、男性の...
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
僕はテクノロジーには疎いタイプです。2005年ぐらいまでVHSを使ってたし、DVDは2015年ぐらいまで。Blu-Rayは完全にスルーしました(笑)。そし...
アメリカのエアロバイクブランド「Peloton」のCMが炎上した理由を紹介します。